金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

愛情表現?それとも受動攻撃?
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


相手のして欲しいことではなく、自分のしたいことをしてあげる人。
それにたいして感謝の気持ちを要求する人。

恩着せがましさというのも、その内の一つかといえますが
これによって罪悪感自分への注目といった
ある一定の感情を相手に要求している人は、自分の内に
不安な心を抱えているといわれています。

相手が自分に感謝をしてくれたり、申し訳ない、そんなにしてくれて
悪いなどといった気持ちが返ってこないと充実感が得られず、不満、
そして不安な気持ちになるのだそうです。

つまり自分の満たされなさを埋めるために、相手になにかを
してあげているのだといえます。

それは自分が注目されたい、つまり自分の価値を認めて欲しい
ということへの渇望とその欲求不満の表れなのではないかと思います。
それによって自分の価値のなさ、もしくは相手から見捨てられてしまう
こと
からの不安をやわらげようとしているのではないでしょうか?

そして…
それを愛情と呼ぶ(信じる)人が世間にはたくさんいるように思います。

心の世界では、これを依存や心理的しがみつき、境界線の侵害などなど
さまざまな概念で説明されていますが、親離れ・子離れには必ず
この種の問題がついて回るように感じています。

親の側の、大人となった子供に対していつまでも権威を保ちたいという
気持ちは子供と対等になることへの怖れでもあるのかも知れません。
ついには、感情的になって脅迫するというような駄々コネレベル
子供の気持ちを要求してくる人もいます。

ワタシ自身も経験したことですが、子供の側にとっての親離れ・自立
このような親の感情にふり回されないようになることだと思います。

親(相手)の行為や発言に、憤慨したり、罪悪感を覚えたり、
不愉快になったり、悲しくなったり、淋しくなったり、落ち込んだり。

それこそが相手の思惑にはまってしまっているということ
なのではないでしょうか?

その都度、親(相手)も不安なんだ・認めてもらいたいんだな~
共感するように心がけてみるといいかも知れません。

DSM(アメリカ精神医学会による分類)にはないものですが、
ICD(WHOによる疾病分類)の中に受動-攻撃性(否定的)
Passive-Aggressive (negativistic)と呼ばれる
※人格障害 (personality disorder) の項目があります。

この受動-攻撃性という言葉の意味について、日本語では
被害者のふりをして他人を非難するというように説明されたり
していますが、実感をなかなかつかみ損ねていました。
今回書かせていただいた(恩をきせて)相手に気持ちを強要する
というあたりは、まさにこのことではないかと感じ始めています。

心を要求される重たさに苦しくなっていませんか?

愛情とは、相手の安心や自信、そして幸福感を願うものなのです。

人格障害とは、人格が著しく偏ることによって社会生活に何らかの
 破綻をきたす障害のこと。
 これを精神疾患とするかどうかにはいまだ議論があり、 また本人は
 自分のパーソナリティが障害だとは感じていない場合が多い。

[PR]

by dryangle | 2007-11-28 14:53 | 親子の関係 | Comments(6)
ヤマアラシになっていませんか?
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


ヤマアラシのジレンマという言葉をご存知ですか?

寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って
暖め合いたいけれど、互いの針が刺さるので近づけないという
ドイツの哲学者ショーペンハウアーの寓話から生まれた

自己の自立相手との一体感という
2つの欲求によるジレンマを比喩した言葉です。

心を突き刺すような攻撃の言葉を投げつけてしまう。
自分の不満な点を執拗に責めてしまう。
相手のあり方が気が障り、挑戦的に対抗してしまう。

またはそうされてしまう。そんな経験はありませんか?

攻撃には、その人なりに追い詰められてしまった
理由が存在するように思います。
これまでの人間関係や経験から学んだ対応のパターンだと
考えてみてくださいね。

心理学の分野に対抗依存という概念があるのですが
これは相手から孤立することで自分の心を守ろうとする
心の働きです。

自分の心を守るために、相手と感情的な交流をすることへの
欲求を絶ち、親密な関係からひきこもり、時に相手を責めたり、怒ったり
傷つけるという挑発的な言動へと傾いてしまうことだと説明されています。

まったく個人的ですが、ひきこもり状態の人をアルマジロ症候群、
攻撃状態の人をヤマアラシ症候群と名づけて呼んでいます。

相手の攻撃によってこれ以上自分の心が傷つかないための
対抗手段のような気がしてなりません。

うっかりすると、周囲の人間関係で、さらには家庭の中で、この相互攻撃
繰り返したり、互いに心の交流を絶つという悲劇が起こります。
相手もまた自分と同じく怖れを抱え、弱い自分を隠し、守るために攻撃
(または心を閉ざして)しているのだという構造に気づき、自分の側から変える
という転換点を選ばない限り、たいていの関係は悪い状態で停滞し
いつかは破綻へと向かいます。

そんな構造に気がついたら、自分が相手に求めるもの、期待する姿を
(やさしくして欲しい、受けとめて欲しい、理解して欲しいなどでしょうか)
ぜひ自分から差し出すようにしてみてください。

え?どうしてこっちが?本来ムコウが~すべきじゃない?だってムコウが!
…etc

その難しさに気づく時、相手側の気持ち、そして自分自身の同じような
心のあり方を理解する糸口が見つかるように思います。

ヤマアラシ・アルマジロの武装解除

それらが相手との関係を改善するキーワードなのではないでしょうか?

余談ですが、アルマジロという名前はスペイン語で
武装したものを意味する armado に由来するそうです。
[PR]

by dryangle | 2007-11-13 12:55 | 周囲の人との関係 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り