金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
「痛みの記憶」を開放する
精神分析に「(感情)転移‐Transference‐」という言葉があります。

過去自分にとって重要だった人物(多くは両親)に対して持った
感情を他の人(もともとは治療者)に対して向けるようになるという
現象(―ウィキペディアより)だそうです。

勝手な解釈を加えれば、過去の出来事への感情的な反応
(心の痛み)が、その時に未消化のまま封じ込まれ
現在の出来事に触発されてわき起こることだと
いえるのではないでしょうか?

現在起こる問題が、過去の誰か・何かの出来事から
時空を超え移動して再現されている。

今ある夫婦や親子関係、人間関係のトラブルすべてが
前の世代から(悪化し?)継承される代理戦争だと
考える専門家もいます。

この怒りや憎しみの感情を、消すという言葉は当たりませんが
きちんと認識し、開放(他者にぶつけるという意味ではなく)することで
その感情の自動再生を和らげたり、防いでいくことは可能です。

痛みのあまりぶ厚いカサブタで覆ってきた心の傷の膿が
自分が望んでも得られなかった、許されなかった状況やありさま
を得た他の人の姿に刺激されてズキズキ痛み出す

そのような刺激から逃げ回ることが、一つのテですが
その心の内と向き合わない限り、うっかり刺激に
出会うたび、痛みは果てしなく繰り返されます。

キュウクツで生きづらいのは、そのせい。

この膿のありかを知り、そのカサブタに切り込む。
そして膿みを出しきる
当事者にとっては、とても勇気のいるチャレンジです。

誰かを非難し、正すことでは、けっして癒されません。

その怒りや憎しみ、心の痛みを初めて感じたエピソードを思い出し
それが自分のせいではないことや、さらには当時の親の限界を認めて
自分が安心で幸せな子供時代を持てなかったこと
その叶わぬ望みを断念できるまで根気よく続けていく作業。

その心の膿は気持ちの表層に出てきたくて
たまらなかったのではないでしょうか?
今表れる怒りや憎しみの感情は、その膿を出しきり
きちんと傷を癒すことが必要だというタイミング
知らせているように思えてなりません。

後の人生を「転移」ではない、今現在の自分を生きるために。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-06-16 09:56 | 親子の関係 | Comments(2)
Commented by CH JDP at 2009-07-26 02:02 x
はじめまして。某掲示板でたびたびコメントを拝見してました。
ブログとても参考になりました。
痛みを感じること。私も最近ようやくわかってきたところです。
また読ませて頂きますね。ブログ楽しみしてます。
Commented by dryangle at 2009-07-27 08:10
JDPさん、ようこそおいでくださいました。
わざわざメッセージをありがとうございます!

折々に感じたこと、気づいたことなど
これからもぜひシェアさせてくださいね^^。

<< 日本一醜い親への手紙 「すみません」と「ありがとう」 >>

Illustration by ふわふわ。り