金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
ヘタでも生きろ、元気に生きろ。
わが子は幼い頃から絵を書くのが大好きです。

毎日毎日あきもせず、そしておびただしい量を描きまくるのです。
いつの頃か、コピー用紙の束をポンと買い与えるようになったのですが
それもガンガン消費して、描いた絵(たまった紙)を定期的に処分する
仕事が加わるようになりました。

いつもの光景ながら、最近その絵を何気なくのぞいて見たら
驚くほどに上達しているではありませんか!
(多分)一般の大人では、ちょっとやそっとでは真似できない絵を
描いていることに不思議な衝撃を覚えました。

かくいうワタシも、幼い頃絵を描くことが好きでした。
ところがちょうど今のわが子の年頃までに、自分の絵を他人に
見せることを嫌って隠して描くようになり、描いては気に入らずに
ガッカリして、そのうちに描かなくなってしまったのです。

いつのまにか自分の中に築かれた厳しい評価の目が
描く楽しみを奪ってしまった
ような気がします。

思えば、その後必要になった二つの外国語習得にも
同じことがいえると気がつきました。

最初は新しい言葉を知ることが楽しくてたまらなかったのに
ある程度になってくると、自分のレベルが恥ずかしくなって
どこか逃げ調子になってしまう気持ち
(現実生活では逃げられませんでしたが^^;)。

そんな昔話や想いを、わが子にかいつまんで話したら
かつて持っていた子供用カルタの読み札にあった言葉で

「『ヘタでも歌え、元気に歌え』なんだよねえ!」と一言。

たしかに「ヘタでも喋ろ、元気に喋ろ」だよなぁ…
言葉も絵と同じでそうしているうちに、気がつくと
ぐんと上達しているものかも知れない、と内心で思いながら

ヘタでも生きろ、元気に生きろ。

という言葉がアタマに浮かびました。
自分への厳しい評価の目が、生きる楽しみを奪ってしまわないように…
そんなことを考えさせられました。
[PR]

# by dryangle | 2007-07-10 11:37 | 子育て・教育 | Comments(0)
操作主義と子育て~子供をプロデュース!?~
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


操作主義(operationalism)
なにやらカタクルシイ言葉でごめんなさい^^;

もともとは物理の領域から出た言葉らしいのですが
昨今は心理的な内容によく使われているようです。

平たくいえば
自由に他人を動かしたい、操作したい。

という、いまや多くの人が陥りがりな心理。
ワタシ達の心の奥に根付くこうした操作主義的な心理
現代病だとさえいわれています。

現実には、真の共感を得ることなしに相手を
本心から動かすことは不可能です。
何が正しくて、何が間違いといった価値基準を
自分を超えた範囲に期待するのも同じこと。

だからこそ、操作主義的な心理を持つ人は

相手の人格を尊重して、共感を得る努力をすることよりも
相手の人格を支配して、従わせることを選んでしまうのです。


親子関係では、ほぼ子供の側の人格が支配下の状態から出発するので
勢い子供はそのまま親の操作主義的心理を満たす対象になりがちです。

今では子供をコントロールする親という言葉の語感に
危機感を覚える人も多くなってきたのではないでしょうか?
ところが、なんと昨今子供(育ち)をプロデュースという
言葉をよく目にするようになりました。

本質ではなく、言葉を変えることでイメージUPができるものだと
つくづく感じます(〃´o`)=3

心理的操作・被操作の関係を絶つことが、子供の自立・親の子離れであり
そこを目指し、取り組んでいくことが子育ての目標なのではないでしょうか?

~~所感の追記~~

最近また妻として母としての名プロデューサーという
言葉に出くわしました。

考え方のヒントも目にし、ようやく自分なりに整理がついたのは

子どもや夫を自分の自己実現の道具にしているという
意味でのプロデュースはやはりとても危険ではないかということ。

反対に子どもや夫の自己実現のサポートを買ってでている
という意味でのプロデュースは素晴らしことなのではないか?
という視点に今回思い至りました。

2010年3月
[PR]

# by dryangle | 2007-06-25 15:42 | 子育て・教育 | Comments(0)
やさしくできないのはなぜ?
それは、ズバリ。
やさしく仕方がわからないから。
なぜなら、それまでやさしくされてこなかったから。
代償を期待されるニセのやさしさにしかふれてこなかったから。
失敗や、弱さや、欠点、みっともなさを、やさしく許されたことがなかったから。

そして…
自分の方がやさしくしてもらいたいから。

相手の失敗や弱点に、不満がわいてやさしく許すことができない。
相手の言葉が自分への責めに感じられ、過剰に反撃してしまう。
思いやりややさしさ、共感といった言葉が偽善に感じる。
誰かに自分の弱さや欠点を見せることに抵抗がある。

これらはすべて、これまで周囲の人から学びとった心のあり方です。

この世に信頼に足るヒトはなく、この世は信頼に足らない場所である。

というメッセージを受けて、生きてきた結果に他なりません。

…ワタシ自身もその一人でした。

まだ子供の頃、お友達の家に招かれた時にウッカリ食器を落として
割ってしまいました。その家のお母さんは

「大丈夫?怪我はなかった?」と聞いてくれたのですが
ワタシは失敗への罪悪感から、ひたすら謝り続けていました。
そのお母さんが「モノよりもヒトの体の方が大切でしょう?
と言った言葉を、今でも衝撃的に覚えています。

ワタシの方が大切? 

こんなワタシが大人になり、誰かにやさしくしようと望んだときに
当然どうやって接したらいいのかわかりませんでした。
記憶の底から探し当てたのが、この出来事だったのです
(こんな経験すらなかったら?と思うと、気持ちが凍ります)。

物事の結果よりもアナタ自身の方が大事だよ。

そうイメージして、言葉や態度を選ぶように努力してみました。

知らなければ、練習しなければ、できるはずがないのが当たり前。
やさしさや思いやりが、高度な能力なのだとつくづく知りました。

ある人の役割よりも、その人自身の方が大切だと思えますか?

親として、子供に伝えておきたいことはそれだけです。
ワタシもいまだ発展途上人なのですが。
[PR]

# by dryangle | 2007-06-06 14:51 | 子育て・教育 | Comments(0)
心が極楽に住める方法
変えようとしてもなかなか変わらない性格
ふとしたキッカケでコロコロ変わる気持ち

についてアレコレ知り、想ううちに

心の変化に対するイメージは化学反応のようなモノ
だと感じるようになりました。

人でも芸術でも、物事でも、自分以外のに触れ
ヒトのは良くも悪くも変化する。
もしかすると、八方ふさがりの自分のを変えるためには、
自分以外のに触れることが必要だともいえないでしょうか?

そんなことを考えるたびに、仏教説話の↓長い箸の話をイメージします。

極楽も地獄も全く同じような場所であるという話です。
どちらの世界にもテーブルの上にご馳走が並んでいますが
お箸が異常に長いそうです。
極楽では、席が向かい合ったもの同士が、お互いの長い箸で
食べ物を相手の口に運んでみんなが楽しく満腹になれるのですが
地獄ではだれもが長い箸をつかって相手の席の食べ物を奪おうと
するので、うまく食事が出来ず、皆がいつまでたってもご馳走を前に
お腹をすかせているのです。


この食べ物を、人の心の栄養に置き換えてみると
まさにこの世そのものの感がありませんか?

今、人のが飢えきっている状況は

目の前にいる人の心を満たそうとせずに、我先に奪おうとする
地獄絵図といえるのかも知れません。

この場所を極楽にする方法が見えてきませんか?

※キリスト教関連では長いスプーンの話になっているようです。
[PR]

# by dryangle | 2007-06-01 20:04 | ココロと思想 | Comments(2)
そこに愛はあるのかい?
誰もが、求めながらも(求めていることに気がつかないヒトもいますが)
その実体がわかりにくい
古今東西、多くの偉人がの定義を語ってきました。

キリスト教世界のエロスと(フィリアと)アガペーの区別は有名ですが
ワタシは、二つのベクトル(エネルギーの向き)によって分けられる
ように思っています。

一つは自分の心を満たし安定させるための求める向きのエネルギー
もう一つは相手の心を満たし安定させるための与える向きのエネルギー

関係の双方が求める一辺倒だとエネルギーが分散して、
その関係は不安定になり破綻しかねません。
それでも当人はしている(≒求めている)と感じているのです。

関係が(真の意味で)安定するには、一方(もしくは双方)に
相手(の心)を守ろうという心の方向転換が必要だといえそうです。

ごくシンプルにいえば相手を許し、相手にやさしくなるということですが…
これができずに苦しむヒトのなんと多いことでしょうか。

それは自分を許し、自分にやさしくなる気持ち
表裏一体の同じ能力だといえます。
つまり自分を許せず、自分にやさしくなれないヒトが多いとも
いえるのかも知れません。
それができるヒトは、相手(の心)を守ることで自分自身の心も穏やかさと
安定の恩恵を受けている
のです。

相手の反応の如何ではなく、そうすること自体に喜びを感じる時
の絆を強めるエネルギーが発揮されます。

する能力は磨くものだとつくづく思います。
アナタは誰かをしていますか?
[PR]

# by dryangle | 2007-05-29 09:31 | パートナーとの関係 | Comments(0)
自分と誰かの気持ちを支えられますか?
まだまだ肉体的な飢餓に直面する人々が絶えない現在。
それを満たした人々さえ、さらなる経済(物質)的な豊かさを求める
欲求に悩まされる世界にワタシ達は暮らしています。

欲求には際限がない、とはよく言いますが、ココロの豊かさについても
同様に考えてみると理解しやすいように思います。

マズローの欲求の五段階説はご存知の方も多いかと思いますが
(満たされて次へと欲求の段階が上がっていくというもの)

生理的欲求
安全の欲求
親和の欲求
自我の欲求
自己実現の欲求

これはすべて、当然ですが「求める」心理です。
自己実現が叶うまで、ヒトは求め続けるものなのでしょうか?

ここでは自立という視点でこれらの欲求に目を向けてみましょう。
親和の欲求からは、精神的な充実を得る欲求といえそうですが
自己という認識を確立する「自我の欲求」が叶った時には
その自立を果たしたといえるのではないでしょうか?

ココロの自立とはどんなもの?

ここで「経済(物質)的な自立」がどのようなものであるか
今一度ふり返ってみてください。
生きる糧を自らの力で得ることができ、誰かに求め(依存し)ない
ということですよね?

心も、その安定のための糧を「誰かに求め(依存し)ない」
ということが、精神的自立といえるのではないでしょうか?

愛して欲しい・認めて欲しい・やさしくして欲しい
守って欲しい・受け入れて欲しい・こうして欲しい・ああして欲しい

これまで「くれない症候群」を中心に、満たされなさや、自分の心の安定・
自信、そしてシアワセの根拠を誰かに求め(依存す)る心理について
たびたびふれてきましたが、これらに満たされたことのない段階は

精神的自立を果たしていないとはいえないでしょうか? 

自我を確立せずに、自己実現を叶えようとするがために
不安・不満のタネが尽きないように思います。
経済的に自立していない子供が、億万長者でないことを
嘆くのと、似ているのかも知れませんね。

自分を支え、誰かを支えることができるヒト

この点で自立については、経済(物質)的にも、精神的にも
同じことがいえるように思います。

現在は、精神的にはまだ自立の段階まで満たされていない
ヒトが多いといえるのではないでしょうか?
ココロの貧困時代はまだ去っていないようです。

自立できない人を責めるということではありません。
弱い人だっているでしょう。成長途中の人もいます。

とはいえ、人々が寄りかかり合う関係から、支え合う関係に変った時
世界は変わるような気がしませんか?

心が繁栄する社会が実現することを願ってやみません。
[PR]

# by dryangle | 2007-05-22 15:38 | ココロと思想 | Comments(0)
ココロのゴミ処理法
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


きっと誰もが愚痴をこぼしたくなる時があるのではないでしょうか?

愚痴は心に沈殿するモヤモヤ・ムカムカ・ワサワサした
気分を吐き出す行為だと思います。

理屈や解決法が欲しいわけではなく、この不安にも似た
モヤモヤを捨て去りたいだけなのですよね。

スッキリして安心したいそんなところではないでしょうか?
聞く相手に一緒に、そのモヤモヤを分担してもらい、慰めて安心させて
(処理して)もらいたいと望んでいるのだと思います。

ところがこれも現実のゴミと同様に、捨て場所や方法を選ばないと
トラブルの種となることが多いのも事実だとはいえないでしょうか?

多くのヒトが、その心のゴミ処理能力が「イッパイイッパイ」か、さらには
処理しきれない状態で、他の人のゴミを分担してあげる余裕がない
というのが実態なのだと感じています。
苦しまぎれに誰かに背負わせてしまうことで、相手がキャパを超えてしまったり
なかには防御的に反応して受けとることを拒む人がいるのも当然だと思います。

男性は、このゴミ処理を合理的に解決しようというノウハウ志向が強いよう
ですが、実際に「溜まる」ことについては男女差がないように考えます。

そこで場所(相手や相手のコンディション)と方法(話し方、伝え方)を選ぶ 
ということが大切になってくるのだと思います。
出来事と自分の感情とのつながりを把握しておくなどゴミを分類しておくと
さらにスムーズに助けを得ることができるのではないでしょうか。

誰かの協力を求める前に、自分でモヤモヤを減らす方法もあります。
すでに誰もが試していることかも知れませんが
体を動かしたり、趣味に打ち込んだり、映画や本・音楽など芸術に親しむ
などの行為がモヤモヤを消すためには効果的ですし、心の栄養にもなりますので
意識して取り組んでみることをおススメします。

心の余裕は「心のゴミ処理能力の大きさ」といえるのかも知れませんね。
[PR]

# by dryangle | 2007-05-21 12:07 | ココロの不調 | Comments(0)
「羨ましさ」の裏側
多分誰もが思い当たる気持ち、羨ましさ
時にその感情がふくらみ、それを想い起こさせる人や物事に接することを
拒むまでになります。

それは誰かと無意識に競争して味わう敗北感の痛みに耐えられなくなるから。

自分の価値と誰かの価値を比べて負けを感じ、自分の価値が低く思えるの
ではないでしょうか。
そして、自分の負け責める気持ちが心の中に起きてくる。
自分を責め、その誰かの弱点を探して責め
これはもう不快感極まりないものですよね^^;

これもじつは愛されたい・認められたい・肯定されたい・やさしくされたい
裏返しの気持ちです。

これまでの経験から他人と対等、もしくは優越しなければ愛されない
いうことを学んでしまった苦しみだといえるように思います。
そしてすべて成果で比較しているあまりにイキイキと自分を生きる魅力
(これがもっとも愛されるファクターなのだと感じますが)を自ら放棄して
しまいがちです。

この不快な循環から脱するには、ほんの少し精神力がいるのですが
まず自分の中の競争心気づくことではないかと思います。
現実には、その誰か(ナニカ)の存在の影響力に自分の感情がふり回されて
いるのですから、この競争から降りてしまおう!と意識するだけで
ずいぶん解放されるのではないでしょうか?

誰かと比べずに自分の価値を認めていく努力が必要かも知れません。
これがなかなか難しいのですけれども。

素直に誰かの優れた部分を認められるようになった時
自分のヨサにも気づくことができるのです。
[PR]

# by dryangle | 2007-04-27 18:49 | ココロのカラクリ | Comments(6)
愛を知ることは言語を学ぶことに似ている?
愛情(発情ではない)や思いやりといった言葉は誰もが知っています。

ただ言葉の意味や内容を知っていても、その能力
持っていないヒトが、じつは多くいるのではないでしょうか?

自分にヒトを愛せる、思いやれる能力があるか?
この機会に、ぜひ一度考えてみてください。

誰かから愛情思いやりを受け取ったという経験や実感がありますか?
自分よりも相手の心情を守りたいという気持ちや行動がわき起こりますか?

愛する能力は、まるで言語能力と同様に意味を理解できるだけでは
充分だとはいえません。しかも、両者に共通していえることは

その能力のあるヒトに伝授してもらわなければ、育まれない

ということです。

心のふれ合い、友情、愛、思いやり、感謝…などといった言葉や情景に
喜びや暖かい気持ちではなく、シニカルな感情や嫌悪感・重荷に似た気持ち
がわいてしまうとしたら。
他人どころか、自分を幸福にする能力に欠けてしまっているかも知れません。

けっしてその人のせいではなく、学ぶチャンスがなかっただけのこと。
そして、それに気がつくことがチャンスの扉を開きます。

無知の知を知るということは、やはり重要ではないでしょうか?

愛の能力が母国語のように備わっている人がウラヤマシイ今日この頃です。
[PR]

# by dryangle | 2007-04-23 19:17 | ココロのカラクリ | Comments(0)
「怒らないしつけ」について③
さらに続きです。

言葉だけを聞くと抵抗を感じるようなしつけ無用論を提唱されている
平井信義氏は、その著書の中で

思いやりや我慢の心は、感情的に叱ることではなく
親が手本となることによって育むことができる
と述べ

・思いやりの心・自発性・社会性・知識をバランスよく育む
という理念を紹介しています。

その氏自身も叱ら(怒ら)ないこと*放縦(ほうしょう)にさせることは
まったく意味の違うことであると先に明らかにされています。
子供への接し方の提案ついては著書に書かれていますが、
ワタシ自身もとくに幼児期までのアタッチメント(愛情・愛着)形成を優先した
子供との関わり方については氏の考え方が大変参考になりました。

人格を育む土壌には愛情という肥料が欠かせないということだと思います。

成長の速度は個々に違いますし、お子さんそれぞれの個性もありますから
大人(親)の側がその都度、接し方を模索することが大切なのではないでしょうか?

以上の話を含めた意味で、ワタシ自身について言えば
怒る(叱る)親でもあり、怒らない(叱らない)親だともいえます。

母親となった時に子供との関係で胸の内に決めたことがあります。

子供を支配しない、子供に仕えない

怒る(叱る)・怒らない(叱らない)という表面的な部分に固執してしまうと
本質を見失うことがあるように思います。

*放縦(ほうしょう)=何の規律もなく勝手にしたいことをすること。また、そのさま。
[PR]

# by dryangle | 2007-04-18 13:03 | 子育て・教育 | Comments(4)

Illustration by ふわふわ。り