金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

蔓延する「しつけのつもり」
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


横綱の暴力事件の引責による引退のニュースを見ました。

その決断の是否については想う材料を持っていませんが
悪いのは「行き過ぎたこと」と「怪我をさせたこと」で
動機や行為自体について「礼儀礼節がなってないから」
「先輩としての義務として叱った」と正当化される発言
には失望しました。

それはいつもながらの「しつけのためにやった」理論
それがどこか容認される文化背景に対してです。

「ついカッとして」「怒りをコントロールできずに」と
正直に語ることの方が、どれほど人々の潜在的な痛みの
共感を得て問題提起となることか、ひいては社会貢献
できることかと残念でなりません。

上下の立場関係で力による支配が肯定されてしまう。

人種や民族差別と同様に、立場や役割差別が伝統として
根づいていることに気づかなくてはならないと思います。

いつもながら確信するのは、力で屈服させられることで
動機づけ、刷り込まれたあり方
に背くことは、自分であれ
他人であれ、条件反応的な許せなさ、怒りの感情(時に
爆発発作)を起こす心の地雷となるということです。

それは埋め込まれた苦痛と怒りと屈辱だから。

この地雷の爆発案件は、立場という優位性を得ることで
権威のある側の正当化とともになりたってきました。
(組織や集団の中にあっては「誰の領域の問題か?」を
複雑にしたりウヤムヤにしてしまう背景も)

それが文字通り踏めば、自分も他人も、大きな傷を負う
地雷を撤去するのではなく、あらたなる地雷を埋め込む
ことを繰り返す原因になってきたのです。

礼儀礼節はその美徳に好感を持つことで、自発に他者を
敬い礼を尽くすことであって、他者に力で圧しつけられた
それには醜悪を感じることすら禁じ得ません。

奇しくも同じ日のニュースとなった少女らの女子高生への
暴行事件の動機が、「礼儀を知らないのでやった」という
符合が皮肉にも感じられます。

関連するこちらの過去記事もぜひ。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-11-30 12:54 | ココロと社会 | Comments(0)
軸(じく)の話
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


「他人軸」や「自分軸」
心についての話の中で、この頃よく使われるキーワードです。

「他人軸」でいる人は
・他人との比較を自分がどうあるかの基準にする
・他人の評価(どう思われるか、どう見られるかなど)を
 気にする、気になる
・NOと言えない

意識の上では、もちろん自分の本心との対話を心がけていますし
自分に正直に率直な選択ができていると思っていました。

「自分軸」を大切にしようと。

自分自身も理解しているつもりで、この言葉を使っていましたが
本当の意味で「気づく」というのは、ベツモノだと痛感しました。

なぜなら

自分の心の中の他人軸(他人から視線)に気づき始めたらなんと
今なおそれがデフォルトなのだと思い知ったからです。

新しいアクティビティを決める時など、なにかにつけて
その時々それぞれ別の人々(私の場合)をイメージの中に浮かべ

その人の反応を想像し
その人に説明する言葉を探す

まるでその人がそこにいるような予行演習を、頭の中で自動的に
イメージ
していたのです。

ええ

誰かのプレゼントを選ぶ際にそれを開けた瞬間のその人の反応と
自分が話すやり取りを想像するように…

逐次そのようにして、成り行きやそれにより起こる感情を基準に
自分にGOやダメを出していたのです。
また事後にも頭の中で再生して、チェックすることもしばしば。

なによりもショックなのは、物心ついた頃から当たり前というか
当然のチェック作業として不思議だとも思っていなかった!

私の場合、多くの場合に登場する人物は重要だった他者。
親はもちろん、長い付き合いの友人や憧れている知人。
(これが全ての不特定他者の場合は対人緊張と言えるかも)

しかも、悪いシチュエーションばかりではないのです。

そして粉飾やウソはないにしても、つい見栄えよく、聞こえよく
体裁よく、演出しようとしている
ことに気がついてしまった。
そのせいか、なんとなく言いたくないことがあるということも。
些細な意思決定にさえ、気づくと誰か向けの説明を準備している。

今さらながら…他者前提に添って自分を作っていたのですよね。

141.png141.png141.png

自分の中で気がつかずに、自分の心を縛り負担になっている

「他人軸」コエー!!!!

無人島にいるかのようなありのままの自分でいるのは無理としても
自動的に他者の想像上の反応を基準にしてしまわないように。
他人(ひと)見せ用のみの自分になってしまわないように。

…そんなことを思ったのでした。自覚って大切。
※あくまで個人の感想です(笑)

余談ですが、日本のテレビや雑誌などで「みんなはどう思う?」
「みんなはどうしてる?」という切り口を、やたら目にすると
「みんなって誰なのよ?」とツッコミたくなります^_^;
誰の視点か、誰の考え方・感覚・感情なのかをはっきりと区別
することは大切だと感じます。

それぞれの存在を尊重するために。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^

[PR]

by dryangle | 2017-11-09 16:03 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り