金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
2018年 03月 07日 ( 1 )

人生というドラマ、自分という役柄
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


この種の切り口の話は、人によってはとても受け容れ難いですし
私自身も前は強い抵抗がありました。

ところが。

その「次元の外側」を知ると、どうしても言葉にしたくなります。

自分自身や世界に対する「自分の」観念やイメージは、完全に個々
オリジナルで「自分だけの」世界です。
いわば「自分」専門チャンネルのドラマ世界。

夢中になっているうちは、他にさまざまなチャンネルがあることを
なかなか知り得ません。

とくに不幸や苦労、残酷のドラマって不思議な魅力があるのです。
それは刺激の強いドラマであり、強烈に自分の存在感を得ることが
できる
からかも知れません。

典型的な役柄(ロールモデル)として、交流分析の概念を借りれば
加害者(支配者)・被害者(犠牲者)・救援者(支持者)
を演じていることが特徴的です。

ちなみに交流分析では、その人が生活時間をどのように過ごすか?
という割合を「時間の構造化」として測定しますが、その区分には

ストローク(存在を認めるコミットメント)の低い順に
引きこもり・儀式・活動・雑談・心理ゲーム・親交

という種類があり、上のロールモデルはおもに心理ゲームに使われる
とされています。


「悲劇の主人公、私は可哀想(被害者)」
「可哀想なあの人を助けなければ(救援者)」
「私は無能、醜い、理解されない、ドーセ(被害者)」
「誰かを自分の持ち駒にしていたい(支配者)」
「自分は悪者、反逆者、ヴィライン(加害者)」
「あの人を、組織や世間を喜ばせたい、守りたい(支持者)」
「あの人が酷い、許せない、頑張ってるのに、尽くしてるのに(犠牲者)」
「あの人は弱い狡い汚い、正したい、懲らしめたい(支配者)」
「私の運命、このドラマから抜け出せない(犠牲者)」

流動的で複合している場合もほとんどですが、中毒性があるというのか
それ自体がもう依存症じゃないかというくらい。
その自己像に自分の存在感を依存しているかのようです。

その役柄を降りるとなると抵抗が起こりますが、それらを俯瞰する
意識を持つことでドラマに巻き込まれにくくはなります。
恐れや抵抗をあるものとして、敢えて別の選択肢を模索してみる。
それがチャンネル変更のスィッチを得ることです。

人生って自己イメージを描くもの。

本来は自由で多様なのですが、どうしてもドラマの中に産み落とされ
「受け継いだ」デフォルトがあります。
最後までそのドラマを見続けることに、いよいよウンザリしたのなら
描き換えのチャンスなのではないかと思うのです。


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2018-03-07 17:34 | ココロのカラクリ | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り