金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「犠牲」の役回り(2)
(前回からの続きです)

皮肉にもこのパターンは、相手や自分の心を真の意味で
満たすことができないままに苦しく行き詰っていきます。

そのまま人生を乗り切ってしまうことも多々あり
さらに他の人にも影響し、受け継がせてしまうことも
めずらしくありません。

ある意味、関わる全ての人が犠牲者だと
いえるのかも知れません。
不幸な人間関係の周辺には、この犠牲者
集まっているように思います。

自分の中のネガティヴな感情に気がついた時
そういった問題が奥底に隠されていることを知らせてくれて
いるのではないでしょうか?

問題の本質にきちんと向き合った時に
それを解決(心の分野では癒すという言葉が使われます)し
自分を生きる糸口を得るように思います。

こんなにも頑張っているのに…

そんな言葉が思わず浮かんできたら。

環境や条件など、今の状況を変えるにあたって
まずは自分の心のあり方を変える努力をしてみませんか?

自分が変われないとあきらめ続ける限り
状況もまた変われないという答えを
その人に返し続けるのです。

愛する人、大切にする人、やさしくする人
認める人、幸せになる人


が存在しなければ、誰一人満たされることなどあり得ないのです。
[PR]

by dryangle | 2007-10-26 10:18 | ココロのカラクリ | Comments(0)
「犠牲」の役回り(1)
愛されたい、大切にされたい、やさしくされたい
認められたい、幸せになりたい


このような言葉にどんな感情がわきますか?

素直に「ああ、その通り」と感じる人。
あまりピンとこない人。
なにを甘いコト言っているんだと感じる人。
暖かい気持ちを分けてあげたいと願う人。

違う感覚を持って暮らしていても、自分の存在の価値を
求めていることにはなんら変わりがないのではないでしょうか?

この純粋な欲求に対して、生い立ちからの経験
誰か(ナニカ)と関わる中でいつの間にか

痛みや恐れ・悲しみ・憎しみ

といった傷心の記憶が刻まれます。
そしてその質や程度は個々人によってさまざまです。

それらが疼くのをカバーするために、意識はそれを
打ち消したり、隠したり、罪悪感や自己嫌悪、そして
理屈(正しさ)によって押さえつけたり。

まるで玉ねぎのように、何層にもそのカバーが
でき上がるのですが、時に怒りによって膿みを噴出させる人や
求めるものを得られないままの空洞つまり孤独の痛み
誰かを軽んじ、蔑み、脅す、優越という快感
埋めている人もいます。

まるで八つ当たりかうっぷん晴らしをしているかのように…

さらには、その対象として自らを提供する犠牲者となり
我慢をし尽くすということで孤独の痛み
埋める人までいるのです。

(次回に続きます)
[PR]

by dryangle | 2007-10-26 10:17 | ココロのカラクリ | Comments(0)
心の独り立ち
経済(お金の使い方)と異性関係(恋愛&セックス)
これには、個々人の感覚の違いがつぶさにあらわれるように思います。

法律・宗教・道徳・一般常識・社会通念・モラル
家の方針・親の方針…などなど
古来から人はさまざまに、その心と行動を規制するルールを
作ってきました。

そして新たに育つ世代に、そのルールを観念としてしつけます。
時にそれは意識的であったり、無意識であったり。

現代はある程度の範囲については、心まで厳しく規制されることなく
個々人の感覚に委ねられる社会が増えてきましたよね。
それにつれ、物事に対する観念や感覚の幅も人によって多様化
してきました。

ところが。
人によっては、いまだに心まで厳しく規制されているのです。

その根っこが、自分の意志によるコントロールでないとすれば
ある物事に心の内で怖れや不安、罪悪感を抱き、自分にそれを許せない
(または強いる)観念や感覚を持ち続けているのではないでしょうか?
そのような状態を繰り返して生きることは、苦しいに違いありません。
また、その観念による縛りのない人に対して怒りや嫉妬を覚える
こともあるのではないでしょうか?

心から楽しいということがない
ささいな出来事にふれる度にイライラする
度をこす・ハメを外すと不安になる
自分や誰かに、許せないと思うことが多い。

そんなことはありませんか?

心の中はその人の自由な世界

たとえある一定のルールでは好ましいといえないことを考え、想像したとしても
(社会にその概念が存在して、それを知る機会があったということの証明です)
それを自分や他の人に許してあげてもいいように思います。

道徳にしても不道徳にしても、他の人の心まで縛ろうとしたり要求したり
することで、対立や悲劇が起きているのではないでしょうか?

想いは自由

…ただし行動についてはそうとも言い切れませんね。

社会的な規制や縛りが緩んだ時に、その人がどこまで周囲に配慮し、
どう行動するかの選択に、その人となりが如実に現れるのです。

自分の中に培った観念や感覚を知り、それだけにコダワルことなく
自分のため、誰かのために、より良い観念や感覚、そして行動を
自分の意志で、選択できることが独り立ちした精神なのだと
いえるように思います。
[PR]

by dryangle | 2007-10-21 16:55 | ココロと思想 | Comments(0)
人生の午後を生きる
このブログを読まれる方の中心は
(多分)子育て世代の女性でしょうか。

心の世界に関心のある方は、ユングの
人生の正午(the meridian of his arc of life)
という言葉を聞いた覚えがあるかも知れません。

精神医・心理学者のC.G.ユングは

人生の正午(40歳あたり)を境とする人生の
前半と後半はその様相がだいぶ異なり

それはあたかも正午をはさんで
日の光と影の方向が逆転することにも似ている


と述べています。

今まで日の当たらなかった部分に光が当たり始め
反対にこれまで当たっていた部分が影を帯びてくる…

それは自己の内面的欲求を深めることであり
(真の)個性化の過程と位置づけたのです。

つまりワタシ達の精神は、なおも発達をし続け
人生の後半には、まさに自分を生きていくのだと
いえるのではないでしょうか。

たしかに正午までは心身ともにあわただしく
自分の内面について考える余裕などなかなかない
ように思います。

そして正午をむかえる頃に、起こる問題などをキッカケに
あらためて自分自身(の心)に向き合う必要性に
迫られるのではないでしょうか?

ワタシ自身もまさにその必要性から
暑っ苦しい昼になりそうですが。^^;
新たな自分のベースを築いている最中のような
気がしています。

午後にはお茶でも飲みながら
自分を満喫するように過ごしていけたらなぁ…
と願いながら。



*追記*
思いがけないほど多くの方が読んでくださっているようです。
ワタシの気持ちの、稚拙なカケラを受けとってくださり
本当にどうもありがとう。

[PR]

by dryangle | 2007-10-10 10:47 | ココロと思想 | Comments(2)

Illustration by ふわふわ。り