金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

美的感覚~憧れとコンプレックス~
はるか昔初めて渡米した際、周囲を見回しながら
「まるで映画みたい~!」と感動しつつ、わが身をふり返って
「まるで漫画みたい~^^;」と落ち込んだ経験があります。

しばらく経って映画みたくはない人々が、だんだんと
目に入るようになったことが面白かった(失望した?)のですが。
今も日本のドラマなどを見た直後には「日本の女性は素敵ね~」と思い
帰国してすぐさま「まぁ、いろいろよね…」と感じることを毎度繰り返す
自分も我ながら可笑しいです。

美的感覚も養われた感覚として考えてみると、とくに日本で育った場合
少なからず外国(とくに西欧)人に対する憧れが増すのが、当然といえる
環境にあるのではないでしょうか?
多くの女の子のファンタジーに登場するお姫さまのイメージは
明らかに西欧のものが多いですし、マスコミや世間の扱いなどが
西欧の文化や人々への憧憬、それと同時にそうでない自分への
劣等感を抱かせる作用を持っているような気がします。

それでも時間や経験を積み重ねる中、変化していく感覚というものも
あるようで、ワタシ個人は人の内面や心というものを注視するようになって
自分の美しさを感じる尺度がずいぶんと変わったことに驚いています。

古さや不完全さ・いい加減さ・異様さなどを許容できるばかりか、
それに感動できることもあるのだということを知りました。

最近もあるアジアのエスニックの人々の表情に接して、心底美しいと
感動した自分自身にも感慨を覚えました。

なにを美しいと感じ、なにに憧れるかは、人それぞれ異なって当然ですし
反対に大方の人に共通するというモノもあるのでしょうが、自分の感性に
心の目を向けて、さらに別な感性を磨くこともできるのだと知ることで
その劣等感が幻と化すこともあるように思うのです。
[PR]

by dryangle | 2008-02-28 13:19 | ココロのカラクリ | Comments(0)
文字通りの『神経過敏』?
私達は、ふだん誰かからの言葉や反応を受けとる時
自分の心のフィルターを通してその意味を解釈している
ことを、なかなか意識できません。

一方の何気ないコトバや、さらには相手を気使うつもりの
態度までも他方の気に障って、険悪や陰鬱ムードを生んでしまう
ことがままありますよね。

この逆鱗
個々人や状況によってずい分とパターンが異なるようです。

批判が多く、攻撃的な解釈や反応をする人がいます。
自分の優位を誇示して強がろうとする人がいます。
正しさにこだわって自分を肯定しようとする人がいます。
あきらめて自分を貶めたり犠牲にしようとする人がいます。
交流を絶つことで、心を閉ざしてしまう人がいます。

過去に傷を受けた経験から、相手からのアプローチを
つい攻撃と受けとめ、防御の反応をしてしまう。
これは、自分の心を守ろうとするために発達した
パターンだといえそうです。

これが高じると、本人も心(&身)のエネルギーを消耗しますし
周囲との関係が負の連鎖へと陥ってしまいますよね。

そういった心のフィルターの罠に惑わされないためにも
自分(相手)のパターンの傾向性を知ろうとしてみませんか?

そのためのコツとして、自分の側の気持ちが満たされるのみではなく
双方の気持ちを満たすことを、コミュニケーションの目的として
意識してみてはいかがでしょうか?
ソコから脱線しそうになった時には、うまくやり取りを終了させたほうが
トラブルや険悪・陰鬱ムードを招かなくて済むかも知れません。

また自分の側の態度や反応の仕方を工夫することによって
双方の精神衛生に効を奏すことにもなりそうです。

ウツなどの心の症状を心のアレルギー反応という
言葉で例えることが広まってきました。

深刻な場合には、生きることそのものがアレルゲンとさえ
なり得るのではないでしょうか?

じっくりと、体()質の改善に取り組んでいくことが
大切なのではないかと思うのです。
[PR]

by dryangle | 2008-02-01 15:17 | 周囲の人との関係 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り