金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
最新のコメント
外部リンク
<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ナニがキミの幸せ?ナニをして喜ぶ?
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


♪ナニがキミの幸せ~?ナニをして喜ぶ~?
わからないまま終わる~、そんなのはイヤだ。~♪

アンパンマンの主題歌の冒頭がたまに頭に浮かびます。

これに明答できればいいのですが…

思いを廻らせてみても、パッとは出て来ず
まるで探すことを拒むかのように、思いはすぐに

、するべきこと、しなくてはならないこと。
といった、別のことに移っていってしまいます。

ナニがワタシの幸せ?ナニをして喜ぶ?

それでも、さらに自分の心に問いかけ続けていくと
浮かんだことを次々に打ち消したり、無駄とあきらめたり
いつの間にかそんな作業をしている自分の心に気がつきます。

最後にウキウキ、ワクワクしたのはいつですか?
ドキドキ、ハラハラだけが、心に置き去りになっていませんか?

ナニがワタシの幸せ?ナニをして喜ぶ?

他人の反応や評価・成果に関わりなく、ごく個人的に
心を幸せな状態に置くことができるもの、喜べること。

わからないまま終わる、そんなのはイヤだ。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-04-21 09:42 | ココロと思想 | Comments(9)
「感じること」と「気持ち」(3)
物事に対する感情を、mindを使うこと()によって
心の抵抗・摩擦を透かし(軽減し)ありのままを感じ取る
※この考え方は認知心理学や、スピリチュアルなケアにみられます。

セラピーによっては、心の壁、つまり心理的ブロックいきなり
解除
する手法もありますが、長く、そして強く抑圧してきた感情は
mindの支えを利用して抵抗を弱めながら、少しづつ穏やかに
開放する
という選択肢があることも知っておくといいかと思います。

どちらにしても、この分野で経験と知識の豊富な方の
サポートを得られることが、大切だといえそうですね。

感じ取ることによって、自分の気持ちときちんとつながること。

このあたりが、真の自分自身を生きるための
キーポイントであるように思うのです。

…ワタシもまだまだ発展途上人ですが^^;。

意識して理解するというニュアンスに近いでしょうか。気づき手放すこと
受け入れること
、そして許しの気持ちもこのあたりに位置するように思います。


非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-04-03 15:09 | ココロのカラクリ | Comments(0)
「感じること」と「気持ち」(2)
感情に翻弄される、苦しむ、つまりfeelingmoodにまで至って
思い煩うというのは、もともとのemotionと意識への壁との間に
起こる摩擦、つまり心理的抵抗ではないかと考えられています。
いわゆる葛藤という心の動きもこの範疇に入るのかも知れません。

ワタシ達は、最初経験によって強い(多くは負の)emotion
否定したり、恐れたり、不安になったりするようになります。

次にはそれを避けるために、抑圧し(意識の奥に封じ込め)ますが
そのために感情と意識の間に心の壁(観念)を築いていくようです。
感じることを抑圧(意識の奥に封じ込めて意識しないようにする)し
続けてきた場合、このエネルギーが壁を突き上げ、意識に影響して
心が不調になってしまうことがあります。

…以下、メンドクサそうな( )内は読み飛ばしてくださいませ^^;

(抑圧した感情を上層の意識に「言語的に」顕現させることで
心の回復を目指すのが、フロイト以来の精神分析を基にした
「力動」精神医学の手法だといえます。

現在、心のケアの一つにカウンセリングが定着しましたが
この深層心理に着目した技法の流れは、代表的なものだと
いえるかと思います。)

心の壁を外し、このemotionにあたる感じるを意識上に開放する
ことが感じ切ることだと表現されているのではないでしょうか?

…ところで。

瞬間的、もしくは連続する激しい負の感情は、emotionそのもの
よりも、意識への壁、心理抵抗・心理ブロック(観念)の強さ
また、それとの摩擦の強さを表すようにワタシは考えています。
罪悪感や許せなさといった責める気持ちも、この抵抗や
摩擦の働きにあたるのではないでしょうか?)

感情に翻弄されてコントロールを失い、さらに心の傷を深くするリスクを
減らすために、むしろ積極的にその心理抵抗・心理ブロックの部分に
意識の目を向けていくスタンスを個人的には支持しています。

それは、mindの部分を活用していくというものです。

感情を感じられなくなる、時々感情の爆発を起こす、無気力、憂鬱が続く、依存
神経質(細かく観念のフィルターを通す)、理性によるコントロールが不能になる
…などの心の不調や病


(さらに次回に続きます)

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-04-03 13:54 | ココロのカラクリ | Comments(0)
「感じること」と「気持ち」
コメントの中に「感じ切る」ことについてのお話をいただきました。

これは心のケアにとって、とても大切な部分でありながら
様々な心理体系や療法によって言葉や表現方法が異なり
自分なりにまとめてみたことがないことに気づきました。
これを機会にあらためて考えてみようかと思います。
(茉莉花さん、どうもありがとう^^)

英語では気持ちをあらわす言葉が、おおよそ
以下のように分かれているようです。

emotion
これは喜怒哀楽といった基本的な感情であり、とりわけ
激しく動く感情を表す言葉だといえそうです。
動的・瞬間的・受動的

feeling
これは一般的な感情や感覚に当たるようです。
物事に対して感じるといった反応の部分を
主とした言葉だといえるかも知れません。
動的・やや状態的・受動的

mood
こちらは気分に当たる言葉です。
上の言葉に対して、ある程度継続した状態
表す言葉のようです。
静的・状態的・受動的

mind
この気持ちには、能動的な意志
知性が加わり、精神の座の意味もあります。
静的・状態的・能動的

( )内は、ワタシの勝手な分類です。ご意見ください。

心の分野では、感じる、感じ切る、感じ取るといった言葉が
多用されていますが、例えばこの3つがすべてベツモノである
ということを理解することが難しく、混乱しがちではないか?と
つねづね考えていました。

脳科学においても、反応・活動する部分が異なりながら
密接に絡み合っているというような働きが明らかになってきて
いるようですが…

感情と気持ち、このあたりの構造をイメージできるようになると
いわゆる気持ちの整理のプロセスが見えてくるように思います。

…あらま、長くなってしまいました。
(続きは次回に)

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-04-03 12:15 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り