金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

操作主義と子育て~子供をプロデュース!?~
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


操作主義(operationalism)
なにやらカタクルシイ言葉でごめんなさい^^;

もともとは物理の領域から出た言葉らしいのですが
昨今は心理的な内容によく使われているようです。

平たくいえば
自由に他人を動かしたい、操作したい。

という、いまや多くの人が陥りがりな心理。
ワタシ達の心の奥に根付くこうした操作主義的な心理
現代病だとさえいわれています。

現実には、真の共感を得ることなしに相手を
本心から動かすことは不可能です。
何が正しくて、何が間違いといった価値基準を
自分を超えた範囲に期待するのも同じこと。

だからこそ、操作主義的な心理を持つ人は

相手の人格を尊重して、共感を得る努力をすることよりも
相手の人格を支配して、従わせることを選んでしまうのです。


親子関係では、ほぼ子供の側の人格が支配下の状態から出発するので
勢い子供はそのまま親の操作主義的心理を満たす対象になりがちです。

今では子供をコントロールする親という言葉の語感に
危機感を覚える人も多くなってきたのではないでしょうか?
ところが、なんと昨今子供(育ち)をプロデュースという
言葉をよく目にするようになりました。

本質ではなく、言葉を変えることでイメージUPができるものだと
つくづく感じます(〃´o`)=3

心理的操作・被操作の関係を絶つことが、子供の自立・親の子離れであり
そこを目指し、取り組んでいくことが子育ての目標なのではないでしょうか?

~~所感の追記~~

最近また妻として母としての名プロデューサーという
言葉に出くわしました。

考え方のヒントも目にし、ようやく自分なりに整理がついたのは

子どもや夫を自分の自己実現の道具にしているという
意味でのプロデュースはやはりとても危険ではないかということ。

反対に子どもや夫の自己実現のサポートを買ってでている
という意味でのプロデュースは素晴らしことなのではないか?
という視点に今回思い至りました。

2010年3月
[PR]

by dryangle | 2007-06-25 15:42 | 子育て・教育 | Comments(0)
やさしくできないのはなぜ?
それは、ズバリ。
やさしく仕方がわからないから。
なぜなら、それまでやさしくされてこなかったから。
代償を期待されるニセのやさしさにしかふれてこなかったから。
失敗や、弱さや、欠点、みっともなさを、やさしく許されたことがなかったから。

そして…
自分の方がやさしくしてもらいたいから。

相手の失敗や弱点に、不満がわいてやさしく許すことができない。
相手の言葉が自分への責めに感じられ、過剰に反撃してしまう。
思いやりややさしさ、共感といった言葉が偽善に感じる。
誰かに自分の弱さや欠点を見せることに抵抗がある。

これらはすべて、これまで周囲の人から学びとった心のあり方です。

この世に信頼に足るヒトはなく、この世は信頼に足らない場所である。

というメッセージを受けて、生きてきた結果に他なりません。

…ワタシ自身もその一人でした。

まだ子供の頃、お友達の家に招かれた時にウッカリ食器を落として
割ってしまいました。その家のお母さんは

「大丈夫?怪我はなかった?」と聞いてくれたのですが
ワタシは失敗への罪悪感から、ひたすら謝り続けていました。
そのお母さんが「モノよりもヒトの体の方が大切でしょう?
と言った言葉を、今でも衝撃的に覚えています。

ワタシの方が大切? 

こんなワタシが大人になり、誰かにやさしくしようと望んだときに
当然どうやって接したらいいのかわかりませんでした。
記憶の底から探し当てたのが、この出来事だったのです
(こんな経験すらなかったら?と思うと、気持ちが凍ります)。

物事の結果よりもアナタ自身の方が大事だよ。

そうイメージして、言葉や態度を選ぶように努力してみました。

知らなければ、練習しなければ、できるはずがないのが当たり前。
やさしさや思いやりが、高度な能力なのだとつくづく知りました。

ある人の役割よりも、その人自身の方が大切だと思えますか?

親として、子供に伝えておきたいことはそれだけです。
ワタシもいまだ発展途上人なのですが。
[PR]

by dryangle | 2007-06-06 14:51 | 子育て・教育 | Comments(0)
心が極楽に住める方法
変えようとしてもなかなか変わらない性格
ふとしたキッカケでコロコロ変わる気持ち

についてアレコレ知り、想ううちに

心の変化に対するイメージは化学反応のようなモノ
だと感じるようになりました。

人でも芸術でも、物事でも、自分以外のに触れ
ヒトのは良くも悪くも変化する。
もしかすると、八方ふさがりの自分のを変えるためには、
自分以外のに触れることが必要だともいえないでしょうか?

そんなことを考えるたびに、仏教説話の↓長い箸の話をイメージします。

極楽も地獄も全く同じような場所であるという話です。
どちらの世界にもテーブルの上にご馳走が並んでいますが
お箸が異常に長いそうです。
極楽では、席が向かい合ったもの同士が、お互いの長い箸で
食べ物を相手の口に運んでみんなが楽しく満腹になれるのですが
地獄ではだれもが長い箸をつかって相手の席の食べ物を奪おうと
するので、うまく食事が出来ず、皆がいつまでたってもご馳走を前に
お腹をすかせているのです。


この食べ物を、人の心の栄養に置き換えてみると
まさにこの世そのものの感がありませんか?

今、人のが飢えきっている状況は

目の前にいる人の心を満たそうとせずに、我先に奪おうとする
地獄絵図といえるのかも知れません。

この場所を極楽にする方法が見えてきませんか?

※キリスト教関連では長いスプーンの話になっているようです。
[PR]

by dryangle | 2007-06-01 20:04 | ココロと思想 | Comments(2)

Illustration by ふわふわ。り