金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
自意識を意識できますか?
いろいろなトラブルや悩みなどに接して
この頃つくづく考えさせられていることがあります。

それは、その多くが
自意識の問題なんじゃないか?
ということ。

自意識過剰というコトバを
ぜひ一度、ちまたで使われるような
高慢や勘違いといった語感の
色メガネを外して考えてみませんか?

アイデンティティのみならず
ラベルや飾りを求めるのが
自意識です。

プライドばかりではなく
劣等感も自意識です。

別の人物や、集団のアイデンティティに同化し
それを装い、行動するのも自意識

また他人を意識するというのも
自意識の働きです。

恥の感覚も、見栄や体裁、メンツ、
誇りや自慢、優越感。
…そして罪悪感も。

対抗心は、自意識の強さのコントラストの
現われです。

他人の言動や世間をとても気にしたり
さらには怯えてしまうといったことも

やはり自意識の強さに比例するのではないでしょうか?

自意識は、もともと
自己の存在(のあり方)やポジションを守るために
発達したもののように思います。

結果当然、自意識は否定されることが大嫌い
否定は傷となり、感情の痛みや怒りを生みます。

自意識は、肥大するとその目的が
自意識そのものを守ることにすり替わります。

皮肉にも、それが人間関係のトラブルや悩みの根になり
自意識の傷が、他人ばかりか本来の自己を攻撃し
追い詰めてしまうような行動をとらせることも
しばしば起こります。

ネガティヴな想いや許せなさに
とりつかれて、やるせなく苦しいのは
自意識の戦闘態勢

自意識過剰の落とし穴にハマってしまっていないか
自分の心を点検してみませんか?
[PR]

by dryangle | 2008-11-01 17:39 | ココロのカラクリ | Comments(2)
Commented by ハル@jp at 2008-11-11 08:42 x
dryangleさんがお感じになったことと、共通しているのかいないのかわかりませんが、私は過去の自分の悩みやトラブルの一番の原因は、「世の中にはいろいろな人がいる。感じ方も価値観も人それぞれ。」という事を、本当の意味で理解していなかった事だと考えています。
人生経験が少なかったと言ってしまえば、それまでですが。
出来れば、その事にもっと早く気付きたかったと思います。

例えば、低学年の子供の同級生の言動を見ていると、『本当は好きなのに意地悪してしまうんだな』とか『嬉しいのに素直になれないんだな』とか、大人の私はわかります。でも、子供にはそれは読めないんですね。「僕の事が嫌い」「ありがとうと言わない」となってしまう。そういうことがいつ頃わかっていくのか・・・。大人になっても、自分の感覚・表現方法と同じ人ばかりではありません。すれ違い、勘違い、独りよがり、理解不可能・・・それが、自分のトラブルの原因だったと思います。

極端な話、「不幸でいたい人もいる」と理解できていたら、悩みは少なかったと思います。
Commented by dryangle at 2008-11-12 12:02
ハルさん、おっしゃることよく解るような気がします。

ワタシが同じようなことに気づき始めたのは、日本を離れてカルチャー・ギャップの渦に揉まれるようになってからでした。多分日本(のような古い国)は、感じ方の理想や価値観の座標軸の共有を前提としてきた社会なのかも知れませんね。互いに相手と迎合しないことに抵抗を感じるような…
今でこそ認識できた「自意識」の強かったワタシは、防御に攻撃に四苦八苦し、独りよがりに満足したり、傷ついたりしていたように思います。

>極端な話、「不幸でいたい人もいる」
たしかに現実が心象に影響するだけでなく、心象もまた現実に大きく影響するように思います。当人に対しては言葉を慎重に選ばなくてはなりませんが、自らの「不幸な心象」を現実に映し出しながら、その現実を憎む想いがさらに自分の心象を不幸なモノにしていく、というスパイラルにハマってしまっているということがあるように思います。
<< 痛みの記憶 心の飛行高度。 >>

Illustration by ふわふわ。り