金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

親殺し・子殺し
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


またまた刺激的なタイトルですみません^^;
あくまで精神的な意味においてのということで。

それが叶わぬ果ての果てに、現実に及ぶこともありますが
本当に必要なことは自分を生かすことなのだと
親も、また(成長した)子の側も気づくことが大切ではないかと
あらためて思います。

誰かのあり方に自分の満足や幸不幸、安心感
その時々の感情までもが大きく左右される。
これはその相手に精神的に依存しているといえます。

もちろん程度問題だといえますが、親子/近親関係においては
それが顕著に表れます。

またそれが他者との関係性に映し出されていくのです。

どちらの側も相手の精神にパラサイトしている限りは
支配(もしくは犠牲)による奉仕(もしくはそれを得ること)を
愛(善、もしくは親孝行)だと勘違い
します。

そういった関係を強いられてきた心が、それと気づかずに
誰かの嫉妬や搾取を恐れてダメダメな自分、不幸なまま
でいることを選んでいることさえあるのです。

それもある意味で、大元は親への忠誠といえるのかも知れません。

もちろん意識の奥底ではその違和感を溜めこんで
膨らませていきます。

関係の上位者は怒りや愚痴、不満、暴言、暴力の人となり
下位者としては、我慢、無気力、鬱、悲しみの人となります
(相手との関係や状況によって異なる気持ちが現れます)。

誰かの精神にパラサイトしているということは、とりもなおさず
その誰かに自分の精神がパラサイトされているということ。

これに気づくことによってその拘束力を無効にすることが
互いに自分の内なる親殺し子殺しになるといえるのでは
ないでしょうか?

ただし、子の側は親殺しのためにエネルギーを使う一方で
親の側はそれを阻むことにエネルギーを使う傾向性がある

かと思います。

より経験や力のある(親や大人の)側がそれに気づくことが
できれば、スムーズに太い絆、信頼関係へと成長するはず。

自分の中の相手を殺すことは、相手を解放すること
それはそのまま=自分を解放すること。
それこそが自分を生かすことなのです。

自分と相手殺しから
自分と相手の成長へ

そんな親殺し・子殺しのプロセスを同じ自分が
子として、親として乗り越えることが大切だと
今さらながら痛感しています。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-06-10 12:51 | 親子の関係 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り