金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
”子離れ”の通過点
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


どこかで目にした話なのですが、たとえばライオンのように
動物は親が主体となって子どもの巣立ちを厳しくうながす
(つまり追い払う)のですが、

人間の場合には先に子どもの側が、親から分離したがる
時期が来るようになっているのだそうです。

これらの心理的な成長過程や、それに伴う反応や行動を
経験的に反抗期と呼ぶようになったのかも知れませんね。

第二反抗期のあたりの思春期は、親のそれとは違う
自分個人のアイデンティティの基盤を築く(親と分離する)
重要な時期でもあり、親の接着力が強大であるほど
無理に引き剥がそうと反抗のエネルギーが増す
ように
思います。

また親子のアイデンティティが癒着したまま、この過程を
通過できないことを問題視する声が多くあるようです。

…と一般論はさておいて。

我が家も子どもが思春期にさしかかり、衝突が増えてきました。
ワタシから見て目に余ることも増え、心穏やかにいられない
時間も増えています。

本人いわく、
前は素直に聞けたことでも、今はなぜかアタマにくる。
なんだかわからないけど無性に焦ったり、イライラする。

だそうで(生理前のワタシみたい…)。
成長ホルモンが正常に分泌していることにしましょうか(〃´o`)=3

ところで、最近面白いことに気づきました。

先ほどのワタシから見て目に余ること、気に障ること。
これを社会ルールだ常識だのと正当化しないでみると
自分自身が、いつかどこかの時点から
自分を抑えたり、自分に強いたりしてきたことなのですね。
キッカケは子どもの"who cares?"の決まり文句に、
「このワタシが気にするのよっ!」と返し、…うん?え?ワタシなの?と。


そう思って、観察を続けてみると…親の側が頑張っているものほど
(肯定的にそうしているものでも)、見事に反対に行動して
(もしくはせずに)くれているようなのです^^;
というより、そこが気になるのが本質なのでしょう。

もしかしたら、親側の抵抗感によるコントロールを緩めて
本人の意志や決定にまかせろという合図なのかも知れない。

そうして、ワタシが意識すべきは自分の側の抵抗感だと気づいた
あたりから、衝突しても折り合いのつく結果が生まれてくる
ようになったような気がします。
衝突そのものも軽く、減ってきたような(希望的観測)?

子離れの過程で、親の抵抗と子どもの反抗は比例する
…かも(子どもが征服されていない場合に限る)。

「許せなくてつい厳しく言ってしまったとしても
ワタシはアナタが大切で、絶対に愛しているからね。」

「感情的になってどんなに酷いコトを言ってしまったとしても
自分もママを愛していることを忘れないで。」


いつか交わした仲直りの気持ちをベースに
今日もにぎやかに親子ゲンカしています(^▽^; )。

長くなりました。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-03-13 12:57 | 子育て・教育 | Comments(2)
Commented by きさらぎ at 2009-03-17 16:54 x
dryangleさん、こんにちは。某子育てサイトでいつもためになるコメントをどうもありがとうございます。時々ここにお邪魔していたのですが、やっとコメントを書こうという勇気が出ました。(笑)

私の娘も今思春期真っ只中で、始めの時期は「私のしつけが間違っていたのか。」と真剣に悩みましたが、いろんな本を読んで
これでいいんだ、と思えるようになりました。

思春期をしっかりやっていない子供は、大人になった時点でゆがんだ親離れをするとよく聞きます。なので私の娘がすごく反抗してくると、「いいぞ、もっと反抗して親離れして、しっかり自分の人生を歩んでいくんだよ。」って心の中でつぶやいている自分がいます。
Commented by dryangle at 2009-03-18 09:25
きさらぎさん、ようこそ^^。コメントをいただけて嬉しいです。

ワタシも子育てに関しては、いろいろ情報を得たり、学んだりしてはいるものの、現実に向かうとそのような知識はものの見事にブッ飛んでしまい、イチイチ悩んだり、自分を責めることに執心してしまったり^^;
子どもの側も、親の「理不尽・不完全さ」を自分なりに受け入れようとしてくれている段階のようにも感じます。思春期は、「心理的な親殺し」の時期とも表現されていますが、これがそういうプロセスなのかとひしひし実感しています。
むしろワタシ自身が、これからうまく「子離れ・子別れ」していくことが大きな課題です。

ぜひまた、お話を聞かせてくださいね^^

<< 期待 ≒ 翻弄 その努力は「報われない」!? >>

Illustration by ふわふわ。り