金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
カテゴリ:ココロの不調( 20 )

「自分殺し」をやめる。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●



不本意なことに従うとき
力や多数の圧力に迎合するとき
理不尽なことに屈服するとき
相手に譲ってあきらめるとき

「自分を殺して」という慣用句があります。

それが自分の真の納得や喜びにつながらない場合
そのように「したこと/できなかったこと」よりも
自分の本心を表明しなかったこと、またそれ以前に
自分の本心や意志を自分が認めようとしないこと
自分の心を殺すのです。

シリアスではないごく単純に「どちらが良いか?」
という選択の場面で、あっさり自分を殺すことも
あります。

自分が良いと認識していることが、自分を見せたい
相手の好みや、評価、価値観によるもの
だったり
することがままあるのです。

誰々が
好きそう(嫌いそう)
褒められそう(批判されそう)
羨ましがりそう(馬鹿にしそう)
喜ばれそう(悲しませそう)
誰々と一緒(違う)

○○だと見られそう、オーソドックス、無難そう…

そんな動機が、もし一番の基準であるとしたなら
それはやっぱり、遠回しに自分を殺しています

物だけではなく、考え方や感じ方、行動まで
そのような他者基準が当たり前になってしまい
自分が自分の心をネグレクトし続けている

心の不調に及びます。

もともとは誰かに、自分の気持ちの存在を無視され
否定され(続け)たのかも知れません。
とはいえ、いずれ自分自身が、自分の気持ちを無視し
押し殺すことが
心の致命傷になっていくのです。

心身ともに追い詰めていくことにもなりまねません。

その前に、自分の心の中の他人目線に気づくこと。
その基準よりも、自分の好き/嫌いやしたい/したくない
をしっかり感じること。

「私だって(…したいのに、欲しいのに、我慢してるのに
ガンバっているのに)」「フツウ、ミンナそうしているのに」
というような、心のつぶやきを
"イラッ、ムカッ、モヤっ"というネガティヴな反応を
見逃さないで、丁寧に取り扱ってみてください。
その内圧は押し殺している本心の裏返しなのです。

自分の率直な本音を、まずは選択肢に加えることから
できるように、自分の本心に向き合って、対話をする
勇気を持ってみませんか?

自分の気持ちのあり方や、現実における他者との交渉
やコミュニケーションにも変化が起きるはずです。

心身ともに活きていく^^


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-03-25 16:20 | ココロの不調 | Comments(0)
世話焼き依存と真綿の支配
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


心の不調や人間関係のトラブルを巡る問題の周辺には
必ずと言っていいほど存在するあるタイプの人がいます。

最近では、おもに(母)親にこのタイプが多いことが理由で
不安症状やさまざまな依存症状、また精神的に自立できない
成人の娘や息子の話題が一般にも聞こえるようになりました。

それは、自分を後回しにして家族や他者のために尽くす
これまでは良き妻、良き母とされてきたロールタイプ

子どもが巣立ち、家族それぞれの役割が変化を遂げた後に
ボランティアやペットの世話など、誰かの役に立つ仕事
得られないと空の巣症候群に陥る世話焼き依存の人です。

言い換えると
誰かに必要とされることに(自分の存在価値を)依存
するようになってしまった人。

この人たちのデフォルトは、今はよく知られるようになった
自己無価値感。つまり相手に奉仕しないと自分は愛されない
認められないという苦しみ、不安感です。

その不安が高じることで、ついには相手の求めていないこと
まで
気を回したり、自己犠牲という媚薬に酔いしれるように
なったりするのです。

人間関係嗜好への依存症の人だといえます。

もともとアルコール依存症関連の言葉が共依存の関係構造の
説明に使われるようになったもので、その世話焼きが相手の
問題や依存を助長したり、その状態を支えてしまう
人のことを
イネーブラーと呼びます。

子育ての場合には、過干渉となることで子どもの意欲の発達や
主体性の獲得などを阻む
ことになりかねません。

なによりありのままの弱くて、未熟で、期待に応えられない
自分ではいけないという自己無価値観がリプリントされます。

他人軸
(による劣等感や罪悪感、及び被害妄想)に左右され
素直な自分を生きられない、操り人形のような自分に苦しむ
ようになることも(実体験)。

他者の期待の中に自分の存在価値を探さなければならない
次の世話焼き依存症予備軍なのです。

『世話好きな人は、単に優しい人なのではない。相手を自分に
依存させ、自分が重要な人物であることを実感したいのだ。』
by アルフレッド・アドラー


これまで、とくに女性に求められてきた役割やあり方の中に
この構造が見え隠れするように感じられてなりません。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-03-05 19:39 | ココロの不調 | Comments(0)
心の応急処置ーバタフライメソッド
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


熊本の大地震のニュースにふれ、現地の皆さんの心身の
苦痛を思うとやるせない気持ちになります。

スマトラ島沖や東日本大震災の時にも、目にしたのですが
恐怖や不安感をやわらげ、PTSDの予防に役立つとされる

バタフライメソッド(バタフライハグ)をご存知ですか?

病理学でPTSD*に対してエビデンスのある心理療法とされる
EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)の派生形であり
Lucina Artigas, M.A., M.T., とIgnacio Jarero, Ed.D., Ph.D., M.T.
(最下部の参考サイトより)によって開発されたとされます。

その容易さがイメージできるように、以下にざっくりと方法を
書きますが、詳しくはネットなどで検索してくださいね。

・背を伸ばしお腹の中に風船をイメージしてゆっくり深呼吸をする。
・空に浮かぶ雲を見るように、心の中の想いや感情を観察する。
・両手を交差させて中指が鎖骨の下に当たるように胸に当てる。
(両手の作る角度がなるべく垂直になるように。親指を組んでも。)
・手のひらで左・右・左・右と交互に胸をタップ(軽くたたく)する。
・そのままゆっくりわき起こる思考や感情、イメージや音、においを
・雲が流れ去るのを見るように観察する(ただ感じる)。

子どもを寝かしつける時に、お母さんがゆっくりしたリズムで
体をトントンとやさしく叩いてあげるのを思えば、少なくとも
リラックス効果は期待できるように想像します。
お子さんが怖がったり不安がったりしている時に、自分でやれる
ように平易な言葉で教えてあげておくといいかも知れません。

今ここの恐れや不安、心の苦痛を落ち着かせるために
おまじない替わり以上のメソッドといえるのではないでしょうか。

あるサイトでは有資格者の指導のない使用の副作用の可能性を
指摘していますが、現況で深刻なPTSDと診断されていない人が
個人的に行う分には期待できる効果の方が上回るように考えます。
一応、個々人の判断と責任においてお願いいたします

たくさんの方々の苦痛が一刻も早く癒されますように…

*:PTSDー心的外傷後ストレス障害
参考(英文):Managing Anxiety Through The Butterfly Method

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2016-04-19 18:40 | ココロの不調 | Comments(0)
絶望の果ての岐路
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


状況は自分への問いかけ

最近、ふと「それが理由で?」と感じられることで
死を選んでしまう(追いつめられる)人の心について
想いを巡らすことがあります。

語弊がありそうですが、個人的には自死や自傷は
自分に対する暴力ではないかと考えるのです。

ではその暴力行為に至る構造はなんなのでしょうか?

突発的な怒りの発散、絶望、訴えや脅迫、苦への終止符

様々な原因へと意味づけをすることができるでしょうが
理不尽なことと向き合いきれない心の顛末といえます。

理不尽な状況への絶望というと、すぐに思い浮かべるのが
V.フランクルの「夜と霧」という本。

ユダヤ人の精神科医であった彼が、強制収容所というまさしく
先の見えない不安の中で「人は何に絶望し、何に希望を得たか」
を克明に記したものです。

彼は、のちに提唱するロゴセラピーの基本理念ともいえる
人間のあり方や存在の意味とその意味の実践
生きる希望をつなぐのだと考えました。

それが生きがい(創造する喜びや、真理や美・愛を体験する
喜び)を見いだす力になるのだと。

その上でなによりも生きる意味は自ら発見するものであり
苦しみはそこへの案内役だという言葉が今になってようやく
実感できるように思います。

なぜなら絶望の果てに暴力によって決着を図る多くの場合

それが生きる意味を「自ら発見する」ことを阻害され
他者(親や世間、依存相手)の生きる意味に生きている

からだと思い当たったからです。

絶望の果てにそれが、他者の意味によるものに過ぎないのだと
腑に落ちた時、理不尽な出来事を現実として向き合うことができ
目の前の状況に生きる意味を「自ら発見する」
それによって活路を得る人々はたしかにいるのです
「脱自動化」の自覚の概念とも通づるかも知れません)。

過酷な状況にある人の悲願である自己実現が約束される
世界というのは、制度や物理的環境に限られたものではなく
意味や価値への精神的な能動・自由性こそがその本質
なのだといえるのではないでしょうか。

絶望の、生きてその先へー

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2016-03-09 13:02 | ココロの不調 | Comments(0)
ぶりかえす感情の発作
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


虐待や犯罪、事故などの当事者が事後によく言うのが

カッとなって、憑りつかれたように、我を忘れて、腹が立って思わず
これだけは許せず、たまらずについ…

怒りばかりでなく、過剰な恐怖。思考やイメージまでもが誘発する
不安や憤り、焦り、心配。

一時(いっとき)自分が乗っ取られてしまったかのような
感覚を経験されたことのある方も多いのではないでしょうか?

些細な出来事どころか、なにげなく頭の中に浮かんだことすらが
トリガー(発端)となってわき起こる感情、それにエネルギーを
供給するかのような思考やイメージ、そして体調。
負のパターンの繰り返し。ニワトリが先か、卵が先か。

これまでこのブログでは、それによって起こりさらに次の根となる
トラブルや心の不調を防ぐために、そのカラクリに気づこう
その真実に少しでも近づこうとヒントを探してきました。

認知心理学ではスキーマと呼ばれる、自身の経験から構築された
自分オリジナルの生きるためのルールに、なにかが障って起こる
いわば警鐘といえる反応です。
弱い自己像、自分の弱さを守るための。

これまで一番厳しかった、嫌だった、苦しかった
相手や状況を、
今この現実に目の前の相手や状況に
重ねてしまう
心の働き。

だからこそ個々の温度差は大きく、他人から見ると「なぜそこまで?」
というほど、なにかに憤り、怒り、怯え、固執し、苦しみます。

深層心理のトラウマやインナーペアレンツ&チャイルドといった概念
脳機能、またホリスティックの生理的な習性

負のカラクリの材料となるような心理的な経験を考えてまいりましたが
最近はそれ以前に共通する土壌があるように思えてなりません。

以前どこかで「被虐待者の話し方には、相手の主観を無視するという
特徴がある」という話題を目にしたのですが、私も幼い時に親に対して
漠然と似たような思いを抱いていました。

この人は自分の気持ちにしか関心がない。
他人にも気持ちがあるとわからないんだろうな。


その土壌とは、誰かと安心して気持ちを交わしたこと、共有したことがない。
ひらたく言えば、人と心が通うという経験がないということです。

心を開くと痛い目に遭う、そんな洗脳体験ともいえる中で得た習性が
心を閉じることである(体裁を作り守る)人。
それによってなんとかうまく自分を保っている人もいます。
私もそうでした。

閉めっぱなしにすることによって澱んで充満したガスは行き場を失い
噴き出す。
まだ噴き出していません?^^; …病んでいませんか?

内容が繰り返しばかりで恐縮ですが、そのカラクリを強化しないために

その想いへの執着・カラクリを理解すること
(具体的には、負の感情の記憶の洗い出しや内観など)。
それが自分の感情の発作なのだと知り、その気配に気づくこと。

個人的には、中和剤というか普段小さなものから自分ルールを破ってみたり
こまめに自分なりの幸福感をイメージする(ドラマや音楽も使えます^^)、
具体的には「イケナイ、こうすべき、申し訳ない、心配で」と、普段自分に強制したり
逆に遠慮してしまうことを敢えて許してみる。さらには自分の「弱さ、ダサさ、性悪さ」を
思いきってさらけ出してみる。イイコ、イイヒトにならない方を選ぶ。


最も勇気のいることですが、互いに本音(自分の弱さ)を見せることのできる
相手を探し得ることが、心地よい風を運び入れてくれるのだと思います。

防御壁のない軽やかな自分を生きているうちに味わいたい。

多様な視点ともに、そして時には固着した視点からのシフトチェンジを
これからも試みていきたいと思います。


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2016-01-19 12:50 | ココロの不調 | Comments(0)
新・神経過敏は心のアレルギー反応
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


わき起こる感情をコントロールすることはやはり難しいものですが
自分でも不合理だと思えるほどに、不安や怒りなどの負の感情が
衝動的かつ爆発的にわき上がるのは、本人ばかりか周囲にとっても
苦痛になります。

不安障害の一つの症状であるパニック発作が知られてきましたが
個人的には爆発的な怒りも発作的で強迫的なこの種の「パニック」的
な感情
として似ているのではないか?と考えています。

脳科学では、海馬と扁桃体が連携して機能することによって記憶
(エピソード)に条件づけられた情動が起こるといわれています。
問題はこの「条件づけ」だけではなく、様々な理由によって扁桃体が
過敏
になっているということにもあるそうです。

その理由としては

・養育期に不安や恐れ、怒りなどの負の感情を受け容れてもらえず
安心させられたり理解して納得するなどの負の感情への「対処」の
経験が圧倒的に不足し、際限なく負の感情に晒されている。
・同様のエピソードに対する養育者の反応を学習してしまった。
・事件や事故などによる深刻なPTSDがある。
・慢性的なストレス状態
・体調やホルモンバランスの変化
‥‥(厳密にはそれらを因とするストレスホルモンの影響)

扁桃体の興奮を抑えるためには、一般に前頭前野の働きがキー
になるとされています。
自己の分析はこの点において効果があるように思います。

個人的なこのような感情と向き合うコツですが、まずこの負の感情が
目の前の出来事のせいではなく、じつは条件反応的な発作なのだと
理解と認識をしてみること。
またどのようなことに対して発作的な感情がわくのか、その感情を抱く
大元のエピソードはなんだったのか?を考えてみること。

「この感情は、どこから来たのだろう?」

その時々自分に問いかけることも、クールダウンの効果があります。

オキシトシンという脳内ホルモンが扁桃体に取り込まれることにより
過緊張が低減され精神の安定につながるという研究報告があります。
オキシトシンの分泌を促すにはソーシャルグルーミングなど、平たく
言えばスキンシップや心のふれ合いといえる交流の機会を日常生活
の中に増やしていくことが重要かと思います。

またちょっとしたブームでもある瞑想の習慣にも、扁桃体の過剰な
興奮を抑える効果もあるのではないか?と感じています。

条件づけや感情に乗っ取られずに真の自分を生きたいものですよね。

以前の「神経過敏は心のアレルギー反応」の記事はこちら


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2015-05-25 16:31 | ココロの不調 | Comments(0)
真逆の真実
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


「してもらったことに感謝している」

その昔、親を思いやるつもりでそう口に出してみた時に
自分を裏切ったような激しい嘘臭さと違和感を感じました。

「してもらうこと」が、申し訳なさや罪悪感といった重荷
でしかない
のであれば、感謝という言葉が嬉しさや喜びを
伴わない空々しいものであるのは、今思えば無理もありません。

そんな自分に悩み、苦しみ、考え、自らが親となって、さらに
また自分の反応に苦しみ、ようやく理解したことがあります。

大元は、親の側が「与える(してあげる)ことの喜び」を知らず
そうすることが、真逆である義務感や不安、など怒りや恐れを
触発する苦痛に感じられてしまうことが原因だったのです。

与える(してあげる)行為自体に喜びを感じられないがために
相手に「感謝されること」や成果を求め、自分を満たそうとする。

それが「してやった」という気持ちや、自己満足の押しつけ
恩着せがましさ、見返りや責任の要求として行われることによって
子どもに得る(してもらう)喜びを禁じてしまうのです。

親を喜ばせない罪悪感や、得るに値しない無価値な存在という
自己像を持ったまま、その子どもが成長して、いずれまた
与える(してあげる)喜びを知らない、それをすることに
負担や不安、苦痛を感じてしまう親となっていきます。

なにをしてもらった (してあげた)のか?よりも
どんな気持ちでしてもらった(してあげた)のか?


得ること(してもらう)ことと与える(してあげる)ことは
感謝という同じ喜びの別の側面

またそれが一体の喜びであればこそ
与える∝得る(比例)

そうでなければ
与える∝1/得る(反比例)

求め合うばかりか、奪い合うことへとエスカレートしていく
世相を感じずにはいられません。

エーリッヒ・フロムを読まれた方なら、生産的/非生産的性格
という言葉を思い起こすのではないでしょうか。

愛する、感謝する、喜ぶ、幸せを感じる、満足する、安心する
といったものは、同じ質感を持っているのだとつくづく思います。

そのなさ愛の不在の実情なのかもしれません。

もしもあなたが慢性的な不安や不満を抱えているとしたら…

それはとりもなおさず、本当の意味での「感謝する」喜びを、
得る(してもらう)ことの喜びを、知らないままにいるのかも
知れません。
得た(今ある)物事に対して感謝や喜びも感じられないのでは
ないでしょうか?
そしてきっと与える(してあげる)ことの喜びも知らないまま
なのかも知れません。

残念ながら、それは親や周囲の人が知らなかったから
知れなかっただけ。気づけなかっただけ。

いつからでも、自分で知ること、気づくこと
伝えることができるのです。

勇気を持って、義務感や不安、負担や苦痛とは別の場所にある
得ることの真の喜び、そして与える喜びを探り当ててみませんか?

すべてお得としか感じられない世界 へ(爆)

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2015-02-24 18:26 | ココロの不調 | Comments(0)
親に思いきり甘えましたか?
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


幼い頃、親(養育者)に安心して思いきり甘え
それを受け容れてもらえましたか?

普段は直接面談でお話を伺うということはないのですが
長く鬱を患っているという方とお話をすることがありました。

いわゆる「愛情」という言葉や感覚が、日本語で(日本人に)は
ピンとこないことが多いようで、親が「してくれたこと」の多くを
アピールして「なぜ?私が?」と問われることがあります。

「子どもの時、親に思いきり甘えましたか?
「無邪気に、無防備に、甘えることができましたか?」

このような問いかけをすると、大抵の場合にはとたんに
明らかに―まるで社会的な大人の顔から子どもの顔へ
表情が変わります
ほんの一瞬の場合もありますが、「そういえば…」と少しづつ
心の内を表現してくださるようになる方も多くいます。

そして心に不調を抱える多くの方が、過去をふり返り
そのような経験がない、なかったと気づき、訴えるのです。

また今なお家族や大切な人との間に温かい交流を求めつつも
満たせないというジレンマ
を抱えている場合が多いようです。

この甘えという言葉が、じつは「愛情」という感覚をとらえる
キーワードになるように考えています。

甘えさせる」ということは、相手を安心、満足させるために
相手の必要とする不足を補うことかと思います。
これこそが、愛情に基づいた働きかけといえそうです。

これに対して「甘やかす」。自分(親)を安心、満足させるために
自分(親)の価値観ですべきと思う物事、もしくは相手(子ども)に
求められるままに与える。

もちろん、後者の場合は子どもの心に「思いきり甘えた」という
実感がわきづらく、悪影響が出る場合もあります。

もとより「甘やかし」を罪悪とし、過敏に断つ風潮もありますが
親自身が「甘やかす」と「甘えさせる」の違いが区別できず
愛情をかけることの意味を取り違えていたり、甘え自体を
断ってしまう
というケースもあるようです。

自分にも、他者にも、甘えを許せない・許さない
そんな心のあり方に気づく方も多いのではないでしょうか?
もはや、他人の目からは強迫的に厳しくあろうとする方も
いらっしゃいます。

じつは「甘える」(愛情を得る)ことは心の栄養なのです。 
健康な心の下地を築き、豊かに育むための。

大人になった今、誰かに思いきり甘えること、それ以上に
甘えを受け容れてもらえることは、現実的にムズカシイかも
知れません。…だとしたら?^^;

意識して、子どもやパートナー、誰かの「甘え」を受け容れてみる
「甘えさせて」あげようと心がけてみる。
もちろん「甘やかす」のではなく^^

これには自分ではなく相手の目線でその気持ちや本音を知る
ということが必要となります。

このような意識や心がけが、自意識過剰の不調を癒し
さらには大切な人との関係を好転させることにつながるのです。

無防備な誰かの甘えを受け容れることができますか?
まずは、自分の思いきり甘えたい!という気持ちを
抵抗せず素直に感じることができるようになることから^^

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2014-03-17 10:32 | ココロの不調 | Comments(0)
怒りのパニック発作
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


●自分の怒りに苦しむあなたへ…

いただくメールの中には、パートナーや我が子など
大切な人に対して、些細なことから怒りが爆発し
収まらなくなってしまうというご相談があります。

受け手の苦痛や影響を憂慮しなくてはなりませんが
今回は怒りや残酷さに乗っ取られてしまう苦しみ
誰にも相談できずに抱える方に向けるメッセージです。

●どうか心の目を背けずに理解してください

昨今、平常ともいえる状況や刺激によって相応しくないほど
過敏かつ甚大な不安感情(身体の反応も)が引き起こされる
パニック発作というものが知られるようになってきました。

この発作をイメージしてみると、キレるという状態も
理解しやすいのではないかと思います。
怒りそのものの感情が直接引き起こされるのか?
不安感情を抑え込むための反射としてなのか?
個人的にもいろいろと調べ、考えているところですが
まずは過敏な反応なのだと理解してみてください。

●きっと辛かったはず

その過敏な反応が条件づけられるほどきっと
さまざまな経験と反応を積み重ねてきたことでしょう。

辛い、恐ろしい、悲しい、寂しい、悔しい記憶を無理に
ほじくり返す必要はありませんが、そういった気持ちを
自覚するのを回避するためにその反応は起こるのです。

目の前の誰かや状況のあり方はキッカケに過ぎません
過敏な反応を起こす自分の心の側に意識の目を
向けてあげてください。

言い訳をするのも、自分を正当化したいのもすべて
その回避したい気持ちを自覚することへの拒絶
からくるのです。

不安や恐れですか?怒りですか?悲しみですか?
惨めさや悔しさですか?孤独ですか?

まずは怒りの発作が治まった後に、ふり返って自分の
気持ちを観察してみてください。

●「自分」は変われる、「自分が」そう決める

意識の目が養われてくると、感情に乗っ取られるその
瞬間
をだんだんと察知できるようになってきます。

この時に自分と距離を置く、そのシナリオをすり替える
ために、シリアスさをするっとかわしてみましょう。

前回も例をあげましたが、「激オコぷんぷん丸!」とでも
言ってみませんか?もちろんなんでもかまわないのですが
その場の状況と似つかわしくない、そのまま文字通り
その場と自分そして相手の「気が変わる」キーワードを
予め用意しておくといいです。

自分をプッ、と笑わせるくらいのユーモアがあっても^^

また相手の考えを決めつけずに「今、どう感じているのだろう?」と
相手を観察し、自分に問いかけてみるのも一つの方法です。
それこそがきっと、これまであなたがしてもらえなかったこと
間違いないのですから。

過敏な反応、怒りのパニック発作が静まるまで
どうか状況をさらに悪化させないようにやり過ごしてください。

●条件づけられた自分を生き続けたいですか?

誰からも愛されない、誰も愛せない

かつてワタシもそう思っていましたが、それはです。
…というか、その時の現状ではたしかに真実でしたが
それを変えることができるというのが今の真実です。

それができないのだと信じ込まされてしまっただけ。
今は無力に従っている気持ちのシナリオが、本当のところは
自分で書き換えられる、自分で選べるということを
教えられなかったのは、たんにあなたをコントロールする人に
とって好都合だったから。

感情で誰かをコントロールしようとする悪癖を断つ。
たとえ故意ではないにしても。意識していなかったにしても。

まずは自分の心と向き合う勇気を持ってください。
それこそが自分と大切な人に対する、今すぐにできる
最大の愛情表現なのです。

…そして、自分を追い詰める前に、誰かに、どこかに
気持ちを打ち明けてみませんか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2014-02-27 11:02 | ココロの不調 | Comments(0)
RPG(2)
自身が、自分の人生ゲームの主人公だとイメージしてみると
キャラやストーリーをどのように設定しているのかが
客観的に見えてくるのではないでしょうか?

無理難題(タスク)に挑ませてばかりで、エネルギーを
ひたすら消耗させる一方ではありませんか?
しかもうっかりエネルギーチャージを忘れたり^^;

なかなか要領良くいかないとなると、キャラに同化した
プレイヤーは疲れてきますよね。

また人にはその性格の本体ともいえるその人の観念や
信念があります。

観念=出くわした物から受ける影響、と考えると
自ずとそのキャラクターが出くわすモノへの反応や
エネルギーの増減といった基本設定が成り立ってきます。

そもそも背景を暗くし、(観念としての)障害物ばかり
増やしてはいないでしょうか?

まさか、その場に立ち止まることさえも許さない
強制スクロールなんてことになっていませよね?

もちろんキャラに同化したまま、続行することもできますが
プレイヤーだということを自覚(再認識)できれば、基本の
設定自体を変更することが可能なのだと気がつきます。

プレイヤーのアナタは、そのキャラに負荷を与え
艱難辛苦を乗り越えさせていきますか?
そのキャラを愛して、楽しくハッピーエンドへと
再設定しますか?…つまらない?^^:

選択のバリエーション、善悪も正しさや間違いもありません

ところで。

全体のストーリーは誰が決めているのでしょう?
シナリオは誰が書いているの?そもそも
ゲーム自体は誰がプログラムしているのでしょうか?
神の手(運命)に委ねられている?、それとも自分?

自分が何を信じるか、それが他でもない自分の設定

それはプレイヤーどころか、プログラマーの視点を得ることも
可能だと気づくことです。

キャラクタ−
プレイヤー
プログラマー

自分の領域を広げてみると、ゲーム(人生)そのものを
全く違う展開にすることができるということではないでしょうか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2011-09-07 11:19 | ココロの不調 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り