金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「恐れ」を見抜く勇気
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


イライラする、感情的になる、不安になる
許せない、気が済まない、悲しくてたまらない
気になって仕方がない、モヤモヤする、割り切れない
イヤでたまらない、気持ちが前を向かない
なにかをする(しない)ことを自分に強いる
文句や言い訳が止まらない
突き動かされるような憤りを覚える…


このような気持ちにとらわれた時、ワタシ達はつい
反射的に押さえ込むか、野放しにしてしまうか
どちらかではないでしょうか?
そしてまた、同じ気持ちに悩まされる。

そんな不快のループにはまり込んでしまったら
ぜひ一度自分の心に問いかけてみてください。

一体ナニを恐れているのか?

なぜ恐れ?と不思議に思うかも知れません。
じつは心の奥底の自分では意識したくない恐れ
これらの気持ちを生む根っこになっているのです。

この問いかけに答えることに、心は強い抵抗
示すに違いありません。それでも根気強く
どのような恐れがこの気持ちを生んでいるのか?
心に問いかけ続けてみてください。

たくさんの言い訳が並んだ後に、ハッと
ワタシは〇×を恐れているんだ。
気づくことがあるかと思います。

パートナーに暴言を吐く理由が、相手から認められないこと
さらにはその心を失うことへの恐れであったり

子どもに文句が止まらない理由が、相手から反逆されること
=自分(の価値観)を否定されることへの恐れであったり

その大元は相手との関係を失うことの恐れ。
孤立することへの恐れ。
なにかを得られなかったり、失ったりすることへ恐れ
であることがほとんどです。

自分の中の恐れを、ここまで見抜くことができるようになる頃
自分の気持ちにふり回されることが少なくなっています。

自分の反応と、相手の反応がいつのまにか変化して
その展開の違いに気づかされると思います。

恐れを封じることではなく、しっかり見抜くことこそが
真の勇気だと思うのです。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-06-29 08:30 | ココロのカラクリ | Comments(2)
日本一醜い親への手紙
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


日本一醜い親への手紙(Create Media 角川文庫)

あまりにもショッキングなタイトルを目の当たりにして
素通りすることができませんでした。

ネットで原文・続編の原文が公開されています(した)が
読み進めることがなかなか苦痛でした。
※2016 3月現在 リンク切れとなっています。検索でいらした方にはスミマセン。
追記:2017 2月現在確認のところ コンテンツが変わり、編集されたフリーライターである
今一生さんによる『子育てリストラ宣言』という文章になっているようです。



世間では、愛と憎しみは表裏一体といわれますが

愛を渇望する怒り=憎しみ

なのではないかと、つくづく思います。

その気持ちに気づかないようにやり過ごしても
気づいたがゆえに非難の矛先を研ぎ澄ましても

いつしかその憎しみは親から子へと受け継がれ
その子は親を、または自分の子を、伴侶を、友人知人を
誰かを憎むという連鎖の罠に陥れます。

代わりに無意識に、相手を思い通りにすることによって
愛の代償を得ることを、相手へ(or 相手から)の
愛情と勘違いして必死になる人もいます。

その相手もまた、憎しみの連鎖の罠
引きずり込まれていくのです。

人を呪わば穴二つ

この憎しみの連鎖の罠は、相手と同時に
自分の心を蝕む拷問です。

自分の親もまた、際限なく愛を乞う子どもだったと
深く理解し、『愛への渇望を断念することで憎しみを消す』
という荒行を、その人生に課せられた子ども(成人しても)は
きっととても多く存在します。

愛を渇望する怒り=憎しみ

この心に巣食う伝染病が蔓延しませんように…

親に対する負の感情を意識しようとすることに抵抗
≒拒否感や、罪悪感、恥ずかしさ、責め(られ)るような
気持ちがありませんか?

これらの手紙を目にすることによって、アナタの
心の内の病巣が、その存在を認めて欲しいと
疼(うず)き出すかも知れません。


非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-06-18 10:00 | 親子の関係 | Comments(4)
「痛みの記憶」を開放する
精神分析に「(感情)転移‐Transference‐」という言葉があります。

過去自分にとって重要だった人物(多くは両親)に対して持った
感情を他の人(もともとは治療者)に対して向けるようになるという
現象(―ウィキペディアより)だそうです。

勝手な解釈を加えれば、過去の出来事への感情的な反応
(心の痛み)が、その時に未消化のまま封じ込まれ
現在の出来事に触発されてわき起こることだと
いえるのではないでしょうか?

現在起こる問題が、過去の誰か・何かの出来事から
時空を超え移動して再現されている。

今ある夫婦や親子関係、人間関係のトラブルすべてが
前の世代から(悪化し?)継承される代理戦争だと
考える専門家もいます。

この怒りや憎しみの感情を、消すという言葉は当たりませんが
きちんと認識し、開放(他者にぶつけるという意味ではなく)することで
その感情の自動再生を和らげたり、防いでいくことは可能です。

痛みのあまりぶ厚いカサブタで覆ってきた心の傷の膿が
自分が望んでも得られなかった、許されなかった状況やありさま
を得た他の人の姿に刺激されてズキズキ痛み出す

そのような刺激から逃げ回ることが、一つのテですが
その心の内と向き合わない限り、うっかり刺激に
出会うたび、痛みは果てしなく繰り返されます。

キュウクツで生きづらいのは、そのせい。

この膿のありかを知り、そのカサブタに切り込む。
そして膿みを出しきる
当事者にとっては、とても勇気のいるチャレンジです。

誰かを非難し、正すことでは、けっして癒されません。

その怒りや憎しみ、心の痛みを初めて感じたエピソードを思い出し
それが自分のせいではないことや、さらには当時の親の限界を認めて
自分が安心で幸せな子供時代を持てなかったこと
その叶わぬ望みを断念できるまで根気よく続けていく作業。

その心の膿は気持ちの表層に出てきたくて
たまらなかったのではないでしょうか?
今表れる怒りや憎しみの感情は、その膿を出しきり
きちんと傷を癒すことが必要だというタイミング
知らせているように思えてなりません。

後の人生を「転移」ではない、今現在の自分を生きるために。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-06-16 09:56 | 親子の関係 | Comments(2)
「すみません」と「ありがとう」
ふと興味深く感じたことがあります。

それはすみませんという言葉。

もちろん感謝の気持ちを表す意味で使われている
のでしょうが、済まないという本来の意味には
むしろ罪悪感といった語感があります。

とはいえ、ちょっとした手助けをした(された)時に
ありがとうではなく、すみませんの使用頻度の方が
高いような気がしますが、どうでしょうか?

ありがとうという感謝の言葉を用いる
本来の感覚は喜びです。

誰かに何かをしてもらった時に、口を突いて出るのは

すみません―申し訳なさ、済まなさ(罪悪感)
ありがとう―喜び、いたわり(感謝)

どの気持ちでしょうか?

アナタも喜ぶことに不慣れではありませんか?

ちなみに中国語ではこんな時とっさに
不好意思という言葉が出てくるようです。

これには恥ずかしい、つまりの意味があり
語感の底のメンタリティを感じずにいられません。

メンツの問題?

ここで思いついたのが、罪悪感も、恥も、
どちらかというと自虐的な感覚だということ。
それを表現したとしても、受け手の喜びには
なり難いのではないでしょうか?

感謝とは喜びのフィードバックだと思います。

互いに清清しくしてあげる(もらう)ために
気持ちよく、ありがとうという気持ちと言葉が
使えるようになりたいと思うのです。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-06-05 08:11 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り