金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
頭という縄使い ー自縄自縛
at 2018-09-04 07:23
皆さまへ
at 2018-08-20 23:20
心ごと捨てる。
at 2018-08-08 16:24
その先へ
at 2018-05-26 10:23
人生というドラマ、自分という役柄
at 2018-03-07 17:34
最新のコメント
外部リンク
頭という縄使い ー自縄自縛
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


心が病んだり、不調に陥るのは
頭に縛られて心が自分を生きられないから。

最初に縛ったのは他の誰かだけど

今、誰かの考えに縛らせ続けているのは
縛りつけているのは、他ならぬ自分。

どんな考え方でも、やり方でも

養育者や教育者、指導者
たとえ教祖のそれであっても

自他のそれに固執し、信奉するなら
それで「今」を縛ろうとするなら

同じこと。

その時々、頭は使うモノ(笑)

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2018-09-04 07:23 | ココロのカラクリ | Comments(0)
皆さまへ
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど多分野から心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


当ブログへのご訪問をありがとうございます ^_^

こちらでは皆さまからのコメントやメールによる
ご意見、ご感想、ご質問などのフィードバックを
歓迎いたします。

ご相談などのメールも時折いただいておりますが
こちらの能力不足で返信が遅れることがあります。
予めご了承の上、どうぞお許しください。

なお返信を希望される場合には、その旨をわかり
やすく書き添えていただけると助かります。

またエキサイトのフリーメールサービスが
サーバーの都合により来月半ばに終了します。
現在対応を考えていますが、送受信はもとより
これまでのデータも全ては保存できなくなります。
この件に関する不都合へのご理解をお願いします。

最後になりますが、ブログ記事へのコメントは
非公開を設定されると、機能上こちらからレスを
つけることができませんのでご承知ください。

この場での交流によって心に関する洞察を
互いに深めることができると嬉しいです。

dryangle

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2018-08-20 23:20 | お知らせ・その他 | Comments(0)
心ごと捨てる。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について

●過去記事のタイトル別一覧●

心の平安や至福を求めることは

例えば住んでいる家を立て替えたり
引っ越したりすることではなく

そこに込められてきた思い出や期待を
捨て去るだけでいい。

幸福に見えるものも
不幸に見えるものも。

奇妙に聞こえるかも知れないけれど

心を癒すことに励み、苦しむよりも
心ごと捨て去った時にそれは叶うのです。

まだ方向性が決まらないのですが
ボチボチとまた想うことを綴っていきます。

立ち寄られ、言葉を受け取って下さる方との
出会いを喜びながら^_^


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2018-08-08 16:24 | ココロのカラクリ | Comments(0)
その先へ
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


心境の変化というか、心境を脱してしまったというのか
しばらくご無沙汰してしまいました。

欲というよりも恐れに苦しみ
我儘よりも他人の軸で生きることに苦しみ

長く救いを模索してきましたが
どうにも受けとめきれない喪失体験の痛みと
作意によらない無為の癒しを経験して

欲も恐れも
他人軸も自分軸も

同質のもの。
すべてひっくるめて我執。

そんなことに気づきました。

さらに外側にいかないと。

禅の思想のようですが

まず自我がなければそれを捨て去ることはできない
そういうことだったのだと
なにかが納得しているカンジです。

自分を中心から外す
というか、もともとが辺縁だった。

もうしばらくすれば
マシな言葉にできるかとも思います。

その時はまたお付き合いください^_^

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2018-05-26 10:23 | ココロのカラクリ | Comments(0)
人生というドラマ、自分という役柄
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


この種の切り口の話は、人によってはとても受け容れ難いですし
私自身も前は強い抵抗がありました。

ところが。

その「次元の外側」を知ると、どうしても言葉にしたくなります。

自分自身や世界に対する「自分の」観念やイメージは、完全に個々
オリジナルで「自分だけの」世界です。
いわば「自分」専門チャンネルのドラマ世界。

夢中になっているうちは、他にさまざまなチャンネルがあることを
なかなか知り得ません。

とくに不幸や苦労、残酷のドラマって不思議な魅力があるのです。
それは刺激の強いドラマであり、強烈に自分の存在感を得ることが
できる
からかも知れません。

典型的な役柄(ロールモデル)として、交流分析の概念を借りれば
加害者(支配者)・被害者(犠牲者)・救援者(支持者)
を演じていることが特徴的です。

ちなみに交流分析では、その人が生活時間をどのように過ごすか?
という割合を「時間の構造化」として測定しますが、その区分には

ストローク(存在を認めるコミットメント)の低い順に
引きこもり・儀式・活動・雑談・心理ゲーム・親交

という種類があり、上のロールモデルはおもに心理ゲームに使われる
とされています。


「悲劇の主人公、私は可哀想(被害者)」
「可哀想なあの人を助けなければ(救援者)」
「私は無能、醜い、理解されない、ドーセ(被害者)」
「誰かを自分の持ち駒にしていたい(支配者)」
「自分は悪者、反逆者、ヴィライン(加害者)」
「あの人を、組織や世間を喜ばせたい、守りたい(支持者)」
「あの人が酷い、許せない、頑張ってるのに、尽くしてるのに(犠牲者)」
「あの人は弱い狡い汚い、正したい、懲らしめたい(支配者)」
「私の運命、このドラマから抜け出せない(犠牲者)」

流動的で複合している場合もほとんどですが、中毒性があるというのか
それ自体がもう依存症じゃないかというくらい。
その自己像に自分の存在感を依存しているかのようです。

その役柄を降りるとなると抵抗が起こりますが、それらを俯瞰する
意識を持つことでドラマに巻き込まれにくくはなります。
恐れや抵抗をあるものとして、敢えて別の選択肢を模索してみる。
それがチャンネル変更のスィッチを得ることです。

人生って自己イメージを描くもの。

本来は自由で多様なのですが、どうしてもドラマの中に産み落とされ
「受け継いだ」デフォルトがあります。
最後までそのドラマを見続けることに、いよいよウンザリしたのなら
描き換えのチャンスなのではないかと思うのです。


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2018-03-07 17:34 | ココロのカラクリ | Comments(0)
見えない手綱(たづな)
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


まるで自分が乗っ取られるような思考と感情。

それによってつき動かされる自分の苦悩の構造を
内外に探してきましが、少なくとも自分のソレの
輪郭が少しはつかめてきたように感じます。

しがらみ、インナーペアレンツ、観念、トラウマ…

各種の分野にそれらしきものを表す言葉がありますが
最近ごく個人的にフィットするのが「手綱(たづな)
という言葉。

馬主は、競走馬に「ただ健康でさえいてくれたら」
とは思わない。


以前、ある掲示板で遭遇した親への批判の言葉です。
かつての子どもとして、当時は新米の母親としても
衝撃を受けた言葉でした。

その言葉が、あるキッカケで鮮明に浮かび上がった
のです。

今となっては、自分の手綱が自分自身の手中にない
いうことが苦しみの根源=自己疎外だといえるように
感じます。

その真骨頂は、今現実には特定の誰かの強制がなくても
かつて手綱を取った馭者(親や先生、世間)が、頭(心)
の中で自分の手綱を取り続ける
ということ。
さらには、追体験というフィードバックによって肥大化
していくこと。

そのコントロールの構造は家畜同様にシンプルなもので
ムチとエサによるしつけです。
実際には反応として脳内にわくホルモン、思考や感情の
条件づけ

それに背くとわき起こる、罪悪感(自責)や劣等感
恥、損することの不快感(ムチ)。
↑受け容れるのに恐怖*

自分を走らせるための、正義感や優越感、誇り、得
という快感(エサ
↑断念するのに恐怖*

ムチに打たれてばかりでは疲弊し無気力になりますし
エサを目前にして得られないと怒り暴れるでしょう。

前者をうつ状態、後者をキレる(感情爆発)として
照らし合わせるとなかなかに唸ってしまいませんか?

養育者や教育現場という単位だけではなく、それが
社会の構造なのだとさえいえるように思います。

競争(労働?)馬ではなく自身の馭者として生きる。
その際初めて目的地を自己決定できる。
(ごく個人的には「目的地がなかった」ことに気づかされました)

そのエネルギーになるのは、たんなる情報のやり取り
ではなく、心が通うというコミュニケーションによって
感じる喜び、築かれる自他への信頼感です。

それが精神の養育と呼ばれるようになって欲しいもの。

またそれまで親の手にあった子どもの手綱を、順次
本人の手に渡すことが、精神的な意味での親子離れ
だといえるように思います。
成熟した人同士が、それに代わって築いていくのが
絆(きずな)なのです。

今話題の過干渉タイプの毒親は、自分の手綱を誰かに
握られたまま子どもに頑丈な手綱*恐怖感による鍵)
をかけ、握りしめて離さないイメージがあります。

この頑丈な手綱(*怖れによる回避)を断つには今流行の
アドラー心理学的な「嫌われる勇気」が必要だといえる
のかも知れません。
まさに自分の手綱を握る勇気だといえると思います。
*心身への暴力体験によって摺り込まれる反応だと確信しています。

じつはこのような記事を書いていること自体も手綱による
人見せ行為ではないかという考えが逡巡する昨今…


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2018-01-24 15:03 | ココロのカラクリ | Comments(0)
私って毒親なのかも?
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


親子間で衝突が起きたり
子どもに問題行動が現れたり
子どもに非難されたり

などという問題に直面した際に
自分の内に原因を見つけ出そうとして

もしかして…
「私って毒親*なのかも知れない?」

と口にされる親御さんが時々います。

これ、なかなか客観的に認定できるものではありません。

苦悩している当事者本人(親の側でも、子の側でも)が
思い当たることによって、気持ちが解放されるかどうか

親の側が気づくことの方が、やはりハードルが高いので
そう思えるくらいであるなら、予備軍であったとしても
猛毒ではないように思います。

かなり乱暴に例えさせていただけば…

高所恐怖症の親が、それが原因で遠くを見たがる子どもを
高い所に連れて行ってあげられない。
むしろ行ったら子ども(自分?)は死んでしまうと本気で
怖れている。

高い所にいて身動きが取れない。子どもを認識できず守れない。
自分自身に高い所を無理強いして子どもの望みを忘れる。
克服して自信満々に子どもが高所に恐れを持つのをバカにする。
子どもが望まないのに高所に行かせようと無理強いする。
子どもが高い所に行きたがる、せがまれると思わず叩いてしまう。
高い所の危険性をクドクド言い聞かせて同じ恐怖症にする。
子どもにもし行ったら、親子の縁を切る、私は死ぬと脅す。
子どもに行かないでと泣き落とす。具合が悪くなる。
大人になっても、殴ってでも殺してでも行かせない。

子どもがパイロットになっても、高所は危険なのだという
正当性を主張し続ける。

ちょっとワケわかりませんが…^^;

どの辺が毒か?ってことですよね。

一番最後のレベルでも、私は毒親ではないか?と悩むこと
もできるし、自分が高所恐怖症であることすら無自覚な人
もいます。

ごく私的な意見ですが、自分の高所恐怖症を自覚した時に
解放や連鎖を断つ流れに向く
のではないでしょうか。

高所恐怖症が親に刷り込まれたものだとしても、親の贖罪
によって解放されるものではありません。
多少収まる気持ちがあるかも知れませんが。

自分の弱さが誰かの弱さを支配し、その可能性を制限したり
傷つけてしまう。
表面の問題の力による無理な直接解決や自分責めに耽るより
それがどんな恐怖(嫌悪)症か自覚することが大切です。

それらは人によって劣等感、被害(責)感、罪悪感(加害恐怖)
恥や失敗恐怖(完璧主義)、自己無価値感、見捨てられ不安
などとして埋め込まれています。

それがわく瞬間には、他者(親や世間)の感じ方が、自分に
乗り移ったり、自分が乗っ取られてしまう感覚がします。
まるで暗示や催眠術でコントロールされているような。

高所恐怖症者の高所への脳内瞬間ワープ

それを怒りや別の感情で蓋をするあまりにそのエネルギーが
蓄積されてまるで地雷のようになっていることも。

無垢な子どもに踏ませる前に、簡単に処理はできないまでも
そのありかを知ることで、なるべく踏ませないようにしたり
不発処理のできる可能性もあるはず。

気楽に生きている人でさえ、たまには他者の地雷を踏んだり
逆鱗にふれることはあります。
ところが同じ地雷を踏んだとしても無傷やかすり傷どころか
放屁くらいにしか感じない人も。

毒親育ちは地雷原に育った子ども。

満身創痍でわずかな刺激でも致命傷になることがあるのです。
そして自らも防御壁としての過敏な地雷原となり得る。

私って毒親なのかも知れない?

もしもそう思ったのならば、子どもや現実の問題に先立って
勇気を持ってご自分の痛みに目を向けてみてください。

ちなみにその痛みこそが、別の物事への依存や強迫といった
異なる種類の問題にもつながるのではないかと感じます。
支配≒独立や自由を阻む≒恐れや不安で制御するプログラム
なのだとも。

*親による負の影響について示されたバイブル的な著書、スーザン・フォワード著
「毒になる親ー一生苦しむ子供」
をもとに発展、広がった言葉。
昨今ではその構造の実態よりも、印象的な語感から個々人の感覚的によって広義に
使われているように思います。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2017-12-15 17:43 | 子育て・教育 | Comments(0)
蔓延する「しつけのつもり」
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


横綱の暴力事件の引責による引退のニュースを見ました。

その決断の是否については想う材料を持っていませんが
悪いのは「行き過ぎたこと」と「怪我をさせたこと」で
動機や行為自体について「礼儀礼節がなってないから」
「先輩としての義務として叱った」と正当化される発言
には失望しました。

それはいつもながらの「しつけのためにやった」理論
それがどこか容認される文化背景に対してです。

「ついカッとして」「怒りをコントロールできずに」と
正直に語ることの方が、どれほど人々の潜在的な痛みの
共感を得て問題提起となることか、ひいては社会貢献
できることかと残念でなりません。

上下の立場関係で力による支配が肯定されてしまう。

人種や民族差別と同様に、立場や役割差別が伝統として
根づいていることに気づかなくてはならないと思います。

いつもながら確信するのは、力で屈服させられることで
動機づけ、刷り込まれたあり方
に背くことは、自分であれ
他人であれ、条件反応的な許せなさ、怒りの感情(時に
爆発発作)を起こす心の地雷となるということです。

それは埋め込まれた苦痛と怒りと屈辱だから。

この地雷の爆発案件は、立場という優位性を得ることで
権威のある側の正当化とともになりたってきました。
(組織や集団の中にあっては「誰の領域の問題か?」を
複雑にしたりウヤムヤにしてしまう背景も)

それが文字通り踏めば、自分も他人も、大きな傷を負う
地雷を撤去するのではなく、あらたなる地雷を埋め込む
ことを繰り返す原因になってきたのです。

礼儀礼節はその美徳に好感を持つことで、自発に他者を
敬い礼を尽くすことであって、他者に力で圧しつけられた
それには醜悪を感じることすら禁じ得ません。

奇しくも同じ日のニュースとなった少女らの女子高生への
暴行事件の動機が、「礼儀を知らないのでやった」という
符合が皮肉にも感じられます。

関連するこちらの過去記事もぜひ。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2017-11-30 12:54 | ココロと社会 | Comments(0)
軸(じく)の話
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


「他人軸」や「自分軸」
心についての話の中で、この頃よく使われるキーワードです。

「他人軸」でいる人は
・他人との比較を自分がどうあるかの基準にする
・他人の評価(どう思われるか、どう見られるかなど)を
 気にする、気になる
・NOと言えない

意識の上では、もちろん自分の本心との対話を心がけていますし
自分に正直に率直な選択ができていると思っていました。

「自分軸」を大切にしようと。

自分自身も理解しているつもりで、この言葉を使っていましたが
本当の意味で「気づく」というのは、ベツモノだと痛感しました。

なぜなら

自分の心の中の他人軸(他人から視線)に気づき始めたらなんと
今なおそれがデフォルトなのだと思い知ったからです。

新しいアクティビティを決める時など、なにかにつけて
その時々それぞれ別の人々(私の場合)をイメージの中に浮かべ

その人の反応を想像し
その人に説明する言葉を探す

まるでその人がそこにいるような予行演習を、頭の中で自動的に
イメージ
していたのです。

ええ

誰かのプレゼントを選ぶ際にそれを開けた瞬間のその人の反応と
自分が話すやり取りを想像するように…

逐次そのようにして、成り行きやそれにより起こる感情を基準に
自分にGOやダメを出していたのです。
また事後にも頭の中で再生して、チェックすることもしばしば。

なによりもショックなのは、物心ついた頃から当たり前というか
当然のチェック作業として不思議だとも思っていなかった!

私の場合、多くの場合に登場する人物は重要だった他者。
親はもちろん、長い付き合いの友人や憧れている知人。
(これが全ての不特定他者の場合は対人緊張と言えるかも)

しかも、悪いシチュエーションばかりではないのです。

そして粉飾やウソはないにしても、つい見栄えよく、聞こえよく
体裁よく、演出しようとしている
ことに気がついてしまった。
そのせいか、なんとなく言いたくないことがあるということも。
些細な意思決定にさえ、気づくと誰か向けの説明を準備している。

今さらながら…他者前提に添って自分を作っていたのですよね。

141.png141.png141.png

自分の中で気がつかずに、自分の心を縛り負担になっている

「他人軸」コエー!!!!

無人島にいるかのようなありのままの自分でいるのは無理としても
自動的に他者の想像上の反応を基準にしてしまわないように。
他人(ひと)見せ用のみの自分になってしまわないように。

…そんなことを思ったのでした。自覚って大切。
※あくまで個人の感想です(笑)

余談ですが、日本のテレビや雑誌などで「みんなはどう思う?」
「みんなはどうしてる?」という切り口を、やたら目にすると
「みんなって誰なのよ?」とツッコミたくなります^_^;
誰の視点か、誰の考え方・感覚・感情なのかをはっきりと区別
することは大切だと感じます。

それぞれの存在を尊重するために。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^

[PR]

# by dryangle | 2017-11-09 16:03 | ココロのカラクリ | Comments(0)
「恥」という自己攻撃プログラム
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


アナタはどんな時に「恥ずかしい」と感じますか?

それはとても不快な気持ちですよね。
恥が本来は美徳であったということを考えてみると
それは社会の正義や自分の信念に背いた時に起こる
気持ちだったのではないか?と想像します。

西洋の「罪」に似た感覚でしょうか。

恥という文字の意味は、もともと「自らのあり方の
足らないことを省みる心」、「大いなるものに対し
己の卑小さを知ること」だそうです。

己の徳を積むための視点であったようにも思います。

それが、いつのまにやら「辱め(られ)る」という
攻撃的な言葉への連想によって劣等感を刺激される
からか、自分を守るために
他者や社会への価値観に
沿わない自分を見張り、背くと責める心理的な構造
になっていったのかも知れません。

さらには自らの感覚を(我が子など)相手に刷り込む
ために利用されるようになったから…

「○○だったら、恥ずかしいでしょ?」

こんな言葉による洗脳を受けて、他人(軸)の感覚
を優先
してきた方も多いのではないでしょうか?

自分の側を矯正(強制)するために、自分を否定し
卑下し、嫌悪するという、自己の体面を守るために
内面では自分自身が自分を攻撃するという苦しみ
のプログラム


この時代には異文化に触れることで、目からそんな
ウロコが落ちる経験をすることも多いかと思います。

ウロコを落とすキッカケにできる人、自分の感覚が
抵抗して
相手の文化を否定・非難・侮辱するという人。
反対に劣等感を抱くことで過剰適応しようとする人。
さまざまなパターンを目にしてきました。

この話題を思いついたキッカケはたまたま目にした

おそばをすする音は恥ずかしいのか?

というニュースからですが、音や匂いの感覚の違い
が恥どころか、もはやハラスメントとして取り上げ
られている風潮に首をかしげてしまいました。

これは善悪の問題ではなく、感覚の問題なのですが
どちらかを是として相手を改めようとする独善的な
パワー
やムーブメントのほうがハラスメントでは?
と感じるのは私だけでしょうか?

それを苦痛だと感じる人への気配りという思いやる
気持ちから、互いを配慮することこそ美徳といえる
ように思います。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

# by dryangle | 2017-10-27 14:20 | ココロと社会 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り