金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

教育虐待
いつものようにネットサーフィンをしていたら
毎日新聞のサイトに教育虐待という記事を見つけました。

言葉の暴力や体罰を伴うことがなくても、一方的に指示を
与えるプレッシャーを表現したやさしい虐待や親の愚痴
などの心の重荷を背負わせるきれいな虐待という言葉を
少し前に知ったことに加えてこの言葉を目にしたので

「子どもの本来性が押さえつけられている(三番目の記事から)」
ことをただちに虐待と名付けてしまうのも過激ではないかな?
abuseとも語感が違うような…と

虐待という言葉が乱用されている感を覚えながらも
読んでみると、考えさせられる点が多々ありました。

親から過剰な教育を強いられる。親が意のままに子どもを
操ろうとし勉強の成績でしか子どもの存在価値を認めない。

それは時に精神/肉体的な暴力へとエスカレートします。

それらは痛みや怒りの反応/発作症状(≒怒り)とも
いえるかと思いますが、それを誘発するのはやはり恐れや不安。
焦りや罪悪感、劣等感、強迫観念…といった負の感情です。

喜びへの期待から、自己の負の感情の対処へのそれに変わる。

不本意なことを期待されるのは励みではなく重荷になり
そしてすでに重荷以上に過酷な現状があるようです。

子どもの受忍限度を超えて勉強させるのは『教育虐待』になる。
(武田信子教授 前述の記事から)

自分も何かを強いられ、また自らにも強いてきた親にとっては
我が子の受忍限度がどれほどなのか、もとより自分とは違った
受忍限度があると認識すること自体難しいことかも知れません。

これもやはり親の側の不安や痛みの反応

それに気がつかぬまま、狂気にまで走る悲劇

この言葉がたんにレッテルを貼ることではなく
親当人の認識や自覚を促し、その罠に落ちることを防ぐために
役にたつことを願わずにいられません。

多分哲学のauthenticityではなく、spontaneityのニュアンス
だろうと思うのですが、自発性や自然さといった意味を持ちます。
専門家は一般に語感が浸透してない言葉を使いがちですね^^:


コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2012-08-23 14:57 | 親子の関係 | Comments(0)
気持ちよく受けとれますか?
褒められる、おごられる、してもらう
プレゼントされる、やさしくされる

「なんだかニガテだなぁ…」って思ったりしませんか?

率直に嬉しいよりもまず先に

気が引けるような、悪いような、気が重いような
申し訳ないような、もったいないような、
心苦しいような、イケナイような?

その不快なモヤモヤは

相手の下心に対する警戒心が作動したもの

じつは押しつけ/要求によるやり取りのパターンが
心の底に定着してしまっているからなのです。

相手の要求の対価としての喜びしか与えてもらえない。
自分の欲しいモノではなく、相手の与えたいモノを
押しつけられる。
さし出したくないモノを当たり前に要求される。

そのような経験を多くしてきたのではないでしょうか?

ヤッカイなことに、そのモヤモヤはけっして見返りや
下心のない真心を差し出された時にさえ敏感に反応して
誤作動してしまいます。

そんな気持ちがわいた時、ちょっと試してみませんか?

真心はもちろん、見栄や形式くらいの下心を感じても
その抵抗をしっかり意識して喜んで受けとってみる^^

ありがとうの言葉で等価交換完了

悪びれることなく「ありがとう!いただきます。」

もしも、欲しくもないのに無理に押しつけられたり
応じたくない期待や要求を確信したら
(なんと遠慮を期待しているヒトさえいます)
「ありがとう。お気持ちだけいただきます。」と
ハッキリ(?)断りましょう^^:

受け取り上手/断り上手もスキルの一つかも知れませんね。

そしてどうか自分自身も、相手に真心を贈ることを
意識してみてください。

(貸し借りも含めて)やり取りが、お互いにとって
気持ちのよい喜びのイベントとなるように。

それは自分にも(もしかしたら身近な相手にも)
喜びを許可するためのステップです。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2012-08-10 13:57 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り