金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

自分の価値って?(2)
はてさて、強迫観念とは対極のベツモノ

前々回の動機の話にもつながりますが
多分、きっと、経験がありますよね?

誰に褒められなくても、評価や報酬がなくても
つまり他者の評価が介在しなくても
そうある(している)瞬間が、そのまま自分の歓びであり
満足であること。成果はオマケ^^

無我夢中になっている状態。

音楽や芸術の創作や鑑賞、スポーツ(&観戦)の最中
自然への感動など…

身体や感覚器官を通して純粋に意識として存在する
自分を実感できていることってありますよね。

そんな状態が、条件抜きに自己の存在を認めることのできる
実感へと結びつくのではないかと思います。

それは自分の成すことを評価した価値ではなく
そうあること自体が、過不足のない価値だという
自己の存在への確信につながる体験でもあります。

しっかりしたセルフエスティーム(self esteem)というのは
こういった(客観的な評価にとっては)根拠のない信頼感
といえるもののような気がします。

この場合の競争というのは、先ほどのスポーツのように
それを認識するための交流の一つに過ぎないのかもしれません。

多くの場合、成果や結果もそれに付随しているように思いますが。

欲求段階説で有名なマズローは、自己実現のための認識の
あり方を、B認識(B=Being)と名づけました。
これに相対するのがD認識(D=deficiency=欠乏)だそうですが
この欠乏の認識が、強迫観念を生むといえるのかも知れません。
(コップ半分の水を「まだ半分ある」とするか「もう半分しかない」とするか
の例えも、やや似ていますよね^^)

B認識による自己の価値の発見(再認識?)
それが自己実現の本質ではないでしょうか?

自分のすでにあることの価値を再認識してみませんか?
それはとりもなおさず、周囲や世界のありのままの価値を
再認識することへと通じます。

自分を、そして自分の居場所すべてを信頼できる時
自分にとっての世界の色合いが変わるに違いありません^^

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2011-05-13 09:30 | ココロのカラクリ | Comments(1)
自分の価値って?
みなさんが自分について、強く認識したのは
いつ頃のことでしょうか?

思い出すのは7・8歳の頃だったでしょうか
ふと自分という存在に興味を持ち始め
手にしたメジャーでそれぞれの指の長さから腕、足、顔など
思いつく限りいろいろな部分の長さと太さをを計り
紙に記した記憶があります。

さかのぼる限り、自分という存在に関心を持った
初めての記憶だったように思います。

その頃はまだ、認識した自分(例えば身体のサイズ)に対して
良し悪しや是否などの評価をすることを知りませんでした。

…いつからだろう?それを評価するようになったのは?

自分に気づいてほどなく、外側にそれを
評価する基準があることを知るようになりました。

あの日、メジャーで身体のサイズを計ることに夢中になったように
さまざまな尺度によって、自分(の能力、技能、成果)を計ることに
興じはじめました。

ところがいつしか歴然と他者からの評価の機会の方が増し、優先され
その価値自体(評価を高めること)が、自分の存在の条件だと
思い込むようになってしまったのです。

自分の存在価値を探し、さらに高めようと悩み、もがき、努力し…
時に停滞し、挫折しながらもそうあるべきという
強迫観念がすっかり出来上がっていきました。

そのまま大人としてずいぶん長くやっていると、新たに

その評価の尺度や比重が曖昧、かつ千差万別で
その評価を与える側よりも求める側が絶対的に過剰であること。

「認められたい」が、積極的受け身ともいえる「認めさせたい」にまで
発展し、「認めさせ合う」対立(競争)関係に疲れ果てている人が多いこと。

…などに気づき始めました。

自分の価値とは、そんな逆境の中にあって誰かから自己の存在の
評価や承認を得る(認めさせる?)ための武器に過ぎないのでしょうか?

純粋に自分にとっての自分の価値とは?

それは自分の価値をひたすらに保とうとする強迫観念とは
対極にあるベツモノといえるのかも知れません。

次回は、そのベツモノについてさらに掘り下げてみたいと思います。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2011-05-10 09:53 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り