金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ごあいさつ
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
ともに探してみましょう。


こちらのブログでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を私的な想いとともに発信しています。
↓さらにくわしく
dryangleとblog金魚迷惑について


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
メインサイト閉鎖のお知らせ
at 2019-02-06 12:18
嫉妬の構造(心の飢餓と神経症..
at 2018-12-26 13:27
代々々…理戦場
at 2018-10-02 00:28
頭という縄使い ー自縄自縛
at 2018-09-04 07:23
皆さまへ
at 2018-08-20 23:20
最新のコメント
外部リンク
<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「自分だったら?」の落とし穴
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


子どもの頃、親や先生など大人から

「自分だったら?」と(相手の立場になって)考えなさい。

と聞かされた方は多いと思います。

またご自分もまたお子さんにそう言われているのでは
ないでしょうか?

ところが、この「自分だったら」という言葉を
本来の思いやりのためのツールではなく、批判のツール
使う方が多いように感じています。

私(自分)だったらこうするのに!
私(自分)だったらこう感じるのに!
私(自分)だったら…

これは相手の立場になって考えているのではなく
まさしく自分の立場になって考えています^^;

気づいたら別の新しい視点に替えてみませんか?
そのためにまずツールとなる言葉を替えてみます。

相手の立場、あり方を

私(自分)がそうする(した)とすれば
どういう理由/気持ちからだろう?

私(自分)がそう感じる(感じた)とすれば
どういう理由/気持ちからだろう?

私(自分)がそうふるまう(ふるまった)としたら
どういう理由/気持ちからだろう?

…と自分に問いかけてみる。

それによって初めて思いやりを元とした理解と良い流れに
つながるアイデアを得ることができるように思います。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)


by dryangle | 2012-06-09 11:35 | 周囲の人との関係 | Comments(0)

Illustration by ふわふわ。り