金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

善悪と寛容・非寛容
今回はお伝えしたいことがアタマの中であまりキチンと
まとまっていないのですが…
見切りスタートで書き出してみます。

最近たまたま重なった出来事をキッカケに考えさせられた
テーマです。

他の人の負の部分(行い・考え)
イメージしやすいように、具体的にこれをうそをつくこと
だとしますね。

これに対する考えが、ヒトそれぞれに異なるのは当然だとして。

私は絶対にウソなんてつかない(つけない)
ウソをつこうだなんて信じられない!


私も切羽詰まった時や、咄嗟のウソをついてしまう。
良くないことかも知れないけれど、気持ちはわかる。


とまぁ、このようなコントラストを見せつけられる場面に
やたらと出くわしたわけです。

ワタシ自身それらの負のあり方(上の例えではそのウソ)に
けっして賛同したり共感することはなかったのですが、
前者タイプの人の拒否・拒絶感や反発・攻撃の強さ
ちょっと(いえ、かなり)驚かされました。

善悪で判断すればたしかにヨクナイ。

でも突き放したような、一刀両断の厳しさ
それもあまりヨクナイだろう?と違和感を覚えつつ…

もしかしたら、このタイプの人はまったく同じように自分自身をも
裁き、責めているのではないか?と直感的に思ったのです。

(自他に限らずなにかを)責める気持ちは、怒りはもちろん
恥や罪悪感、恐れや不安となって心の表層に表れるようです。

そんな心の動きに疲労してしまったら

どうして、許せないのだろう?
どうして、理解しようと思えないのだろう?
どうして、瞬時に反感を覚えるのだろう?

ちょっと意識して自分に問いかけてみて下さい。

ささやかなウソから、社会をゆるがす犯罪まで

それに過敏に反応する心の中に、思いもよらない
大きな痛みが隠されていることがあります。

経験から(のみ)感じたことですが
心が健康な人は、ある程度自然な寛容さを持つように
思います。

物事をまずは受け容れてみようと意識することによって
(実際に無理して受け容れることではないです。念のため^^;)
自分の心の強張ってしまった部分に気づかされるのでは
ないでしょうか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-06-29 11:13 | 周囲の人との関係 | Comments(8)
シアワセの在りか。
以前まで、脳の中で喜怒哀楽といった感情を司るのは
辺縁系(古・旧皮質)だと通りいっぺんに理解していましたが

最近は、本能的な怒りや恐怖といった本能的な感情は
旧皮質。
同じ感情でも、進化の過程で備えるようになった
喜びや悲しみなどの高等な感情は、新皮質
(とくに前頭葉)で生み出されるという説明が目につきます。

この部分は霊長類や一部の哺乳類しか持っていません。

喜びや悲しみなど、とりわけ意義づけや評価によって起こる
感情は別格。…むしろ腑に落ちたような気がします。

小難しい話を脇においても、単純に反応機能としてではなく
意識や人格、思考、自発・柔軟性といった作用が
密接に絡んでいると考えるのが自然ではないでしょうか?

なにを言いたいかというと。

残念ながら、感じ入る/感じ取るという気持ち
たんに快楽ではないシアワセを感じる能力
当たり前にあるものではなく(実感している方も多いでしょうが)、

その感覚・能力を切り拓くモノ。

そんな風に意識して、シアワセの宿るスペース
自分の中に広げていけたらいいなぁ…と考える昨今です。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-06-17 15:18 | ココロのカラクリ | Comments(5)
異常な「ハマり過ぎ、拒み過ぎ」
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


なにかにハマり過ぎたり
(やり過ぎる・コントロールできない・やめられない)
拒み過ぎたり
(したくない・嫌悪する・受け入れられない)
という傾向はありませんか?

アディクション(依存)と拒絶(恐怖?)というのは
方向性は違えど、どちらもある種の強迫観念
表れのように思います。

これまでに知るケースからの想像に過ぎないものの
多くの場合、それぞれ「直接の対象」への
渇望や拒否から心をそらすために、別の物事に
強迫的に執着したり・恐れを持ってしまうということが
起こっているような気がしてなりません。

つまりアディクションの場合、本当に渇望しているモノ
何かを拒む場合には、本当に強く拒みたいモノ

を、心が認められない、認めたくない場合に
その代償作用として強く表れるように思うのです。

耽ること・拒むこと、さまざまな物事が考えられます。

食べること、セックス、お金、人との関わり、ネット
物集め、買い物、学習、仕事、ギャンブル、タバコ
お酒、ダイレクトなケミカル…

また執着と拒絶は、薄皮一枚でどちらかに転じやすい
密接な関係にあるようです。

なにか(誰か)への渇望が、別のなにか(誰か)への拒絶
として表れたり
なにか(誰か)への拒絶が、別のなにか(誰か)への執着
として表れたり

もっとも防衛機制として知られる欲求の昇華のように
別のなにかで自己実現が図れればいいのでしょうが

それが自分自身や周囲に真の喜びをもたらすあり方だと
思えない時には

自分が本当は何を欲し、何を拒んでいるのか

勇気を持って一度じっくりと考え、向き合ってみることが
必要かと思います。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-06-10 09:44 | ココロのカラクリ | Comments(1)
自分の輪郭(セルフ・イメージ)を見直す②
― 自分が窮屈に感じられる時 ―

自分を意味づけするさまざまなラベルが
というアウトライン・輪郭をカタチ作ります。

そこには一般に性格と呼ばれる部分、何をどう感じるか?
どう考えるか?といった気持ちのパターンやクセ、つまり
心のあり方も重要な一部ですね。

これも自分では当たり前過ぎて、どんなモノか
あらためて知ろうとはしない人、こうと決めつけたままの人も
多いように思います。

「私なんて、どうせ…」といったネガティヴな気分が常態になり
自分はそういう人だとあきらめていませんか?
余談ですが、こういう方は周囲の人もそういう人だと決めつけがち^^;

それはもしかしたら、過剰なまでに自己イメージ
(外見・立場・役割・嗜好・不憫さ・被害者意識など)に
こだわっている証しかも知れません。

アタマの中で自分がオシャベリを始めたら
ぜひ心を澄まして、その内容に注意してみてください。

良い・悪い、正しい・間違っている
そんな評価をなるべくしないようにして…
どんな気持ちで、どんな言葉を発していますか?

少し慣れてくると

批判がましい、疑い深い、僻みっぽい、卑屈
無理やり肯定・否定しようとしている
過去に結びつけがち、決めつけている
正しさにこだわっている、「べき・ねばならない」が多い
言い訳がましい、優位に立ちたい、つい反発・拒絶してしまう
…もしかして、なにかを恐れている?
(もちろん、積極的で肯定的な発想ならいいですね^^)

きっと、いろいろ気がつくことができるでしょう。

ちなみに昔、ワタシはモノが見当たらなくなる度
なぜかふいに誰かが盗ったという考えが起こり
その不合理さを自分で苦笑するほどでした。


すべてが同様に、気がつかないだけで当たり前に
自分の認識・考えの流れのパターンに縛られている
といってもきっと過言ではありません。

すべて今の自分維持するため、守ろうとするため
心の作用だとはいえないでしょうか?

そんな自分が窮屈に感じられて、悩み、苦しむ時
(だからこそ、眼を向けようとするのでしょうが^^;)
ぜひ、自分の輪郭に注目し、見直してみて下さい。

それは新たな発想・視野を切り拓く足がかりだといえます。

そんな時こそ自分が、窮屈になった殻から脱皮して
一回り大きく成長するチャンスなのかも知れません^^。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-06-02 10:47 | ココロのカラクリ | Comments(3)

Illustration by ふわふわ。り