金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

"自分"という名の心の檻
私的な話なのですが、お付き合いくださいませ。

結婚前に初めて夫の実家に招かれた時、脚色された
ホームドラマ
を見せつけられているような気がしました。

きっと世間では、団欒と呼ばれる幸せな風景に違いないけれども
慣れないシチュエーションに出会って、どう反応すればいいのか
迷い、いちいち戸惑い、じつは居心地が悪かったのです。

結婚後には、ようやく望んだ(暴力や暴言、罵声による
支配のない
)穏やかな生活が手に入りました。
ところが、かえって気持ちが不安定になり、それまで無理やり
押さえ込んできた(と思われる)負の感情が暴走しはじめたのです。

ようやく、自分の異常に気がつきました。

些細なことでワケも分からず感情的になったり、滅入っては
死ぬことばかり考えたり、死ぬほどの不安に震えたり、しばらくは
まるで自分の気持ちがコントロールを失ったよう…^^;

宗教に救いを求めたこともありましたが、個人的にしっくりきたのは
心理学・精神医学分野の知識や、アダルトチャイルドなどの
概念を学ぶことでした。

しばらく経って、自分の中にある激しい恐れ・怒りの気持ちに
気づき(その後も長年夢の中でうなされ続けました)、現実の
出来事に触発される不快な感情が、親への気持ちの再生
(親によってすり込まれた条件反射)
なのだと理解し
なんとか実感できた時。
そして、その時々それを自分の心に言い聞かせながら。

今は当時のような得体の知れない生きづらさから
開放されたように思います。

物事や他の人と向き合うことが、苦痛・オックウでたまらないのは

心にある未消化のワダカマリ、過去のエピソードや感情が
起こる出来事に触れ、次々と再生され恐れ・怒りとして
反応しているからではありせんか?

それを信頼・受容という反応に変えることができたなら
その心に、世界はどのように映るのでしょうか?

それに気づくことが、自分という心の檻の扉を開くだと
いえるかも知れません。

自由になるということは、この世から去ることではなく
"自分"という名の心の檻を出ることではないかと
生きて気づくことのできたことにひたすら感謝です。

同じ苦しみを背負って必死にもがいていたかつての親の姿を
今は穏やかな視線でふり返ることができるようになりました。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-08-25 09:43 | ココロのカラクリ | Comments(0)
ふれあい欠乏症
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


…ただ漠然と考えたことです。

最近、認知症の高齢者の方々や、鬱に悩む方々
他にも諸々の精神的な不調(や病)に悩まれている方や
そのご家族に接する機会が重なりました。

脳のホルモンや器能的な問題自体を、原因ではなく
コンディション(状況・条件)としてとらえてみると
具体的に例えれば、骨折による激痛があるとすれば
骨折自体は原因ではなく、痛みを起こすコンディションであって
転倒したことに起因しているというように。


ナニがその状況を引き起こしたのだろうか?
という素直な疑問にぶつかります。

それぞれのケースで、これまでのお話を聞きながら
(個人的な直感ではありますが)
共通していると感じられたことがあります。

それは、精神的に孤立していたのではないか?
ということでした。

人に囲まれながらも、互いに一方的なアプローチであったり
交流があったとしても形式的で、心がふれ合うというような
刺激が乏しく、それに連動する心の動きが鈍化してしまった
ような印象があったのです。

鏡がなければ自分の様相を知ることができないように
誰かの心の反応がなければ、自分の心の存在や
活動も薄らいでいってしまうのかも知れません。

心が動く時、それは感動すること

最近、リアルな経験によって心を動かすことがありましたか?
たとえそれが怒りや悲しみであったとしても。

誰かと心を通わせ合うこと、心のふれあいが満ちることで
心が成熟したり、不調が癒されるのではないか?
本気で思うワタシは単純に過ぎるでしょうか^^;?

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-08-17 09:38 | ココロの不調 | Comments(7)
心の重荷~楯と鎧と剣~
これまでも自意識やエゴについて
自分なりのイメージを書いてきましたが…

ふとそれは心の鎧であり、剣でもある
のではないか?と思いつきました。

では、それは一体ナニを守っているの?

きっとそれは…

弱い・否定的な・ネガティヴな・劣った・不充分な自己
(像・観・イメージ)を守り、肯定し、保つための道具
(機能)だとはいえないでしょうか?

それは折にふれ、個々人さまざまなコダワリ
というカタチになって現れます。

誰かがそれに反すると、すぐさま相手の攻撃と反応し

自分が否定される痛みを感じるが速いか
それはすぐさま許せなさ・怒りという感情を生み
正しさや強さを楯にして相手を責め、攻撃する
という展開につながるように思います。

もともと、自分に対して肯定的なイメージを持ち
満足し、安心していられる人は、過度に自分を守ったり
ましてや相手を攻撃する必要はありません


つい頑張ってしまうのはどんなこと?
そうでない・そうしないと気が済まないことはなに?
そうでない・そうしない人に腹が立つのはどんなこと?
ついついやかましく文句をいってしまうのはどんな時?

その物事は、自分を肯定するために必要な鎧
だといえるのかも知れません。

それは自分自身が、ありのままの自分を
弱い・否定的な・ネガティヴな・劣った・不充分
だと認識していることの裏返しなのです。

重い強固な鎧や剣を、心に装着して歩くには
膨大な心のエネルギーを消耗します。

いつか力尽き、無気力になってしまうのも
無理がないように思うのです。

それを脱ぐための第一歩は、それに気づくこと。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)


[PR]

by dryangle | 2009-08-05 22:09 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り