金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ごあいさつ
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
ともに探してみましょう。


こちらのブログでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を私的な想いとともに発信しています。
↓さらにくわしく
dryangleとblog金魚迷惑について


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
メインサイト閉鎖のお知らせ
at 2019-02-06 12:18
嫉妬の構造(心の飢餓と神経症..
at 2018-12-26 13:27
代々々…理戦場
at 2018-10-02 00:28
頭という縄使い ー自縄自縛
at 2018-09-04 07:23
皆さまへ
at 2018-08-20 23:20
最新のコメント
外部リンク
嫉妬の構造(心の飢餓と神経症的競争)
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


お久しぶりです。

この頃はかつての自分の心の状態を回顧するようになりました。

世にも代表的な悩みである「嫉妬心(恋愛関係のそれに限らない)」。
私も心の内にわくその反応に、時には激しく苦しめられましたっけ。

今回はそのエピソードをふり返ってみようかと綴っています。

いつかどこかで加藤諦三氏の文章を読んだ時に、やっぱり自分は
神経症なのだと痛感したのが「神経症的競争」という言葉。

自分自身に、絶対の存在価値(いわゆる自己肯定感でしょうか)
が得られないまま、他人との比較の中にそれを見出そうとする。

「人を自分と対立したものと思う(カレン・ホルナイ)」がゆえに
他人の成功(自分の失敗)が自分の価値を下げると感じる。
もっといえば、自分の存在(価値)が脅かされると感じてしまう。

個人的には、その比較において、優越したいというよりも強迫的な
「劣ることへの恐怖心」があったように思います。

「人並み(以上?)に見せなければ生きていかれない」という
思い込みに縛られていました。

その基準として当然にも親などや世間の他人軸を取り込み
劣等感とともに雁字搦めになっていたのです。

そのようにして、自分をどこかに置き去りにしてきました。

本来は客観的な判断よりも、その自分の本音を大切にすること
それに沿った選択や行動をすることこそが、自分自身の存在を
大切にし、実感し、肯定することだった。

本当に認めて欲しかった相手は自分自身。
必要なのは自分自身からの承認。
しかも条件のない。

他人(親)から得られなかった自分の存在肯定を自分に与える。

よく「したくないことをやめて、したいことをする」という話を
目にしますが、重要なのは自分の本音を探すことだと思います。
意外と気づけていないもので、その点に練習が必要なのです。

他者の期待に応え、他者に設定される競争に勝つことではなく
自分の本来性を肯定して、それを実感しながら生きることが
成果ではなく、プロセスの充実を感じること
心の糧・栄養なのだと、今はつくづく感じています。

自分の存在の大切さを確信できれば、他者のそれも感じ
「嫉妬」という心の飢餓感があまり起こらなくなる。

すごくシンプル。

来年も思い立った時に綴っていくつもりです。
たまにのぞいてみてください ^_^

誰かの心の固い壁に気づきの穴が開きますように…


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 


by dryangle | 2018-12-26 13:27 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< メインサイト閉鎖のお知らせ 代々々…理戦場 >>

Illustration by ふわふわ。り