金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

手放すって 「問題にしないこと」
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


これまでずっと意識をすることについて
ふれてきました。

今回の内容は、一見あたかも矛盾するかのようで
うまくお伝えできるといいのですが…

問題(と感じられるもの)を自分の内側と外側とに
分けてみると、混乱が少なくなるように思います。

自分の心の内と
外側といえる自分や周囲のあり方と

外側の問題は意識を向けるほどに
自分の考え方、感じ方をより強化し、固執し
大きくなっていき(いくように感じ)ます

だからこそ、意識の目を内側に向けることで
そこから目を反らし、かつ考え方や感じ方が
自分というクセであるという気づきを
得ることで新たな選択の可能性を開きます。

ところが、自分の内面と向き合うつもりでいたのが
ついどうしても外側(※とくに自分のあり方の)問題に
意識が集中し、それを変容しようと理由や原因を考え
固執することにすり替わっていってしまう場合があります。

さらには、そういう自分を確定・強化してしまう。

※この辺りがトリッキーなのですが、外への働きかけ
「自分のあり方」も外側の問題なのです。

じつは、これはこれでパターン化している人も^^;

もちろん他の人や状況のあり方に対しても同様ですが

知らぬが仏という言葉が示すように
出来事の事実そのもののあり方ではなく
自分の受けとり方(考え方や感じ方、それに伴う
身体の反応)が、とりもなおさず苦悩の本質です。

そのあり方がさしたる 「問題にならない」(ようになる)
過度に心の負担にならないこと。

これが一種の手放し、癒し、解放の成果になるかと思います。

そのためには、敢えて(外側の問題に)意識を向け過ぎない

とりわけ煮詰まった時こそ、とくに外側において
自分が喜んだり、安らげるものに意識の目を向ける

闇ではなく、光の方向に顔を向ける。

とは、そういうことではないだろうかと思うのです。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-04-30 10:30 | ココロのカラクリ | Comments(0)
劣等意識~消極的欲求~
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


心理学や宗教をかじり始めると、言葉や表現は
違えど、必ずといっていいほど出くわすのが

自分の欲(求)に向き合うこと。

たとえば、悩みや苦しみの根っこが
承認(認められたい)欲求だとすると、それが
「確かにあるな~!」とストンと自覚できれば
それと向き合うという次のステップに進めます。

なにかが欲しくて、あきらめきれなくて悩む?

「自分はそんなに強欲でもないと思うけどな…?」

そんな風にピンとこない方が多いかも知れませんね。

じつのところ、やっかいなのは欲の裏バージョン
「それが欲しい!」というダイナミックな欲求ではなく
staticとでもいうのか、「それが(得られ)ないと不安
という感覚。

これを欲求の一つとして掘り出すことが
かなり難しいのではないかな?と思います。

それが(達成でき)ないと

自信が持てない
自分が無力に感じる
惨め、恥ずかしい
将来が不安、心もとない
サビシイ、悲しい
イケナイ(責められている)ような気がする
自分に価値がないような気がする

劣等意識とでもいえるでしょうか?

ストレートな欲求がプラスへの期待なら
それはマイナスを補償しようとする欲求だといえます。

私たち日本人には、文化の土壌のせいでしょうか(?)
どうもこのパターンが多いように思います。

また一見ストレートな欲求に見えるモノの裏に
これがあることが苦悩を生んでいる場合もあります。

今あるものへの感謝の気持ちを阻害する
つまり現実の幸福感から遠のくということ
慢性的な不足感へとつながっています。

親の愛への(もとはストレートだった)欲求不満が
カタチを変えてわき起こることで、現実の人間関係や嗜好
生活パターンのトラブルの根っこになっていることも。

自分の意識⇔現実の認識

こういった劣等意識を「消極的欲求」として
扱ってみると、不満やトラブルを生むパターンを変える
一歩になるように思います。

自分の心を満たすことができるのは自分だけ^^

そして、祈りは欲求からの要求ではないことが
実感できるのではないでしょうか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-04-24 08:10 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り