金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ごあいさつ
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
ともに探してみましょう。


こちらのブログでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を私的な想いとともに発信しています。
↓さらにくわしく
dryangleとblog金魚迷惑について


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
メインサイト閉鎖のお知らせ
at 2019-02-06 12:18
嫉妬の構造(心の飢餓と神経症..
at 2018-12-26 13:27
代々々…理戦場
at 2018-10-02 00:28
頭という縄使い ー自縄自縛
at 2018-09-04 07:23
皆さまへ
at 2018-08-20 23:20
最新のコメント
外部リンク
「すみません」と「ありがとう」
ふと興味深く感じたことがあります。

それはすみませんという言葉。

もちろん感謝の気持ちを表す意味で使われている
のでしょうが、済まないという本来の意味には
むしろ罪悪感といった語感があります。

とはいえ、ちょっとした手助けをした(された)時に
ありがとうではなく、すみませんの使用頻度の方が
高いような気がしますが、どうでしょうか?

ありがとうという感謝の言葉を用いる
本来の感覚は喜びです。

誰かに何かをしてもらった時に、口を突いて出るのは

すみません―申し訳なさ、済まなさ(罪悪感)
ありがとう―喜び、いたわり(感謝)

どの気持ちでしょうか?

アナタも喜ぶことに不慣れではありませんか?

ちなみに中国語ではこんな時とっさに
不好意思という言葉が出てくるようです。

これには恥ずかしい、つまりの意味があり
語感の底のメンタリティを感じずにいられません。

メンツの問題?

ここで思いついたのが、罪悪感も、恥も、
どちらかというと自虐的な感覚だということ。
それを表現したとしても、受け手の喜びには
なり難いのではないでしょうか?

感謝とは喜びのフィードバックだと思います。

互いに清清しくしてあげる(もらう)ために
気持ちよく、ありがとうという気持ちと言葉が
使えるようになりたいと思うのです。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)


by dryangle | 2009-06-05 08:11 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 「痛みの記憶」を開放する 嫌悪感~「許せなさ」が映し出される時 >>

Illustration by ふわふわ。り