金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

自動接続を解除しよう♪
心のシステムの人格にかかわる部分には
その形成とともに(理想の)自己強化・監視・保全
システムが備わります。

これはじつに強力かつ抜け目ない!

出来事の刺激のみならず、内面に展開する思考のパターン
―罪悪感、劣等意識、被害(責)妄想、喪失感―がそれに障ると
警告として

怒りと恐れのいろいろなバージョンとしての
不安、イライラ、焦り、モヤモヤ、ムッ!、ガッカリ
ションボリ、ズキズキ、ジクジク…

といった抵抗(負の感情)がわき起こります。

これを処理できずに溜めこんでいくと、自分の内側から先に
あげた思考パターンと警告感情が絶えず発動し続けるような
心のクセという状態に陥ります。

なにかにつけて腹が立ったり、文句ばかり
いつも気がかりや不安でいっぱい

そんな状態になったことはありませんか?
周囲にいませんか?こんな人

このような人は、すべてが自分を脅かす、敵や
不安材料ばかりの世界に身を置いています。

むしろ自分を防御するため、他と敵対するために、周囲を
大切な相手さえも脅威とする認識を育て上げます。

アラームが鳴り響いた時、それを聞こえなくするために
自分の気持ちを捻じ曲げたり、相手を組み伏せたりせずに
その自動接続を断つ方法があります。

それは気づきと自分への問いかけ

それが自己の強化・監視・保全システムによる
抵抗のアラームであると気づくこと。

そして、なにに、どのように抵抗しているのか?
自分に問いかけること。

その抵抗は不必要だと自分に宣言すること。

そのためには負の感情や自分(という心のシステム)から
目をそらさず、向き合うことがもちろん大前提となります。

最初はとても辛い作業になるといえますが、四六時中
アラームが鳴り響くことがだんだんなくなっていきます。

それとともにだんだんと取り戻せる心と気持ちの余裕。
忘れかけていた穏やかさや好奇心、意欲や充実感
そして心のつながり^^

ぜひ想像してみてください…

周囲が、世界が、つねにやさしい味方であるとしたら
人々はどんなふうに生き、どんな社会を創るでしょうか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-03-15 08:57 | ココロのカラクリ | Comments(0)
ネポティズム〜内集団への偏向〜
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


この言葉は、社会学で使われるもので「縁故主義」という
意味を持ち、うちわびいき、コネ重視、身内主義といった
ことを表すそうです。

これを集団のアイデンティティという心理的な視点から
考えるとなかなか身近な興味深い話題となります。

国籍や性別、組織、ライフスタイル…

たしかに人は、集団として括(くく)る枠の外よりも
内(自分)の側に属するもののほうが、より良く
優れていると思いたがる
傾向にあるといえます。

個人単位の自己と同様にその自尊意識を守るためなのだと
考えられますが、一方で劣等感を癒すために、外の集団を
自分達のそれより劣るものとして卑しめ、貶める
ことも
起こります。

これがいわゆる差別意識のカラクリであり

内集団の優越/劣等意識が強いほど
他集団への差別意識が強い


という傾向は歴然としているかと思います。

さらに別の傾向性として、個人の自己の劣等感が強いほど
集団のアイデンティティに帰属したがる
ということも
いえるのではないでしょうか?

もちろん共通項が多いほど親近感がわき、結束が強まることで
帰属意識が満たされたり、充実感や安心感を得るというのは
利点には違いありません。

とはいえ、構成する個々人の劣等感や自我意識の弱さによって
その枠を自分を縛る鋳型に、また排他的な鎧(よろい)
化してしまうことには用心しなければならないと強く思います。

反面で同族嫌悪という真逆の感情も存在、影響しています。
これについてはまた別の機会に考えたいですね^^

ネットのコミュニティなどでも、よく(より一層?)見受けられ
あからさまな対立や攻撃(否定、批判、侮蔑、嘲笑など)が
起こっています。

今一度、自分の関わる集団と自身のあり方を意識してみては
いかがでしょうか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-03-06 08:39 | ココロと社会 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り