金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

そこに愛はあるのかい?
誰もが、求めながらも(求めていることに気がつかないヒトもいますが)
その実体がわかりにくい
古今東西、多くの偉人がの定義を語ってきました。

キリスト教世界のエロスと(フィリアと)アガペーの区別は有名ですが
ワタシは、二つのベクトル(エネルギーの向き)によって分けられる
ように思っています。

一つは自分の心を満たし安定させるための求める向きのエネルギー
もう一つは相手の心を満たし安定させるための与える向きのエネルギー

関係の双方が求める一辺倒だとエネルギーが分散して、
その関係は不安定になり破綻しかねません。
それでも当人はしている(≒求めている)と感じているのです。

関係が(真の意味で)安定するには、一方(もしくは双方)に
相手(の心)を守ろうという心の方向転換が必要だといえそうです。

ごくシンプルにいえば相手を許し、相手にやさしくなるということですが…
これができずに苦しむヒトのなんと多いことでしょうか。

それは自分を許し、自分にやさしくなる気持ち
表裏一体の同じ能力だといえます。
つまり自分を許せず、自分にやさしくなれないヒトが多いとも
いえるのかも知れません。
それができるヒトは、相手(の心)を守ることで自分自身の心も穏やかさと
安定の恩恵を受けている
のです。

相手の反応の如何ではなく、そうすること自体に喜びを感じる時
の絆を強めるエネルギーが発揮されます。

する能力は磨くものだとつくづく思います。
アナタは誰かをしていますか?
[PR]

by dryangle | 2007-05-29 09:31 | パートナーとの関係 | Comments(0)
自分と誰かの気持ちを支えられますか?
まだまだ肉体的な飢餓に直面する人々が絶えない現在。
それを満たした人々さえ、さらなる経済(物質)的な豊かさを求める
欲求に悩まされる世界にワタシ達は暮らしています。

欲求には際限がない、とはよく言いますが、ココロの豊かさについても
同様に考えてみると理解しやすいように思います。

マズローの欲求の五段階説はご存知の方も多いかと思いますが
(満たされて次へと欲求の段階が上がっていくというもの)

生理的欲求
安全の欲求
親和の欲求
自我の欲求
自己実現の欲求

これはすべて、当然ですが「求める」心理です。
自己実現が叶うまで、ヒトは求め続けるものなのでしょうか?

ここでは自立という視点でこれらの欲求に目を向けてみましょう。
親和の欲求からは、精神的な充実を得る欲求といえそうですが
自己という認識を確立する「自我の欲求」が叶った時には
その自立を果たしたといえるのではないでしょうか?

ココロの自立とはどんなもの?

ここで「経済(物質)的な自立」がどのようなものであるか
今一度ふり返ってみてください。
生きる糧を自らの力で得ることができ、誰かに求め(依存し)ない
ということですよね?

心も、その安定のための糧を「誰かに求め(依存し)ない」
ということが、精神的自立といえるのではないでしょうか?

愛して欲しい・認めて欲しい・やさしくして欲しい
守って欲しい・受け入れて欲しい・こうして欲しい・ああして欲しい

これまで「くれない症候群」を中心に、満たされなさや、自分の心の安定・
自信、そしてシアワセの根拠を誰かに求め(依存す)る心理について
たびたびふれてきましたが、これらに満たされたことのない段階は

精神的自立を果たしていないとはいえないでしょうか? 

自我を確立せずに、自己実現を叶えようとするがために
不安・不満のタネが尽きないように思います。
経済的に自立していない子供が、億万長者でないことを
嘆くのと、似ているのかも知れませんね。

自分を支え、誰かを支えることができるヒト

この点で自立については、経済(物質)的にも、精神的にも
同じことがいえるように思います。

現在は、精神的にはまだ自立の段階まで満たされていない
ヒトが多いといえるのではないでしょうか?
ココロの貧困時代はまだ去っていないようです。

自立できない人を責めるということではありません。
弱い人だっているでしょう。成長途中の人もいます。

とはいえ、人々が寄りかかり合う関係から、支え合う関係に変った時
世界は変わるような気がしませんか?

心が繁栄する社会が実現することを願ってやみません。
[PR]

by dryangle | 2007-05-22 15:38 | ココロと思想 | Comments(0)
ココロのゴミ処理法
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


きっと誰もが愚痴をこぼしたくなる時があるのではないでしょうか?

愚痴は心に沈殿するモヤモヤ・ムカムカ・ワサワサした
気分を吐き出す行為だと思います。

理屈や解決法が欲しいわけではなく、この不安にも似た
モヤモヤを捨て去りたいだけなのですよね。

スッキリして安心したいそんなところではないでしょうか?
聞く相手に一緒に、そのモヤモヤを分担してもらい、慰めて安心させて
(処理して)もらいたいと望んでいるのだと思います。

ところがこれも現実のゴミと同様に、捨て場所や方法を選ばないと
トラブルの種となることが多いのも事実だとはいえないでしょうか?

多くのヒトが、その心のゴミ処理能力が「イッパイイッパイ」か、さらには
処理しきれない状態で、他の人のゴミを分担してあげる余裕がない
というのが実態なのだと感じています。
苦しまぎれに誰かに背負わせてしまうことで、相手がキャパを超えてしまったり
なかには防御的に反応して受けとることを拒む人がいるのも当然だと思います。

男性は、このゴミ処理を合理的に解決しようというノウハウ志向が強いよう
ですが、実際に「溜まる」ことについては男女差がないように考えます。

そこで場所(相手や相手のコンディション)と方法(話し方、伝え方)を選ぶ 
ということが大切になってくるのだと思います。
出来事と自分の感情とのつながりを把握しておくなどゴミを分類しておくと
さらにスムーズに助けを得ることができるのではないでしょうか。

誰かの協力を求める前に、自分でモヤモヤを減らす方法もあります。
すでに誰もが試していることかも知れませんが
体を動かしたり、趣味に打ち込んだり、映画や本・音楽など芸術に親しむ
などの行為がモヤモヤを消すためには効果的ですし、心の栄養にもなりますので
意識して取り組んでみることをおススメします。

心の余裕は「心のゴミ処理能力の大きさ」といえるのかも知れませんね。
[PR]

by dryangle | 2007-05-21 12:07 | ココロの不調 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り