金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
"気に障る"それは心の抵抗 
他人のふる舞いや言葉が、気に障ることがありませんか?

その時ばかりか、思い出しては、無性に腹が立ったり
落ち込んだり、くよくよ気にしてしまったり。

相手のありようや状況を直接変えることは困難ですから
うまくかわすコツが必要だったり、気に病まないようにすることが
大切だといえるように思います。

そのために、気に障るという心のカラクリにも
目を向けてみませんか?

ナニカに、過敏に、そしてネガティヴに反応してしまう時
後ろめたさと責められている感を、自分の心が増幅して
受けとっている可能性があります。

イヤだと感じる相手の感覚や価値感に、自分自身も
縛られているからこそ、それによる自責感や劣等感が
強い不快な気分となって感じられるのです。

相手を納得させることよりも、ありのままの自分を受け入れ
今の状態の自分を丸々肯定できるようになると
自らの反応、そして言葉を交わす相手の反応の中にも
変わってくるものがあるかと思います。

相手に対抗するためではなく、自分のスタンスの
積極(肯定)的な部分を、しっかり見出すことができた時

ありのままの自分と相手を、そのまま肯定している時
自分のみならず、相手も許容することができるのです。

その時、気に障るという心の抵抗が
ごくごく弱まっていることに気づくはず。

心が抵抗を覚える時、それは自分の心を客観的に知る
チャンスなのかも知れません。


It may looks as if the situation is creating the suffering,
but ultimately this is not so― your resistance is.
(前回ご紹介した"The Power of Now"より)
[PR]

by dryangle | 2008-08-26 15:11 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 脳が飛行機だとしたら、心は&q... ”今この瞬間”のチカラ >>

Illustration by ふわふわ。り