金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

エモーショナルブラックメール
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


人は純粋に「相手のため」を思い何かを提供するだけではなく
「自分のため」に相手の好意や行為を期待してさまざまな
アプローチをすることがありますよね。

連絡をとったり、贈り物をしたり、アドヴァイスをしたり
サービスしたり、叱咤激励したり…

それ自体はことさらに悪いことではありませんが、なかには
たんなる期待の枠を大きく超えて強要をする人がいます。
相手が自分の気持ちや行為を選択する主導権を無視する人です。

あからさまな暴力による強要ではないにしても、この侵害はジワジワと
かつ強力に相手の心に揺さぶりをかけるのです。

「あなたのためなのよ」
「こんなにもしてあげているのに」
「それは我がままよ」
「薄情なんだね」
「~になっても知らないからね」
「~でなければ、~してあげないからね」
「~してあげたんだから、~くらいしなさいよ」
「~するのが当たり前、常識」

これらの人は恐怖心(Fear)、義務感(Obligation)、罪悪感(Guilt)という
文字通り相手にモヤモヤと心の霧を発生させ、その迷いにつけ込んで
自分の要求を飲ませようとすることが常態となっています。

これが、エモ―ショナルブラックメール=心理的脅迫/感情的恐喝
呼ばれるものです。

他にもマゾヒスティック・コントロールという言葉がありますが
とくに自分の払った犠牲を強調し相手の「申し訳ない」という気持ち
罪悪感や義務感を刺激するタイプだといえます。

心理的に健康な人は苦痛に思うことなく、取り合わずにスル―する
ことができますが、そのような人間関係が当たり前に育ってきた人
心の中のプログラムが反応して心の霧が発生します。

この苦痛に耐えかね、なるべく自分の側が譲歩しようとします
自分の意志を主張しようとすると、FOGの心理的苦痛に耐え(続け)
なければなりません。

このような人間関係に苦しんでいるとしたら
まずはそれと見抜くこと

この重苦しいモヤモヤは誰かの心理的な脅迫による
心の霧の苦しみ

その上で、反応的な自己防衛ではなく自分の意志決定による
対応を選ぶということを勇気を持って始めていきませんか?
(ありがちですが、ここで自分の側も同じように心理的な脅迫を身につけ、使わないこと)

最初の難関を突破して、慣れると霧は発生しても選ぶ道が
見えてくる
ようになります。

そのようにして獲得した自分の軸は、きっとFOGランプの働きを
してくれるようになるはずです^^

いつかその霧への動揺がバカバカしいものにすら感じられるまで。

最後に釘を刺しておきますが、心理的脅迫を仕掛けるということは
はなから相手と心を通わせることを放棄するということです。
これがパートナーや親子間で行われることの影響を想像できますか?

参考までに:ウィキペディア Emotional blackmailOut of the FOGA book review of Emotional Blackmail by Susan Forward
『となりの脅迫者』(書籍の紹介・トレーダーズショップ)

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2014-05-29 14:05 | 周囲の人との関係 | Comments(2)
猫好きの小さな気づき
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


飼い猫を「カワイイ~!」と文字通り猫かわいがりしていると

「それは猫自体が可愛いというモノではなくて、自分の中に
猫を可愛いと感じる気持ちがあるんだよね」

と、家人がどこかで聞いたような哲学的な言葉を発しました。

…たしかに。

猫をコワイ!と感じる人だってもちろんいますよね。

考えてみると、好きとか、カワイイとか、素敵だとか
ポジティブな反応はそう感じることを、当然ながら
問題にせずに喜んで受け容れています。

でも。

コワイ!、嫌い、醜いといったネガティブな反応も
まったく同様に、じつは相手のあり方の問題ではなく
本能と、経験や教育に培われたそう感じる心の働きが
自分の中にある
とも理解できるのではないでしょうか?

おまけに、ヒトの心はどうやら周囲の物事に対して
積極的に負のラべリングを行うようになっているため
(自分を守るためのとても合理的な働きなのですが…)
負とされる物事が増えまくり、そのネガティブな反応に
日常が埋め尽くされることで疲弊してしまうのですよね。

それを克服して幸せを感じるために、古典的ですが
ポリアンナ物語(Pollyanna)の「ヨカッタ探し」のように
何気ない物事に対して意識的に正のラべリングをする。
ささやかなことに喜びや感謝の気持ちを持つという
方法があります。

これも強迫的になるとポリアンナ症候群と呼ばれる
物事の良い側面しか受け止めようとせずに過度な現実逃避に
陥るといった好ましくない心理的傾向性を生みだすそうです。

すべて感じ方や意味づけ(評価)というコインの裏表に過ぎず
それ自体が苦しみの材料といえるのかも知れません。

実際、ポリアンナのように物事を積極的に喜びや感謝に
結びつけるって(少なくともワタシには)かなりムズカシイです。
年を経るほどに未だノーラベルのモノを探し出しづらくなって
いますし、負の感情が湧くのならそれを押さえつけるのは…^^;

となれば、なるべく負のラベルに対する反応を
無効化/無力化
することが得策かと思います。


その時わいた感情を理由を考えず(思考や言葉をとめて)
に受け容れ、さんざん感じた後にごくシンプルに

「どうしてそう感じるのだろう?」と自分に問いかけてみる。

これを続けていくと、いつしかラベルがペロッと剥がれます。

もちろん根気や時間がかかるもの、不快や痛みを伴う抵抗
という頑固な接着剤でひっついているモノもあるかと思います。
その多くは自己防衛/犠牲的なものだといえそうです。
まぁ~感謝や喜びの方はといえば、多分に自己満足的なもの
なのでしょうが^^;

まずは剥がしたい、剥がしやすそうなラベルから(笑)

さらに喜びや感謝のラベルを貼るか、なにも貼りつけずに
ニュートラルなままにしておくか選択するのは自分です。
むしろ受け流せることが増えると気楽ですよ^^

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2014-05-24 10:56 | ココロと思想 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り