金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鏡に映るヴァンパイア④
仕掛ける側、仕掛けられる側
ともにコントロール・ドラマを防ぎ、心のエネルギーを
奪い合わないための心得を考えてみたいと思います。

まず第一にそれと見抜くこと

そして自らの態度を反応にまかせず、選択すること。
それはそのままスイッチを自制するということです。

感情のスイッチの自制は一朝一夕には難しいですから
まずは発想・行動のスイッチを切り替えていくように
意識するといいかも知れません。

たとえば…

○そのシナリオから離れる
○ニュートラルな言葉・態度を保つ
○ひたすら受け流す
○しばらく(永遠に?)距離を置く

さらにもう一つ。

これにはこちら側の心の余力を必要としますが
○不本意ではなく、本意で心のエネルギーを提供する

相手の清らかな笑顔を念頭においた接し方を
自分の心に問いかけてみるのです。

(それ自体に激しい抵抗を覚える場合にはまだ時期尚早
さらなるステップが必要だということなのかも知れません。)

相手と自分双方にエネルギーが満ちるようであれば
そこにこそ、真の答えが見つかるのではないでしょうか?

すでにおわかりかも知れませんが、この相手とはたんに
別の誰かだけではなく、物事や出来事自体、そして時には
自分自身
であることをお忘れなきように^^

目の前に現れたヴァンパイアが、まぎれもなく自分の心にある
恐れや怒り・許せなさ・承認への渇望・嫌悪感、そして痛みを
映し出している幻影に過ぎないのだと見抜くことができた時 

―その時アナタの目には、そこにはただ
傷つき苦しむ人間が存在しているだけ

なのだと映ることでしょう。

最後までそれと見抜くこと

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-03-19 09:25 | ココロと思想 | Comments(0)
鏡に映るヴァンパイア③
…心のエネルギーが消耗する時。

相手がコントロールの主導権を握り、アナタから
思惑通りの反応(関心・注目・承認・同情・服従)を得て
満足するという発想から、あたかもエネルギーを奪われた
という表現はたしかにピッタリ当てはまるように思います。

とはいえ視点を換えてみると、それは自分の心の内に
(心理的な)抵抗がわき起こることによる、その抵抗
対決するためのエネルギー消費だという見方も
できるのではないでしょうか?

誰かから「このように感じて」と、気持ちを強要される
ことへの心理的な抵抗を自覚できる時。

具体的には、不安になったり、恐怖にかられたり
罪悪感を抱いたり、無力に感じたり、恥だと思ったり…
そして、落ち込んだり、反発したり、無視しようとしたり。

不本意で嫌な気分

ほとんど無意識とはいえ、つい過敏に反応してしまうのは

自分の側にも、相手の意図に符合する感応スイッチ
持ち合わせているからだとはいえないでしょうか?

仕掛けられたコントロール・ドラマを演じることで

自分の中の記憶や経験・知識や情報に沿って
持ち合わせたストーリーを再現し、不安や恐怖
寂しさや悲しみ、さらには不満や怒りを追体験する。

自分の心 + 出来事 ⇒ 嫌な気持ち(抵抗)

だとすれば、そのドラマは、自分自身が(心理的な)抵抗
起こすシナリオを映し出しているといえます。

心のエネルギーを吸い取るヴァンパイアは自分の心のしくみ!?

もちろん、中には確信犯にも近い強力な仕掛け人もいて
そんな人は、コントロール・ドラマの共演者を探し出すことに
長けているようです。スイッチを持つ人を目ざとく見つけて
仕掛けてくることも多々あるかも知れません。

さらには、そのドラマに抗いがたい魅力的を感じ、こだわったり
関わり合いたくなったり、シナリオに同調することで活気が増し
同じヴァンパイアが目覚めるということさえ起こります
(共通のスケープゴートを得た場合にありがちなパターンです)。

この世界を心のエネルギーを奪い合う戦場にしないために

自分の(心理的)抵抗やそのシナリオを知ることで
やたらと自分の心のスイッチを他者に操作させないように
意識することが大切なのではにでしょうか?

…スミマセン。さらに続いちゃいます。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-03-17 12:42 | ココロと思想 | Comments(2)
●さらに深く興味のある方へ●
一連の話題にさせていただいているコントロール・ドラマ
4つの分類は、もともと交流分析のゲーム理論やユングの流れの
元型論に基づいた発展形だと考えていました。
(多分ベースはそうだと感じますが)あらためてその言葉の来歴を
調べてみると、ジェームス・レッドフィールド氏の「聖なる予言」
という著書につきあたります。

むしろ現代のスピリチュアリズムに分類される著書のようですが
今後はそういった分野も含めてなるべく出典をクリアにしていきたいと
考えています(もちろん個人的な興味ですが^^;)。

エナジー・ヴァンパイア(サイキック・ヴァンパイア)については、
もとは強く干渉的な人を揶揄する言葉として使われだしたそうです。
60年代になってAnton LaVey の著書「Church of Satan」で広まり
オカルティズムが加わってサブカルチャーとして定着したようです。

また心理学者(おもにエナジー心理学系、Dr Silvia Hartmannら)も
心理的なエネルギーのやり取りの際のメタファーとして用いています。

…以上ウィキペディアなどネット上のソースから。

じつは、エネルギー療法エナジー心理学
日・英の訳語の混乱もあって、理解と整理ができていません。
その点はご了承ください。

説明の不備に関しては、詳しい方のご意見やご指摘、情報などを
いただけると大変助かります。
もちろん、みなさまと感想なども交換したいですね。

…よろしくお願いいたします。

次回は、鏡に映るヴァンパイア③です。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-03-16 12:24 | お知らせ・その他 | Comments(3)
鏡に映るヴァンパイア②
以前、友人が少々ヤッカイな法的トラブル
巻き込まれたことがありました。

ワタシには、その分野でサポートできる知恵も知識もなく
重苦しい気持ちをほんの少しシェアできればというくらいの
気持ちで話を聞くことになったのですが…

もちろん友人の方も打ち明けて、共感を得ることで
多少気が軽くなることを期待していたのかも知れません。

話の展開は、まさしく文字通り被害者のストーリー

なんとか気を楽にしてもらえたらと励ましの言葉を探すのですが
伝えたいこと・受けとりたいことが互いに噛み合わない

なんとその後、ワタシは自分でも意外に(!?)思うほどの
重い憂鬱な気分にしばらくみまわれてしまったのです^^;

まるで重たい石を飲み込んでしまったかのように…

たしかに心のエネルギーを奪われてしまったかのような
実感がありました。

その時にこそ、まさにエナジー・ヴァンパイアについて
考えさせられたのです。

ネガティブな感情に怯みながら、よくよく考えてみると
そのトラブルは―

誰でも(もちろんワタシも)巻き込まれる可能性がある。
ものすごい驚愕と、恐怖や不安と、そして怒りがわく。
現実問題としては、自分や家族を守るために、回避・防御をしたり
対処したり、争う手だてを得るための強い勇気が必要である。

―といった類のもので、話を聞きながらリアルに感情を味わい

ワタシ自身が、まるで自分を保とうとするかのように
抵抗している
ことに気がついたのです。

共感というより、もはや感応、感情移入といえるのだと
ようやく後になって気がつきました。

また、むしろその不運ぶりをなんとかワタシに認めさせよう
躍起になる友人に対して、ワタシは自分を励まし乗り越えようとする
別方向へと綱引きしていたのですから、疲れますよね。そりゃ^^;
(友人も意に反して疲れたのではないかなぁ…?)

興味深いことに、ワタシも耐えきれず^^;それを夫に話したのですが
仕事上の専門知識もあり、似たケースと関わることもあってか

悔しいほど冷静に、いくつかの対応の仕方を挙げて
「その友達も早くスッキリ解決するといいね!」とニッコリ。

明らかに認識と反応の違いを突きつけられたエピソードでした。

そして、不思議なことにワタシの心もずいぶんと軽くなったのです。

考えてみると、夫のこういった面を物足りなく思いながらも
(もちろん相手の異なる反応に、さらに抵抗を覚える人もいるはず)
ずいぶん救われてきたことにも気がつきました。

さらに次回へ…

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-03-13 14:28 | ココロと思想 | Comments(0)
鏡に映るヴァンパイア①
一連のゲームの話について、さらに考えていると
ふとコントロール・ドラマという言葉に思い当たりました。

コントロール・ドラマとは、やはり心理分析に使われる
概念の一つです。

子どもの頃、おもに両親との関係において形成される
コミュニケーションのパターンであり、他者との関係において
(心理的な)エネルギーを得るために、ほとんど無意識のうちに
用いる言葉や行動のパターンとされています。

これらは
脅迫者(Intimidator)・被害者(Poor me )
尋問者(Interrogator)・傍観者(Aloof)

の4つの型に分類でき、人によっては二つ以上の型を
使い分けているという研究があります。

脅迫者は被害者を作り、うまくいかないともう一人の脅迫者を生み出します。
尋問者は傍観者を、傍観者は尋問者を生みます。そのようにして
人間関係の中に増殖・蔓延していくといえます。


威嚇し脅迫する人。不幸を訴え罪悪感を持たせる人。
詮索し批判しする人。自分を隠し近寄り難い人。

誰かと会話をしただけで、どっと消耗したような
落ち込んだ気分になったことはありませんか?


一緒にいるだけで、なぜかどっと疲れる人。

これといった原因が思いつかないのに、なぜか
不安にさせられたり、落ち込んだり、空しくなったり
申し訳ないような気持ちにさせられてしまう。
恐れ・罪悪感・劣等感・羞恥心が刺激される。

まるで心のエネルギーが奪われてしまうかのような
激しい消耗感。

そのせいかコントロール・ドラマを行う人は、一部では
Psychic Vampires, Emotional Vampires
名づけられています。

日本ではエナジー・ヴァンパイアという言葉が
多く使われているようです。

とはいえ…
このモンスターを見抜き、早々と逃げることだけが
真の解決法だとはいえないような気がします。

これにもやはり根底では、双方の関係性の問題
しっかりと絡み合っているのではないでしょうか?

…次回に続きます。


コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-03-07 10:30 | ココロと思想 | Comments(2)
●お知らせ●
最近、当ブログや記事の内容とは全く関連のない
コメントが増えてきました。

目にして不快に感じる方もいらっしゃると思いますので
今後はコメントを承認制にさせていただきます。

いただいたコメントはすぐには反映されません
どうかご理解ください。

ご感想やご意見、そしてみなさんとの交流を
お待ちしております。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-03-07 10:03 | お知らせ・その他 | Comments(0)
H・MELTS 自分も…^^;
前々回、人間関係を損なう法則
話題にさせていただきましたが

その後、自分の発言を意識して(正確には省みて)
みると…

やってます、やってます、やってのけていますっ!^^;

● H (キメツケ)→ 「そういうのは、間違いなく○×だよ~!」
● M (サキヨミ)→ 「それって、○×だということ?」
● E (評価)→ 「きっと、○×ということだよね」
● L (レッテル)→ 「△×って○×なんだよ」
● T (脅し)→ 「△×だと(じゃないと)、○×になっちゃう(ならない)よ」
● S (一義化)→ 流れが変わっているのに、話を蒸し返してしまう。

話の内容が明るく、相手に対する同意や同調であったり
また予定調和的な展開が前提であれば
大方問題にはならなそうですが―

不必要な自己主張や、相手を責める気持ち
反対に自己防衛的な気持ちによって発すると

明らかに対立したり、気まずーいムードになります。

はい、なりました(反省)!

今まさにそんな言葉を口にしながら

おいおい!ナニを言ってんだワタシ!

とハッと気づき、いきなりトーンダウン…したり
もう勢い任せに突っ走ったり(やめられない~止まらない~)。

知識や理解と、その場の思考や行動(発言)との
ギャップを自覚し唖然としました。

...be conscious.

相手と自分の笑顔をイメージしながら
ふさわしい言葉を選べるようになりたいです。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-03-03 12:36 | 周囲の人との関係 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り