金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

もしも自分が神様だったら?…大きなことはできないけれど
ある海外ドラマを見ていました。

ほんのり暖かい気持ちになったり、思わず笑ってしまったり
難しい顔になったり、涙をためてみたり…

ふと家具のガラスに映ったクルクルと変化する自分の表情を
見て驚いてしまいました。

そしてこんなコトを考えました。

このドラマの制作者や俳優さんたちに
ワタシの気持ちを変えるチカラがある!?


じゃぁ、ワタシは今まで誰をどんな気持ちに変えたりしてきたのだろう?
誰かを心からの笑顔にしてあげることがあっただろうか…

自分が笑顔になれるようにと、強く祈ったことは果てしなくありましたが

もしも自分が祈られる側だとしたら?

自分が笑顔になれるようにと無意識に祈る人が多くいればいるほど、
祈られる側もその数が多いか、チカラが大きくなければ叶うものでは
ありませんよね。

もしも自分がカミサマだったら?

うーん。

やはり相手を心からの笑顔にしてあげたい
と願うのではないかと思います。

こちら側が「して欲しい」ではないですよね。
だってカミサマなんですから(^∇^)。

大きなことはできないけれど、できることで精一杯
シアワセな気持ちをプレゼントしたいと思います。

パパサンタや、ママサンタが大活躍する季節になりました。

たとえ悟りを啓いたり、全知全能を得ることはできなくても
誰もが、その想いにふれることはできるのではないでしょうか?
[PR]

by dryangle | 2007-12-14 15:21 | ココロと思想 | Comments(0)
自分の「エゴ」に気づいていますか?
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


一般的にエゴ利己主義(エゴイズム)の意味に直結しがちですが
哲学や精神分析学では、意識の中心である自我を指す言葉です。

今この瞬間、考えや想いをめぐらしている意識自体が自我なのですから
もちろん熟知しているように思いがちですが、実際のところこれまでの経験で
培った観念や感覚によって自動制御されているのではないでしょうか?

またその自動制御を外してコントロールすることの難しさを認識して
いる人は案外少ないのかも知れません。

この自我は、その人の人格そのものともいえそうですが
他の人のそれと接する時に、さまざまなパターンを生み出します。

この自我は、その人自身であるための存在テリトリーです。
まず、生まれたばかりの赤ちゃんは(母)親と人格(存在テリトリー)を
共有していると考えられています。
自己の人格を築く発達の段階で、さまざまな葛藤(反抗期など)を経ながら
親の人格との分離をはかって独立していくものなのでしょうね。

この親(周囲の大人)の影響力が強すぎると、その後の子供の
人格の独立運動が挫折してしまうこともあります。
これによって自己の存在テリトリー(自己存在の意義やその感覚)を
得られない、もしくは失うことが、生きることへの無気力を生み出す
最大の原因のように感じます。

一方で、エゴは言葉を換えれば、自分の心というとらわれ
ということもできそうです。

自分の強い想いが、相手の存在テリトリーを脅かしてしまう。
愛情と信じて(その美名のもとに)、そのような過ちを犯してしまう
ことがままあるのではないでしょうか?

私なりの、このエゴと愛情との違いに気づくシンプルな方法があります。

その方法はそれは誰の気持ちを満足させるためのものなのか?
つねに自問することです。

その度に、多くが自分の側のエゴを…つまり不安や不満・期待を
満足させようとしていることなのだと気づかされています。

自分のエゴではなく、純粋に相手の気持ちを満たそうと考えると
気持ちの負担喜びへと変わります。

表面は同じに見えても与えること・受けとること
押しつけること・奪うこと違いは結果にでるのです。
[PR]

by dryangle | 2007-12-10 13:56 | 周囲の人との関係 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り