金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アナタの周りにもいませんか?
たとえば、誰かの成功や調子のイイ様子が話題に上った時に

「へ~ スゴイ!素晴らしいね~!」

素直に褒め言葉を言うヒトがいます。

「私には○×だから、あり得ないわ」

ちょっと言い訳めいたこと、さらには嫌味や批判を言うヒトがいます。

後ろのケースでは、その話の内容によってその人の
「自尊心」が傷つけられています。

ある種の話に対して、自分が攻撃されたという脅威を感じ
自動的に反応する「自己防衛」のカタチです。

多くの人には些細な内容が、「心が傷だらけ」の人にとっては
その傷の痛みにふれる「攻撃」だと感じてしまうようです。

そして自分の心を守るために、無意識に筋違いともいえる
攻撃を、周囲に仕掛けてしまうのです。

「自分なんて」という劣等感を表明する言葉に変わって
聞き苦しい言い訳、さらには他人の批判・悪口・罵詈雑言。

そういう人こそ他者との関係をより必要としたりします。

こういった自動的な反応をしてしまう時、その人は
「相手が自分を承認してくれるかどうか」に依存しているのです。

そのような人の心が、最小限の安定を得るためには
(その人にとっての)みんなが自分を認めてくれていることが
必要なのです。

自分で自分を肯定できないゆえに、誰かからの「肯定してもらえる」
言葉を渇望しているのでしょうね。

それを求めるパターンが、相手を「攻撃」することなのですから
大抵は叶うことなく、ますます不満を溜めていく結果になりそうです。

考えてみたら、「愚痴」も同じようなメカニズムかも知れません。

包容力のある人に共感してもらえれば、気持ちは癒されるのでしょうが
相手かまわずブチまけると…

お互いに「自己防衛」のために攻撃し合うことから、ケンカが始まります。
[PR]

by dryangle | 2006-08-08 19:30 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
他人に関心のない人
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


誰かと会話のチャンスがある時に、こちら側から積極的に自分を
アピールすることを控えて、相手の話を聞くように心がけてみます。

すると相手にこちらへの関心(質問や聞く姿勢など)が、ほぼない
ばかりか、さっさと相手側の話にすり替えられてしまうパターンの多いこと!

こちらから積極的に話そうとすれば、一応内容を聞いてはくれるのですが
それよりも「私の話を聞いて!私に関心を持って!私を評価して!」という
オーラが伝わってきて圧倒されそうになります。

グループでの会話の場合には、自分にメリットのない話が続くと
待ちきれずに不愉快そうな表情をする人も。
他人のウワサや批判には、さも関心大アリと聞き耳を立てるのに。

ワタシ(筆者)の話などには、まったく関心も興味もないご様子(^∇^)なのは
ともかく、多くの人々に「自分に関心を持って欲しい」欲求が募っている
ような印象を持ちました。その裏側となる一方で
(良い意味での)他人に対する関心がなくなってきているのではないか?
と思わせられることしきりです。

余談ですが、誰かが自分の思い出話などで懐かしんでくれるということは
「関心を持たれている」だけでなく「愛されている」「大切にされている」という
を感じることができ、一種の喜びにつながるのかも知れませんね。

ワタシにはワケあって、その種の思い出話をしてくれるような
親や親戚が皆無。

かつて主人の両親に、主人の子供時代の話をとうとうと聞かされること
(彼らには楽しみに違いないのですが)が苦痛になったことがありました。
どうしても怒りに似た感情がムクムクともたげてきてしまって。
これが自分が求めても得ることのできない親の愛情に対する嫉妬
なのだと気がつくまでに、あまり時間はかかりませんでしたが。

愛情飢餓は、負のエネルギーを生むものだとつくづく思います。
「関心を持って欲しい」は、きっと「愛されたい」「大切にされたい」ということ。

現状は求める側が異常に多いということなのでしょうか。

アドラー心理学で知られるアルフレッド・アドラーは

『他人のことに関心を持たない人は苦難の人生を歩まねばならず、
他人に対しても大きな迷惑をかける。
人間のあらゆる失敗は、そういう人達の間から生まれる。』


と述べていますが

関心を持って欲しい ≒ 愛されたい」と置き換えてみると

他人のことに関心を持たない人 ≒ 愛することをしない人

となり、妙に含蓄のある言葉に思えてくるから不思議です。

(10年後のこの記事もどうぞ→自分にしか感心のない人~自己執着~ )
[PR]

by dryangle | 2006-08-07 19:30 | 周囲の人との関係 | Comments(2)
「自責」というアディクション
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


人間は「自己肯定感」を求める存在なのだと思います。

愛されたい、認められたい、大切にされたい、褒められたい…

社会(人との関わり)の中で生きることが、サガである人間にとって
それはもう本能にも似た欲求なのではないでしょうか?

不運にも、「ありのままの自分」を肯定してもらえた経験が少なく
「自分自身が、歓喜し、楽しむことが幸福」だというメッセージを得ることもなく
ご自分を肯定する方法が「周囲の期待(価値尺度)に応えること」になってしまった
人がいます(とりもなおさず以前のワタシです)。

周囲の人にしても「他の人を積極的に肯定する」ことのできる人が
なかなか少ない世の中で、どんなに素晴らしい努力と成果を達成しても
自分を肯定できない本能的な苦しみという重荷を背負い続けます。

…そして、その原因すらも全て自身で背負おうとしたりします。

古い昔に、太宰治の「人間失格」を読んで
自分の心情を言い当てられているような気がしましたっけ。
まさに「生きていてごめんなさい」の気持ちでいっぱいでした。

彼の人生のてん末もワタシの気持ちを暗澹とさせたものですが、
今現在は人の心のカラクリについて、少しは明らかになっていることも多く
その分「希望」も多くなっていると思っています。

「自分で自分を責める」ことも「感傷」も。精神を病む「心の癖」の一種です。
「内省すること」と「責めること」の本質が違うことにぜひ気づいてみませんか?

成長の過程で、心が乾き、飢え、傷ついたことがいくつもあったことでしょう。

その怒りや憎しみは本来相手に向いて然るべきものですが、周囲の大人は周到に
それをこちら側の未熟さや不完全という理由へと向けさせてしまったのです。
「自分の不完全さを嫌悪する、憎む」という大きな悲劇を架してしまったのです。

自分にやさしくなれない限りは、もちろん他の人にもやさしくはなれません。
そのために、つい「自分に怒り、他人にも怒っている」という気持ちに
なりがちではないでしょうか。
これではとても「自分の心が喜び、相手も喜ぶ」シアワセからは遠い状況ですよね。

慟哭しているご自身の心を救うことができるのは、他ならぬ本人でしかあり得ません。

そろそろ「自分を喜ばせる」ことに、力を注いでみてはどうでしょうか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)
※また返信や相談を希望される方はコチラへどうぞ^^

アナタも心のお掃除をしませんか?心の重荷処分場
大小問わず、ワダカマリを捨てにきてくださいね。

[PR]

by dryangle | 2006-08-06 00:23 | ココロのカラクリ | Comments(1)
愛することができますか?
西洋では、ギリシャ時代より愛を「エロス」と「アガペー」に分けて考えてきました。
プラトンの哲学から、キルケゴール、フロイトなどとその意義や分類が変遷していますが
現在では、エロスは「男女間に象徴される恋(性)愛」、アガペーは「利他の愛(慈悲)」
と大方では解釈されているようです。

またある本ではシンプルに、エロスは「求める愛」・アガペーは「与える愛」と
説明されていましたっけ。

生物学的な根拠からも男女の恋(性)愛の持続期間は数年である、
という説が話題になって久しい昨今、互い(もしくは一方)のエロスが失われてしまった
場合にその後の関係をどうするのか?
これが長い結婚(夫婦)生活において、大きなターニングポイントになることは
間違いがなさそうです。

学生時代に課題で、エーリッヒ・フロムの「The Art of Loving(愛するということ)」
という本を読んだことがありました。
「愛は技術であり、その習得には努力と知識、そして鍛錬が必要である」という
内容は当時のワタシには目からウロコでしたっけ。
きっとこの愛は高い精神活動(アガペー)を指すのでしょうが、ワタシレベルとしては
「愛すること」が、たんなる「感情(受動)」ではなく「意志(能動)」となり得ることを
認識する大きなキッカケになったような気がします。

「自己肯定と他者への共感をあわせ持つ成熟した人間にならなければ、愛を成立させられない」
というメッセージは、今も心に響いています。

エロスが永遠に消えないことは理想であり、それを復活・持続させるべく努力するという
方向性も素晴らしいと思いますが、新たな関係のあり方を模索していくという道も
あるのではないでしょうか?
それは個々のカップルの選択によるものであり、まさに結婚生活の実内容なのだと感じます。

どちらにしても、「意志による能動的な愛」に成長させることができるかどうか?
が大切なのだといえそうですよね。

一方的に自分や相手の気持ちをコントロールしようとするよりも、思いやりを持ちつつ
率直な気持ちをぶつけ合って拓けてくる道を進んだほうが、結婚生活が「共同事業」
であるという本懐も叶うのではないかな?と個人的には考えています。
[PR]

by dryangle | 2006-08-05 19:30 | パートナーとの関係 | Comments(0)
愛に飢える人々
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


・自己愛不全

「子を持って知る親の恩」とは、よく使われる諺ですが

ワタシの場合は

子を持って知る「(我が)親の愛情のなさ」でした。

親の側には「こんなにもしてあげた」という言い分が
あるのでしょうが、これと「無条件に愛すること」とは
残念ながら全く意味が違うもののようです。

…以下に、ある精神科医の言葉を拝借します。

「人間は誰でも自分自身が執筆する物語の中に生きています。
親の側には自分の物語の中で、精一杯子どもを愛してきたという
ストーリーが成立しています。しかし、子どもの物語の中では、
愛されていないというストーリーが進行していて、
二つのストーリーは段々ズレてしまうのです。

こうしたズレが生じるのは
親の愛が『自分自身の欲望』だからです。

親の側のストーリーには、勉強ができる子、親の言うことを
よく聞く子といった条件が付いています。子どもからすると、
親の期待に応えなければ自分は愛されないと思うわけです。」
(太文字は後から)

…ついには応え続けても真の愛情を感じないままに
やさしさや暖かさを求めて周囲の期待に応え続けようと、自らを蝕む
生きづらい人となってしまう悲劇が待っていたりもします。

自分に正当な評価を与えることすら怖じるような
自己評価の低い人。

その反動で自分の成果を押し売りし
他人に評価を要求する人。

健全な自己愛の発達につまづいてしまった
結果なのではないでしょうか?

・世代連鎖を絶つ

ワタシには
「じつは自分も親同様に冷たい人間なのではないか?」
という恐れに愕然とした時期がありました。

そんな時には
「やさしい人はどうするだろう?暖かい人はどうするだろう?」
「自分は親にどう接して欲しかったのだろう?」と想像して
そうふる舞うようにしてきました。

自分がそうすることで、そうできる人(愛情ある人)が実在する
ことにも気づき、その人々から学ぶことによって
大きな癒しのエネルギーを得たような気がします。

ここまできて、親もまた暖かさや、やさしさに満たされることなく
育った(人生を送った)愛に飢えるヒトだったのだと
ごく自然に同情・共感できるようになりました。

許し癒しになるか?

経験上ですが、許しとはそのような「(自分の)心をほどく
プロセスそのものだと感じています。
許そうと、決心した瞬間に叶うものではありません。

数々の美談も出回っているようですが、現実には相手(親)の態度が
劇的に変わり、関係が良い方向に転じるということは、極めて稀な
奇跡
だと個人的には考えています。

肝心なのは、親に訴えて愛情を引き出す(親を変える)ことではなく
愛情に飢えた自分の心が癒されることなのですよね。

対決すべき相手は、実際の親(のあり方)ではなく
自分の心の中に棲む親(の人格とそれに応えようとする)プログラム


まだまだ怒りに似た感情がすべて消えたわけではないのですが
許しといえる心境に、少しは近づいたような気がしています。

そういった心境は、自分の飢えが満たされたという状態で
初めて訪れるものなのではないでしょうか?
親孝行といった美徳も、自分(の精神)が満たされ
(つまり成長し)てこそ成せるものだと思います。

そもそも持っていないモノは与えられないのですから。

※内容が重複しますが、こちら6年後のワタシの書いた
「親」という幻想
8年近く後の」記事「愛情の科学もぜひどうぞ^^

[PR]

by dryangle | 2006-08-04 19:30 | 親子の関係 | Comments(0)
大切なのは、言葉にしてみること。
最近どこかで目にした脳科学関係の話の中にあったのですが

言葉はコミュニケーションのツールとしてだけではなく
自分の「感情を処理する」役割を担っているのだそうです。

詳しくは忘れましたが、脳内の旧皮質に起こった様々な感情を「言語化」し
新皮質へと処理されることによって、前頭前野の(理性による)コントロール
の範疇に入る、というようなことだったと思います。

多くの想いが「言語化」できないままに、ため込まれると
時にそのまま感情的になってしまうといえるのかも知れませんね。
まぁ、それも人間らしい一面であるのかも知れませんが。

しょっちゅう身に覚えのある方は、喜怒哀楽の感情を言葉にして表現する
ことが少ないのではないのでしょうか?
これは誰かに対してというわけではなく、自分の心の中においてでもです。

悲しい、苦しい、寂しい、怒った!、ウレシイ、気持ちいい…
意識して言葉にしてみるだけでも、自分の中に隠されていた感情に
気がつくことがあります。

論理的に(筋道を立てて)言葉をまとめるということは、自分の「考え」を整理する時
また他者に複雑な概念を伝える時には、必要なことだと思います。

が、感情を処理(整理)するためというのには、必ずしも重要でないかも知れません。

言葉をまとめるというよりも、自分の気持ちをまずはシンプルな言葉に「言い当てて」
いくように意識してみると、心のコンディション維持に役立つかも知れません。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2006-08-03 19:30 | ココロのカラクリ | Comments(0)
「夫婦愛」ありますか?
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


日本語では、言葉上で
『恋』(男女のロマンス、ロマンチックラブ)と『愛』(人間愛を包括する)を
分けることができるのでつくづく便利だと思います。
また、一般に「恋愛」といった場合には『恋』のほうを意味していますよね。

恋愛が成り立つための「三要素」というのを目にしたことがあるのですが

・同一化(言葉や思想・宗教・生活習慣が近い)
・美(容姿・姿形の均整)
・緊張感

最後の「緊張感」によってノルアドレナリンなどのホルモンが分泌され
ときめきのホルモンであるPEA(フェニール・エチル・アミン)が
分泌されることが『恋』に欠かせない化学的な仕組みだそうです。

結婚生活を考えてみれば、いい意味でも悪い意味でも
おのずと「慣れ」が生じて「緊張感」を維持するのは困難ですよね。
(あまり「緊張感」の多い結婚生活というのも、ちょっと…^^;)

決まった相手へ性的な興味が低下するのは、生物学的にはかなり
自然なことではありますが、これがそのまま即「結婚の終焉」となると
社会的な意味での「結婚」が成り立たないことになってしまいます。

『恋』が冷めても、なお互いへの信頼感があるか?子育てや生活という
共同事業に取り組むことができるか?互いに協力し合う姿勢があるか?
これらがとりもなおさず夫婦の『愛』につなげる努力なのだと思います。

最近はセックスレス夫婦の話題が過熱するなど、結婚生活の維持に
「ラブラブな性生活」や『恋』の維持も欠かせないと、多少強迫観念を
持った方々が増えているような気がします。
もちろん維持できたら、それは素晴らしいことに間違いありませんが。

パートナーの性的な欲求をどう満たすか(とくに一方的な場合)?というのも
夫婦『愛』で乗り越えなければならない問題だといえそうですね。

性生活(恋愛感情)の維持に努力することも、建設的な努力だといえますが
結婚の基盤となる夫婦『愛』の維持への努力にお互いが向き合っているのか?
見つめなおしてみる必要があるかも知れません。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2006-08-02 07:30 | パートナーとの関係 | Comments(0)
ココロの中の地雷原
心理学やカウンセリングの用語に「感情爆発」という
言葉があるそうです。

心の中にある怒りを触発するプログラム(スリコミ)。
これに不満や怒り、寂しさという感情がさらにため込まれ(タメコミ)
大きなエネルギーとなって噴き出すことだといえそうです
(これを私は勝手に地雷と名づけています)。

現代人の心には、これを見直す余裕もなく、我慢を重ねる一方で
感情の地雷原が出来上がっているような気がします。

ささいなキッカケは、トリガーと呼ばれるもので
うっかり地雷を踏みつけているようなものかも知れません。

この「感情爆発」が、誰かを圧制してしまう暴力となってしまうと
今度はその人の心に地雷を埋め込む結果になるのではないでしょうか?

とくに立場上(心理的なものも含む)、誰かの上位者になった人が
この発作の持つコントロール(制圧)力に味をしめ、下位者に対して
大義名分とともに行使しがちな場合があります。

相手が悪いと決めつけ
誰かを傷つけ、追いつめていませんか?

自分が悪いと決めつけられ
誰かから傷つけられ、追いつめられていませんか?


自他の心の地雷撤去に意識を向けてみることが
大切だと思います。

そして、とくに自分の地雷を発見すること。掘り出すこと。

自分のどの部分に、触れられると不満や嫌な感情が噴き出るのか。
それを経験するたびに、過去のプログラムが繰り返す
一つの反応に過ぎないことを意識してみる。

そして他の反応をするという選択肢を、自分で選ぶことができる
ということに気づいてみてください。
少しづつでも他のパターンのシナリオを描いて、実践してみるのも
いいかも知れません。

アナタのココロの地雷原の地雷を撤去することは
アナタにしかできません。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2006-08-01 19:30 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り