人気ブログランキング |
金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ごあいさつ
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
ともに探してみましょう。


こちらのブログでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を私的な想いとともに発信しています。
↓さらにくわしく
dryangleとblog金魚迷惑について


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
2019年 06月 04日 ( 1 )

受け身の願望と親なるものへの依存
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


よく見かけますよね。

したいことをしよう。
したくないことはやめよう。

さぁ、勇気を出して!的な。

とはいえ、それ以前に

したいことを引き止められ
したくもないことを義務付けられてきて

すでに

「したい(したくない)こと」がわからない。

もしくは、やりたいことや好きなことを(しようと)
しているはずなのに

ワクワクしない。気力がわかない。元気が出ない

そんな状態になってしまっていませんか?

…私ごとで恐縮なのですが

心の安定のために手放すこと、つまり「許し」に
ついて、よく取り沙汰されていた頃に

自分自身のケースでも、受容しようと試みたのですが
イマイチ、ピンと来なかったのです。

(例えば、ホ・オポノポノの「許してください」が
インナーチャイルドには響かず「許します」の方が
フィットするような… )

そんなことから、ある時ふと気づいて愕然としたのは

自分が「許せなさ」を握りしめているというよりも
むしろ「許されたい」と思っていた!? ことでした。

それって、まだ子供の側の気持ちなのかも知れない。

自分の「したい、したくない」よりも
誰かに「して欲し(された)い、して欲しく(されたく)ない」
が基本の望みであること。

つまり、ナント

「抱っこして〜! 、置いていかないで〜!」

の延長なのではないか?

と気づいたのです。

許されたい、認められたい、こう見られたい
こう思われたい、喜ばれたい、褒められたい
頼りにされたい、愛されたい

ガッカリされたくない、見捨てられたくない
呆れられたくない、 馬鹿にされたくない
見下されたくない 、 無視されたくない
叱られたくない

それら受け身(他者主体)の願望のままである限り
自分主体の願望がわからなくても不思議ではありません。

自分の「したい、したくないこと」がハッキリとわかり
基本的にはそれを優先できるって

自分の一番の味方でいられること。

だから結果に関わらず自分を好きでいられるし
それが根拠のない自信や充足感につながるし
それがとりもなおさず「自分を生きる実感」となる。

じつは、それ自体が(精神的にも)大人になることの
大きな垣根のように思えるのです。

「誰かのために」が、本当にしたいことになれるのは
しっかりと大人になってからのレベルの話 ^_^

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^


by dryangle | 2019-06-04 23:07 | 親子の関係 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り