金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

RPG(1)
コンピューターゲームについてはまったくの苦手分野なのですが
子どもの興味を知るために一度だけ、あるゲームをコンプリート
したことがあります。

いわゆるロールプレイングゲームという類のもので、主人公が
仲間と出会い、謎解きや戦いを経てタスクを完遂する、という
ストーリーがベースとなったゲームです。

現実の生活や人生をこういったゲームに喩えて表現すること自体
当たり前になっていますが、役割やタスク、設定やシナリオといった
視点で人の生き方を捉えてみるとなかなか興味深いと思います。

誰もが普段は意識していませんが、自分や周囲との関係の中で
成り立つアイデンティティ(役割)に自己同一化しています。

多分ですが、その人自身にとって死んだら意味のない^^:すべての
物事がアイデンティティ(役割)の構成要素になり得ます。

さて役割という言葉は、同時にそのタスクも意味します。

女性の役割、母の役割、親の役割、社会人の役割、大人の役割
職業の役割、家族の役割…

アナタはいったいどれほどの役割を背負っているでしょうか?

ワタシ達は自ら役割を設定し、付帯したタスクをこなさせる
プレイヤーであるともいえそうです。

ところが、役割が自分のすべてであると勘違いしてしまい
画面の中のキャラクターさながらに、タスクをこなしていくことで
喜びや安心を得たり、反対に力尽きたり、行き詰まったり。

中には、本当に人生のゲームオーバーにまで追いつめられる人も。

こういった比喩が、つねづね提案させていただいている
自分を別(外側)の視点で見てみませんか?ということの
理解しやすい一つのイメージにつながるように思いました。

自分がその役割そのものだけでなく、それを設定した側、つまり
その画面の背景やタスク、敵キャラや障害を選択してゲームを
楽しんでいるプレイヤー、さらにはシナリオをプログラミングする
立場(視点)から自分を眺めてみると違うモノが見えてくるはず。

…次回に続きます。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2011-08-29 10:38 | ココロの不調 | Comments(0)
サンスカーラ
仏教用語にサンスカーラという言葉があります。

これには行為と言う意味があるそうですが、たんなる行いのみではなく
各人の業に(蓄積された思考や感情)の想念による無意識の働きかけや
行動
、さらにその影響(制限)をも含むものだそうです。
*出来事そのものの積み重ねがカルマ/心への刻印がサンスカーラ

認知の癖(思い込み)や主観と言い換えてみると、なにやら心の世界の話と
共通しますが、同種の事柄が別の概念によって表現されているようにも
思います。

仏教では、その思い込みや主観、執着(煩悩?)と現実のあり方のギャップ
からわき起こるを、それらを(見抜き理解することで)滅するための
修行を勧めますが、心の不調を整えるというのも、ある意味で似たような
ことではないでしょうか?

サンスカーラに惑わされることなく、ありのままの世界を認識することで
不必要な煩悩を捨て、苦を滅する。

「自分」という思い込みや主観に気づき、それらのフィルターのない
ありのままの認識を心がける。

その都度、怒りや抵抗感、許せなさ、受入れにくさ、嫌悪感、不安、恐れ、
悲しみ、こだわり、恨み、罪悪感や被害者意識(これ自体が苦?)といった
ネガティヴな気持ちにぶつかり、さらなる葛藤へと誘われていきますが
裏を返せばそれがわき起こる時ほど、自己の思い込みや観念の
実体が顕われていて、とらえやすいということなのかも知れません。 

それに気づくこと。

心理療法には、認知(識)のあり方を正したり、反応としての感情を
解放することで起こらなくする、また神経のシステムを利用して
自動的な反応を換える•回避するなどといった方法論があります。

サンスカーラを乗り越えていくための修行に通じるものが
あるのかも知れませんね。

それに影響されずに、ありのままの世界を見ることができるように
なるのが覚醒(悟り)とされますが、となると多くの人の心は
すでに病んでいるともいえそうな…^^;

もう少し掘り下げて考えていきたい話です。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2011-08-15 13:36 | ココロと思想 | Comments(0)
残暑お見舞い申し上げます。
諸事に忙殺されゴブサタしてしまいました。

意味不明のコメントも増え、あわてて更新しています^^:

自分の中で想うところに、いろいろと変化もありましたので
またポチポチ綴っていきたいと思います。

今後ともよろしくお付き合いくださいね。

とりあえず、継続表明。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2011-08-15 09:34 | お知らせ・その他 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り