金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

AC ~ラベルではなく道しるべに~
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


AC(アダルトチャイルド・アダルトチルドレン)
これまで幾度となくふれてきた言葉ではありますが、あらためて。

とあるカウンセリング系(?)のブログの記事で見かけた内容に
ACとは「親の機嫌をとりたい子どものことで、ごく普通のこと」
だとありました。

端的にはまさにその通りだと、また「ACを自分のアイデンティティに
してしまわないように
」というその主旨には率直に同感しました。

ただACを自覚する人の心を軽くするためには、あともう少し説明が
必要かとも考えました。

親だけでなく世間の人に一般化して、自分の存在の承認を得るため
その機嫌をとらざるを得ない子どもの気持ちのまま
に成長した人



子どもにとっては、家族が世界のすべてなのだ。
親に愛されなければ、死ぬしかない。
だから子ども達は全力で親に愛されようとする。
その時とった命がけの戦略がそのまま性格形成につながっていく。
(アルフレッド・アドラー)


この子どもの気持ちが、親(他者)と共に在ることを喜び
リラックし楽しむという経験を積まず、実感として満たされず
愛されている(生きていける)という安心感を得ないまま
もしくは、そのために厳しい条件を課された人が

大人になってなお、他者(実在の親や世間一般の人)の物の見方
で自分を評価し、他者の承認を求め自分(の軸)を生きられない
苦しみ
のあり方
を抱えている状態です。

その苦しみは、誰かを喜ばせることに自分の意欲や喜びがあると
いうのではなく不快な記憶の再生による恐れから誰かを不機嫌に
させたくない
という強迫にあります。

当然ですが、対象が気まぐれで一貫性のない親や世間一般の人と
なるとコントロールは不可能なわけで、そのショックやパニック
怒りや悲しみなどが蓄積しその限度を超えると感情を封じ込める
鬱状態になったり、不安感情や怒りの発作的爆発を起こすように
なったり、その回避行動に依存するようになったり
します。

だからこそ

信じることや大前提を自己決定することで
自分という存在には理由なしに価値があると決め
他人ではなく、自分の機嫌をとり
自分の好きなように、したいことをしようよ
それに慣れていこうよ
たとえ他者に嫌われたとしても

という流れとなるわけなのですが…

(自由な自己への)否定とそれを変えることに際しても
嫌悪感や恐れの壁が立ちはだかります


他者主体の理屈や道義を盾にした激しい否定や抵抗感
恐怖感
あるいは無力感として。
人によって具体的には、ラクする、好きにする、消費する、黙っておく
得する、ウソをつく、管理しない、など(もしくはそれらの逆)のこと
への抵抗感や拒絶感、絶望感、罪悪感、無力感として感じられます。

誰かを不機嫌にすること、誰かから嫌われ、蔑まれ、落胆され
相手にされず、見切られることが、ともすれば死ぬほど(より?)
恐ろしい。

ココを見定めて乗り越えて行くことが、最初にして最大の
難所
なのです。

それが幻想(自分の心の内在プログラムに過ぎないの)だと
幻想である証拠を見つけていくという視点を持つことが重要

なのだと、しっかり見抜いて見定める

そのためにも

ACという概念を、自分や他人に貼る負のラベルとしてではなく
理解することで乗り越えるための地図や、道しるべとして使う
ためのものにして
欲しいと願わずにはいられません。

ひたすらに。

余談ですが、思いやりも、正義も、美徳も、ルールも、秩序も倫理も
強迫ではなく人の理想という主体性によってあるもの。
主体性にあっては客体の善の不在には、反応的な怒りや批判ではなく
互いへの慈悲がわくのみなのです。


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-09-26 14:03 | ココロと社会 | Comments(0)
心は言葉を持たない。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●

今さらながらの話題ではありますが「(自分の)心と向き合う」。
そのために、具体的にはどんなことをしていますか?

ふと思ったのですが、多くの場合には「考え事をしている」のでは
ないでしょうか?

この考え事も、過去の記憶や今後の成り行きを想起(イメージ)
してみて、その因果関係を常識やモラル・論理的に善悪で判断し
その表現や銘記、伝達のために言葉にしようとしてみたり

それ、心というより頭の作業ですよね。

心は「そう思った」と言葉で表現される
以前に流動し、感じられるもの

頭の中であれこれ考えを巡らせている時に、BGMのように奥底に
流れる感情
というかムードというか、意識してみると身体のある
部分が緊張したり、重かったり、痛みにも似た感覚に気づくかと
思います(もちろん反対に心地いいものもありますが、ここでは
ネガティブなものに限定します)。

そこを確かめるように、それに浸りきってから

悲しかった。
不安だった。
怖かった。
寂しかった。
アタマにきた。
イライラした。
焦った。

言葉(頭)に説明をさせてあげてください。

心の中に消化できない想いがあると、それを表出させるために
キッカケとなる現在や過去のエピソードをひっぱってきます

現在の出来事(問題)は、たんなるトリガーに過ぎない場合も。

ヘンな言い方ですが、出てきた説明に納得がいくと心はスッキリ
します。逆に頭(概念や言葉)で無理やり納得させようとすると
一時は引っ込むこともありますが、トリガーを見つけては何度も
出てこようと繰り返す
ことになります。

劣等感や罪悪感・被害意識は、そのようにして馴染んでしまった
(癖になってしまった)感じ方と考え方のコンビネーションです。
まさに恐れ(幻想)のプログラムといえるものです。

言葉や考え方が概念や一般論となって、自分の本心をさしおいて
台頭してしまっている
状態です。

なので、自分の心と向き合おうとする時には「言葉や考え」には
まず脇に寄ってもらって(どうしようかと「考える」その前に)
不快・不安・不要・不明瞭といった「気持ち(感情やムード)」
にフォーカスしてあげてください。

それを表現(説明)できる言葉を見つけ、心が納得がいくことで
スッキリ消化できるかと思います。

お母さんが幼い子の気持ちを汲み、代弁してあげることによって
その子がスッキリし、安心するように。
その上で心地良くあるために、心に素敵な言葉や明るい考え方を
持たせてあげてください。
感謝や謝罪の言葉など、それが支配や従順の道具として使って(使わされて)きた人には
逆効果になることも。あくまで「心の在り方を基準」にしてくださいね。

心自らは赤ちゃんのまま言葉を持たないピュアな存在なのです。
うまく笑顔にするコツをつかんでみてはどうでしょうか?

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-09-20 15:38 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り