金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
愛を乞う親
ある事件をキッカケに代理ミュンヒハウゼン症候群
という言葉が注目されているようです。

ミュンヒハウゼン症候群は虚偽性障害の一つで、病気を装って
関心や同情をひくというものですが、代理(by Proxy)がつくと
患う者の役割を家族や子どもに負わせる、つまり故意に
病気やケガをさせるという虐待にいたることがあります。

これについての説明や話題は他に譲りますが^^;

心が飢えたまま、満たされないまま家庭を持ち
親となる不幸をあらためて考えさせられました。

冒頭のような極端な事象にならないまでも
ある種の生きがいを満たす役割や手段を
自分の子どもに負わせてしまうことが、俗にいう
子離れできない(干渉する)親だといえます。

また、その役割を背負ったまま自己を分化できずに
つまり自分(自らを分ける)のない人を俗に
親離れできない子・マザコン・ファザコン
といっているのではないでしょうか?

このような親は、子どもの精神的自立の気配を感じると

執拗に責めたてたり(非難)
必要のない世話を焼いたり(押しつけ)
恩着せがましくなったり(脅迫)
同情や理解を求めたり(気持ちを要求する)
急に弱々しくなって頼ってきたり・媚びへつらったり(依存)


それを妨げることに躍起になります。

これが過ぎると。

子どもの側は、過剰に抵抗するようになったり
自覚のないまま生きづらさを感じたり
虚無感や憂鬱を抱え、心を病んでしまうことも。

非行や暴力、摂食障害、ひきこもり、依存症

親どころか、大人になることさえ拒むしかないまでに
弱った人がいます。

役割を背負ったまま、社会人となり結婚して
反抗や要求の対象を、配偶者や我が子に
移行させてしまう
人もいます。

愛を乞う親は、次の世代のより愛を乞う親
産み育てているように思えて切なくなってしまいました。

子離れは子育ての仕上げ

これをしっかり意識した今後にしようと
自戒を込めて、今年最後の書き込みにします。
[PR]

by dryangle | 2008-12-26 09:59 | 親子の関係 | Comments(2)
Commented by ハル@jp at 2008-12-27 16:03 x
2009年が、dryangleさんにとってより良い年になりますように・・・。今年もいろいろなお話をして下さってありがとうございました。

普通には見えない心の動きと、明らかな事象の関連性を考えるのは、とてもおもしろいです。

私は今年、対人関係において、何度か失敗をしました。
歳はとっても、まだまだ未熟です。(未学習のケースに応用が効かない。)

親子関係においては、夫の長期出張中、「一人での子育ての難しさ」を実感しました。私はもしかすると、案外、子供の親離れを待ち望んでいる方かもしれません。

それでは、来年もよろしくお願い致します。
Commented by dryangle at 2009-01-05 19:13
ハルさん 明けましておめでとうございます。
今年もいろいろと語り合えたら嬉しいです。

じつはワタシも、仕事の関係で長く夫と
国境を越えて別居をしていたことがあります。
その間、ホリデイなどを親子で一緒に過ごす
シングルマザーの友人が増えましたっけ。

人生にも、子育てにも、相談はもとより
物理的に時間をともに過ごし、支え合う相手が
必要だと実感した時期でした。

お一人で家庭を守られて心労が尽きないと思います。
モヤモヤが溜まってきたら、ぜひこちらでお気持ちを
吐き出していってくださいね。

今年もよろしくお願いいたします。

<< 誰だって自己チュー? 『喜び』を受け入れられますか? >>

Illustration by ふわふわ。り