金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

意識の焦点を切り替える
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


曖昧かつ混同されがちですが

相手がどう思うか?



相手にどう思われるか?

を気にすることは

似て否なるものです。

その主語を探せば明らかになる通り、
誰の気持ちを気づかっているのか?という対象
つまり意識の焦点が180度異なります

問題は、じつは後の場合であるのに、巧みに、さらには
無意識に、前の言葉にすり替える人々が多いこと。

とはいえ「他者のそれに気がつけ」ということではなく
自分のそれに気づくことが大切なのです。

意識の焦点が自分にしか向いていない
相手がナニをどう思うか?ではなく、相手が自分をどう思うか?がつねに焦点)

という人は、心に重い荷物を背負ったまま
暮らしているようなものです。

喜びや楽しみを他者と分かち合えず、実感も薄く
苦しみを一人で抱え込んで疲労しがちかも知れません。

スイッチを切り替えて、相手/他者の言葉や行動は
(是非や理屈や決めつけではなく)どんな気持ちから
くるのか?
じっくり聞き入れ、受け容れ、観察してみませんか?

もちろん、自分を脇に置くことがニガテでしょうから
しばらくお地蔵さんになったイメージで(笑)

つい相手から目を(心を、意識を)自分の側(の言い分、どう思うか)
反らしそうになる自分
に気づいてみてください。

パートナーと、我が子と、友人と…

必ず見えてくるもの、変わってくるものが
あるに違いありません。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-02-22 12:35 | ココロのカラクリ | Comments(0)
神経過敏は心のアレルギー反応
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


怒りっぽい人がいます。
アタフタ取り乱しやすい人がいます。
不安になりやすい人がいます。
落ち込みやすい人がいます。

物事に過敏な人、またそれを自覚する人は
かなり多いのではないでしょうか?

大抵の場合、自分がディスカウント() された 
ディスカウント―値引きすること。この場合は自分(や家族など身近な人、所有物)の
価値が値引きされること。具体的には、侮辱(バカに)される、脅かされ(てい)る、
支配される、無力にされる、損なわれる、束縛される、など。

ように感じたら気が気じゃない」といった状態に陥ります。

さらにはそれを警戒して、いつもビクビク・オドオド・ピリピリ。
心が休まる暇なく、慢性の精神消耗状態^_^;

この「気が気じゃなくなる」ツボというか、スイッチは
「守らなければ」と防御の心を発動させるボタンです。
それを押されることで怒りや焦り、不安、恐れなどの負の感情が
わき起こり、具体的な行動へのエネルギーになります。

それこそ「突き動かされる」ようなカンジで。

冷静にならねばと頭では理解しながらも、じつに抗い難いこの
エネルギーこそが苦しみの本源ともいえるとさえ思います。

このボタンのセンサーの敏感さや発動エネルギーの強さにも
個人差があり、過去に強い痛みを経験するほどにより過敏に、
より強く反応します。

つまり自分の心の中に、ある種の出来事によって引き起こされる
痛みや恐れがより強くあるといえそうです。

自分は弱い、周囲は自分を脅かし、傷つける。
なんとかして守らねば


…という過去の自己設定を、あたかも確固たる真実として
現実に反応しているといえます。

これを緩めていくには、少しづつ自分と周囲を信頼する
勇気を持つことではないかと思います。

不穏な気持ちがわき起こった時には、その都度
「もしかして(過剰に)自動反応しているかも?」と
胸の内に問いかけてみてください。

自分が反応していることを見抜くこと。

その上で、なんらかの対処が必要かどうか?
必要であれば、ピンポイントでそれを考え行動する。

自らがバカバカしいと思えるような行動はとらない。

「うまくいくはず」という信頼をまずは自分自身に。
そして周囲の世界と、現実に。

自分にとっての世界の「場のもつ意味」が
変わっていくことでしょう^^

追い風の世界を生きてみたいと思いませんか?

―神経過敏な自分にふり回されていると感じたら
こちらの記事自分という名の信念愛情の科学もどうぞ^^―
新しい関連記事です^^→ 「新・神経過敏は心のアレルギー反応」

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-02-12 13:03 | ココロのカラクリ | Comments(0)
「見栄」を張らせる強迫観念
思わず、反射的に、無意識に、つい
見栄をはってしまうことってありませんか?

知っているフリをしてしまう。
事実と違うことを言ってしまう。
隠してしまう。
飾って(盛って)しまう。
オープンにしたくない。


見栄の理由には二通りあるような気がします。

●優越したい
●軽蔑されたくない、責められたくない

どちらも心に潜む自(尊)意識からの反応ですが
(そして両者はコインー同じ意識ーの裏表)
前者は意識的に快感を得ようとするのに対して
後者の方は不快に疼くために、意図というより
止む終えず、もしくは咄嗟に起こるように思います。


一般にはこれらを劣等感があるといいますよね。
恥や自己嫌悪、なぜか後ろめたさを感じるのも同じ類。

軽蔑されたり、責められることへの恐れ

このために誰かや何かを遠ざけたり、神経をピリピリさせて
気持ちが消耗したり^^;
そんなことがパターン化していませんか?

どうして、つまらない見栄を張ってしまうんだろう?

そう思った時には、自分の心の中の痛みと向き合う
キッカケ、チャンスのように思います。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-02-01 08:43 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り