金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
代々々…理戦場
at 2018-10-02 00:28
頭という縄使い ー自縄自縛
at 2018-09-04 07:23
皆さまへ
at 2018-08-20 23:20
心ごと捨てる。
at 2018-08-08 16:24
その先へ
at 2018-05-26 10:23
最新のコメント
外部リンク
私って毒親なのかも?
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


親子間で衝突が起きたり
子どもに問題行動が現れたり
子どもに非難されたり

などという問題に直面した際に
自分の内に原因を見つけ出そうとして

もしかして…
「私って毒親*なのかも知れない?」

と口にされる親御さんが時々います。

これ、なかなか客観的に認定できるものではありません。

苦悩している当事者本人(親の側でも、子の側でも)が
思い当たることによって、気持ちが解放されるかどうか

親の側が気づくことの方が、やはりハードルが高いので
そう思えるくらいであるなら、予備軍であったとしても
猛毒ではないように思います。

かなり乱暴に例えさせていただけば…

高所恐怖症の親が、それが原因で遠くを見たがる子どもを
高い所に連れて行ってあげられない。
むしろ行ったら子ども(自分?)は死んでしまうと本気で
怖れている。

高い所にいて身動きが取れない。子どもを認識できず守れない。
自分自身に高い所を無理強いして子どもの望みを忘れる。
克服して自信満々に子どもが高所に恐れを持つのをバカにする。
子どもが望まないのに高所に行かせようと無理強いする。
子どもが高い所に行きたがる、せがまれると思わず叩いてしまう。
高い所の危険性をクドクド言い聞かせて同じ恐怖症にする。
子どもにもし行ったら、親子の縁を切る、私は死ぬと脅す。
子どもに行かないでと泣き落とす。具合が悪くなる。
大人になっても、殴ってでも殺してでも行かせない。

子どもがパイロットになっても、高所は危険なのだという
正当性を主張し続ける。

ちょっとワケわかりませんが…^^;

どの辺が毒か?ってことですよね。

一番最後のレベルでも、私は毒親ではないか?と悩むこと
もできるし、自分が高所恐怖症であることすら無自覚な人
もいます。

ごく私的な意見ですが、自分の高所恐怖症を自覚した時に
解放や連鎖を断つ流れに向く
のではないでしょうか。

高所恐怖症が親に刷り込まれたものだとしても、親の贖罪
によって解放されるものではありません。
多少収まる気持ちがあるかも知れませんが。

自分の弱さが誰かの弱さを支配し、その可能性を制限したり
傷つけてしまう。
表面の問題の力による無理な直接解決や自分責めに耽るより
それがどんな恐怖(嫌悪)症か自覚することが大切です。

それらは人によって劣等感、被害(責)感、罪悪感(加害恐怖)
恥や失敗恐怖(完璧主義)、自己無価値感、見捨てられ不安
などとして埋め込まれています。

それがわく瞬間には、他者(親や世間)の感じ方が、自分に
乗り移ったり、自分が乗っ取られてしまう感覚がします。
まるで暗示や催眠術でコントロールされているような。

高所恐怖症者の高所への脳内瞬間ワープ

それを怒りや別の感情で蓋をするあまりにそのエネルギーが
蓄積されてまるで地雷のようになっていることも。

無垢な子どもに踏ませる前に、簡単に処理はできないまでも
そのありかを知ることで、なるべく踏ませないようにしたり
不発処理のできる可能性もあるはず。

気楽に生きている人でさえ、たまには他者の地雷を踏んだり
逆鱗にふれることはあります。
ところが同じ地雷を踏んだとしても無傷やかすり傷どころか
放屁くらいにしか感じない人も。

毒親育ちは地雷原に育った子ども。

満身創痍でわずかな刺激でも致命傷になることがあるのです。
そして自らも防御壁としての過敏な地雷原となり得る。

私って毒親なのかも知れない?

もしもそう思ったのならば、子どもや現実の問題に先立って
勇気を持ってご自分の痛みに目を向けてみてください。

ちなみにその痛みこそが、別の物事への依存や強迫といった
異なる種類の問題にもつながるのではないかと感じます。
支配≒独立や自由を阻む≒恐れや不安で制御するプログラム
なのだとも。

*親による負の影響について示されたバイブル的な著書、スーザン・フォワード著
「毒になる親ー一生苦しむ子供」
をもとに発展、広がった言葉。
昨今ではその構造の実態よりも、印象的な語感から個々人の感覚的によって広義に
使われているように思います。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-12-15 17:43 | 子育て・教育 | Comments(0)
<< 見えない手綱(たづな) 蔓延する「しつけのつもり」 >>

Illustration by ふわふわ。り