金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
代々々…理戦場
at 2018-10-02 00:28
頭という縄使い ー自縄自縛
at 2018-09-04 07:23
皆さまへ
at 2018-08-20 23:20
心ごと捨てる。
at 2018-08-08 16:24
その先へ
at 2018-05-26 10:23
最新のコメント
外部リンク
代々々…理戦場
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


相談者(クライアント)はカウンセラーや指導者
(宗教やスピチュアルリーダー)などに

人は、親と似た要素を持つ(時に誰彼かまわず)
他者に自分の親を転移)することがあります。

むしろよほど意識しない限り経験から刷り込まれた
交流様式の心情で他者と接する方が自然ですよね。
それが愛着心や依存心の場合、受け手が親の役割を
上手くこなすことにより、相談者の欲求を満たして
その二者間の関係も、相談者の心の安定も表面上は
うまくいったかのように見えます。

ところが、元々養育者への敵意を抑圧している人は
ふとしたトリガーで相手への嫌悪感や敵意が表面に
現れます(俗に言う地雷を踏む)。

逆転移といって、転移された側がうっかりと同様に
相手に対してかつての敵意の対象を重ねてしまうと
不毛な攻撃合戦に発展しかねません。

各種指導者はもとより、心の専門家と言われる方々
でさえ元相談者(依存者?)との対立が起こります。

弱かった子どもの自分を誰かに投影し、理想の親=
援助者を演じ、誰かの役に立とう救おうとする人々。

私の言う通りにすれば良くなる。
言うことを聞かないからダメ。
私のやり方(教え)に従え。
素直に従えば必ず幸せになる。
賛同すれば、仲間(家族)と認める。
自分のチカラや成果を誇示する。
味方(身内)と敵(世間)を区別する。
仕組みの説明(理解)なしの、挑戦主義。
異なる感覚や考え方はすべて言い訳か反論。
和を乱す相手を攻撃、排除(Schadenfreude?)。

…かつての養(教)育者と似通ってはいませんか?

今思うと「人の役に立ちたい、面倒をみたい」人の
多くは、自分が今大人として他者への効力感を得る
ことで、かつての子どもの自分を救おうとしている
かのようです。
(救済とは「親を助けたい」を反映して他者に従順
犠牲的になるのと同質の対極パターンなのかも)

そして、きっと一部は以前の私にも。

さまざまな世界で、引き起こされる人間関係の対立。
すべてはこのカラクリの代々々理戦争に思えます。

それは、それぞれが誰かの意図の客体としてではなく
主体として生きる日まで続くのかも知れません。

過去に養育者など重要他者との間でパターン化した
感情や態度を別の人(多くは治療者)に対して向けること。

愛着や依存心など好意が向けられることを陽性転移
嫌悪や怒りなど敵意が向けられることを陰性転移と呼ぶ。


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 
。い
[PR]

by dryangle | 2018-10-02 00:28 | ココロと社会 | Comments(0)
頭という縄使い ー自縄自縛 >>

Illustration by ふわふわ。り